ITmedia NEWS >
ニュース
» 2014年04月15日 19時54分 公開

パイオニア、クラブ向け最上位ヘッドフォン/イヤフォン新シリーズ「Superior Club Sound」を4機種発表

パイオニアは、「クラブミュージックを聴く喜び」を追求した新シリーズハイエンドヘッドフォン「Superior Club Sound」シリーズ計4機種を発表、4月下旬に発売する。

[ITmedia]

密閉型とカナル型を各2モデル投入

「Superior Club Sound」シリーズのロゴ

 パイオニアは、クラブミュージックを“聴く”ためのヘッドフォン/イヤフォンとして最上位モデルとなる「Superior Club Sound(スーペリア クラブ サウンド)」シリーズを新たに立ち上げ、4月下旬に発売する。価格はオープンだが、市場想定価格は密閉型ヘッドフォンの「SE-MX9」が3万3000円前後、「SE-MX7」が1万9000円前後、カナル型イヤフォンの「SE-CX9」が2万9000円、「SE-CX8」は1万9000円前後だ(いずれも税別)。

 Superior Club Soundシリーズは、ビートや低音の効いたクラブミュージックを手軽に持ち歩き、ファッション性を重視したユーザー向けのモデルで、同社がDJ用ヘッドフォンで培ってきた技術やノウハウを活用し、素材や細部のデザインにまでこだわって高品位で先進的な外観と心地よい装着感を実現したという。

密閉型ハイエンドヘッドフォン「SE-MX9」

 DJ用ヘッドフォン「HDJ-2000」をベースとした、新開発の口径50ミリのスピーカーユニットを搭載する。振動板は、低歪化で低域感度の向上および広帯域再生を実現し、磁気回路の磁束密度を高めたことで感度と音質を向上させ、迫力のあるビートを再生をするという。さらに、ハウジング部のチャンバー(空気室)を設けることで、外部の騒音に対する遮音性能を高め、屋外でも優れたリスニング環境を実現するとうたう。

「SE-MX9-S」Bright Silver(写真=左)、「SE-MX9-K」Indigo Black(写真=中央)、「SE-MX9-T」Bright Copper(写真=右)

 ハンガー部とハウジング部は、アルミ合金製、ヘッドバンド部は屈曲や復元力に優れ、スポーツ用メガネフレームなどにも採用されている高耐久性素材ポリアミド樹脂を採用し、シリコン製ヘッドバンドを装備する。クッションイヤーパッドには、レザータイプ素材と低反発ウレタンを採用する。

 コード部には、iPod/iPhone/iPadに対応したマイク付リモートコントローラーを備え、熱可塑性エラストマー素材の2色のD-shapeコード採用することにより、からみにくく音質を向上させたという。ケーブルは、左右のハウジングどちらにも付け替えることが可能だ。

 ラインアップは、3色のカラーバリエーション(Bright Silver、Indigo Black、Bright Copper)が用意される。重量は約305グラム(コード含まず)で、2メートルのロングカールコード(伸長時は約3メートル)と航空機用プラグアダプター、キャリングポーチが付属する。

密閉型ヘッドフォン「SE-MX7」

 ハウジング部のジョグダイヤルで低音を調整できる、新開発の「ADVANCED BASS LEVEL CONTROL」(アドバンスド・ベース・レベル・コントロール)を備える。低域再生用の口径40ミリスピーカーユニットと、CCAWボイスコイルを搭載した中高域再生用の口径40ミリスピーカーユニットを備えたデュアルスピーカーユニット構造を採用する。

 ヘッドバンド部とスライダー部は、高耐久性素材ポリアミド樹脂製、イヤーパッドは、レザータイプ素材を採用する。4色のカラーバリエーション(Matte White、Matte Black、Matte Blue、Matte Orange)が用意される。重量は約227グラム(コード含まず)で、キャリングポーチが付属する。

「SE-MX7-W」Matte White(写真=左)、「SE-MX7-K」Matte Black(写真=右)

「SE-MX7-L」Matte Blue(写真=左)、「SE-MX7-M」Matte Orange(写真=右)

カナル型イヤフォン「SE-CX9」と「SE-CX8」

「SE-CX8」は、3色のカラーバリエーション(Bright Silver、Indigo Black、Bright Copper)で展開する

 両モデルとも、低周波数振動を発生させる新開発の「BASS EXCITER」(振動素子)を搭載したハイブリッド構造を装備する。SE-CX9は、フルレンジスピーカーユニットにバランスド・アーマチュアスピーカーユニットを採用、それぞれの楽器の音やボーカルまで、広帯域に渡り、キレのあるクリアな音で微細なニュアンスを再現するという。

 SE-CX8には、強磁力希土類マグネットを使用した高性能ダイナミック型スピーカーユニットを採用。不要な内部振動を低減する独自開発のセラミックパウダーコーティング振動板と、軽量のCCAW(銅被覆アルミニウム線)ボイスコイルにより、豊かな低音とクリアな中高音を再生するという。ハウジング部は、SE-CX9がアルミ合金、SE-CX8はメタル調の仕上げとなる。

 カラーバリエーションは、SE-CX9がDeep Silverの1色、SE-CX8はBright Silver、Indigo Black、Bright Copperの3色がある。重量はSE-CX9が約13グラム、SE-CX8は約12.3グラムだ(いずれもコード含まず)。付属品は、S/M/Lのイヤフォンチップ(シリコン)が各2個、キャリングケースで、SE-CX9のみ航空機用プラグアダプターが加わる。

「SE-CX9」はDeep Silverの1色のみで展開(写真=左)、独自のロック機構付き着脱式コード構造を採用(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.