ニュース
» 2014年05月29日 19時53分 UPDATE

ヤマハ、軽量化した密閉型ヘッドフォン「HPH-PRO400」

ヤマハは、密閉型ヘッドフォンの新製品「HPH-PRO400」を発表した。あわせて既存モデル「HPH-PRO300」に新色レッドを追加。

[ITmedia]

 ヤマハは5月29日、密閉型ヘッドフォンの新製品「HPH-PRO400」を発表した。あわせて既存モデル「HPH-PRO300」に新色レッドを追加。いずれも6月中旬からカメラ量販店やヘッドフォン専門店などで販売する。

ts_yamaha400pro01.jpg 「HPH-PRO400」は「エボニーブラック」と「アイボリーホワイト」の2色展開。一体感のあるスタイリングが特徴で、光沢のあるハウジング部にはキズが付きにくいUV塗装を施している

 「HPH-PRO400」は、現行の「HPH-PRO500」と共通のデザインとドライバー、スペックを与えられた兄弟機だ。異なるのは、PRO500がハウジング部にアルミ合金を採用していたのに対し、PRO400では樹脂製として軽量化を図っていること。重量は本体のみで289グラムになった(PRO500は369グラム)。

 ハウジングの素材が変わったことにより、音の傾向も若干変化したという。「脚色はせず、フラットな音というコンセプトは変わらないが、新製品のほうが少しまろやか。PRO500とはキャラクターが異なる」(同社)。このほか着脱式のケーブルも継承しているが、PRO500では左右どちらのハウジングにも接続できたのに対し、今回は左側のみにジャックを設けている。

ts_yamaha400pro02.jpgts_yamaha400pro03.jpg ケーブルを接続するジャックは片側になった(左)。iOSデバイス対応のリモコン付きケーブルが付属する(右)

ts_yamaha400pro04.jpgts_yamaha400pro05.jpg イヤーパッドは耳を覆うアラウンドイヤータイプ。ドライバーはネオジウムマグネット採用の50ミリ径だ

 カラーバリエーションは、「エボニーブラック」と「アイボリーホワイト」の2色を用意する。価格はオープンプライスで、店頭では3万1000円前後(税別)になる見込みだ。なお、同日発売の「HPH-PRO300」(レッド)は2万4000円前後(税別)になる。

製品名 HPH-PRO500(参考) HPH-PRO 400 HPH-PRO300
形式 密閉ダイナミック型
イヤーパッド アラウンドイヤー オンイヤー
ドライバー 50ミリ径 40ミリ径
再生周波数帯域 20〜2万Hz
インピーダンス 23オーム 53オーム
最大入力 1000mW 300mW
感度 105dB(1kHz) 107dB(1kHz)
重量 369グラム 289グラム 200グラム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう