ニュース
» 2014年05月15日 15時16分 UPDATE

レコーダーならではの2画面機能? シャープからBDレコーダー新製品

シャープは、Blu-ray Discレコーダー“アクオスブルーレイ”の新製品6機種7モデルを6月に発売する。テレビにはできない2画面機能を搭載したという。

[ITmedia]

 シャープは5月15日、Blu-ray Discレコーダー“アクオスブルーレイ”の新製品6機種7モデルを発表した。トリプルチューナー機に新たに3TバイトHDDのラインを追加するなど大容量化を図りつつ、機能面でも業界初の「2画面見ながら操作」など目新しい点が多い。

ts_aquosbd01.jpgts_aquosbd02.jpg “アクオスブルーレイ”の新製品

型番 BD-T3600 BD-T2600 BD-W2600 BD-W1600 BD-W560 BD-S560
チューナー数 3 2 1
HDD容量 3Tバイト 2Tバイト 1Tバイト 500Gバイト
SHDD なし
Wi-Fi 内蔵 なし
本体色 ブラック ブラック、シルバー ブラック
価格 14万円前後 11万5000円前後 9万5000円 7万5000円前後 6万5000円前後 5万5000円前後
発売時期 ☆2☆6月24日 6月10日

「2画面見ながら操作」

 各モデル共通の新機能として、業界初の「2画面見ながら操作」が挙げられる。レコーダーでは珍しい2画面機能だが、同社では「テレビにはできないことができる」と話す。例えば、テレビ放送画面の横に番組表を表示して録画予約を行ったり、録画リストを表示したり――さらに録画番組の編集作業や削除も可能だ。左右の画面は自由に大きさを変更できる。

ts_sharp02.jpgts_aquosbd03.jpg 「2画面見ながら操作」の概要と表示例

ts_aquosbd07.jpg 付属のリモコン。左下に「2画面」ボタンがある

 「これまでのレコーダーでは、それまで表示していた画面を消し、次の画面を全画面表示するしかなかった。しかし、マルチタスク性を高めたことで、自由度の高い2画面表示が可能になった」(同社)。

 裏番組のチェックも新しい。メイン画面の右側に出てくる「裏番組一覧」で目的のチャンネルにカーソルを合わせると、上にある子画面には、その番組が動画で表示されるようになった。

 一方、検索機能は操作性を大幅に改善している。リモコンの検索ボタンを押すと、番組カテゴリーや人名、ジャンルといったアイコンが並び、個々の項目をドリルダウンしていくことで目的の番組にまでたどり着ける仕組みだ。例えば番組カテゴリーから「スポーツ・Jリーグ(チーム)」を選ぶと、Jリーグのチーム名がずらりと並ぶ。特定のチーム名を選択すれば、これから放送される試合中継や選手が出場する番組の一覧が表示される。人名や最新の番組情報はG-Guideが提供した。「もう煩雑な文字入力は必要ない。カーソル操作だけで目的の番組が見つかる」(同社)。

ts_aquosbd04.jpg 番組検索画面

ts_aquosbd05.jpg 番組カテゴリ例。カーソル操作だけで目的の番組まで辿り着ける。人名検索の場合は50音が画面に並ぶ

 録画リストには、毎回録画しているタイトルごとに対象番組をグループ分けする「新・グループリスト」を追加した。タイトルだけではなく、「プロ野球」といったカテゴリー別、人名別のリストアップも可能だ。

 「見どころ早見再生」は、録画番組を約1.5倍速再生しながら、画面下部に1分または5分間隔の画面を並べることで、目的のシーンを素早くチェックできる機能だ。シーンを飛ばしても1.5倍速再生が維持されるため、視聴時間を短縮できる。

 新たにDTCP+準拠のリモート視聴にも対応した。リモート視聴は、スマートフォンやタブレットを使い、外出先から録画番組などが視聴できるようにする機能だ。対応アプリはiOS/Androidの両方に提供する予定(有料、価格は未定)。レコーダー側は8月末をめどに新しいファームウェアを提供するという。

 さらにトリプルチューナー搭載の2機種に限り、スロットイン式のカセットハードディスク「SHDD」をサポート。また全録機能の「3チャンネル自動録画」を新たに搭載。地デジ、BS、CSの放送局から3つまで指定すると、1日最大18時間まで常時録画を行う。録画した番組は、上記の「新・グループリスト」でチャンネル別に表示される。

業界初のリモートサポート機能

 もう1つの大きな特徴が、レコーダーとしては初のリモートサポート機能「あんしんリモートサポート」だ。これは、インターネット経由でレコーダーを遠隔操作するサポートサービス。起動するとレコーダーの画面に認証コードが表示されるため、オペレーターに電話で認証コードを伝える。するとオペレーターのPC画面にレコーダー画面とリモコンが表示され、ユーザーと同じ画面を見ながら確認や説明が行える。オペレーターがユーザー宅のレコーダーを操作することも可能だ。

ts_sharp01.jpg リモートサポート機能

 同社では、「BDレコーダーは、サポートセンターの問い合わせ比率が11%と各製品カテゴリーの中でもトップ。内訳は、“使い方相談”が49%、『使えなくなった』などの“お困りコール”が33%。これを改善したい」と話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.