ニュース
» 2014年06月05日 15時02分 UPDATE

8万円からのコンポ:JVC、ウッドコーンスピーカーと新デジタルアンプ搭載のコンポ3機種――「EX‐HR9/HR7/HR5」

JVCケンウッドは6月5日、ウッドコーンスピーカーおよび新デジタルアンプ「DEUS」とデジタル高音質化技術「K2テクノロジー」を搭載したJVCブランドのコンポ3機種「EX‐HR9/HR7/HR5」を発表した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 JVCケンウッドは6月5日、ウッドコーンスピーカーと新デジタルアンプ「DEUS」、デジタル高音質化技術「K2テクノロジー」を備えたJVCブランドのコンポ3機種「EX‐HR9」「EX-HR7」「EX-HR5」を6月中旬より順次発売すると発表した(EX-HR7のみ8月上旬発売予定)。

hm_jvc01.jpghm_jvc02.jpghm_jvc03.jpg JVCブランドのコンポ3機種。左から「EX‐HR9」「EX-HR7」「EX-HR5」

 3機種ともアンプ部は共通で、最大出力は50ワット+50ワットの新デジタルアンプ「DEUS」を採用し、デジタルとアナログのフィードバックを組み合わせたハイブリッドフィードバックにより、電源変動による影響を抑制。さらにS/N比やひずみ率、高域の再生特性を大きく改善するという。また、同社独自のデジタル高音質化技術「K2テクノロジー」を進化させ、音楽コンテンツのフォーマットに応じて、自動的に最適な“ビット拡張”“帯域拡張”“波形補正”の処理を可能にしたとうたう。

 アンプ部の音声入力端子は、アナログ×2、デジタル×2(光1、同軸1)、アナログ音声出力×1、サブウーハー出力×1、3.5ミリステレオミニヘッドフォン出力×1、USB端子×1。USB部分の再生可能フォーマットは、MP3/WMA/AAC。FMステレオ/AMチューナー、スリープタイマーが付く。

 消費電力は3機種共通で、45ワット(動作時)、スタンバイ時0.5ワット以下。付属品はリモコン、単四形乾電池×2(リモコン動作確認用)、 FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、スピーカーコード。

hm_jvc04.jpg 新デジタルアンプ「DEUS」の概念図

トップモデル「EX‐HR9」

 価格はオープン。市場想定価格は11万円前後(税別)。

 スピーカー部は1ウェイバスレフ 、9センチ異方性振動板フルレンジウッドコーンスピーカーを採用。音の伝播速度を向上させるため、チェリー材の薄板シートをウッドコーンに使い、より広い空間表現と解像度の高いサウンドを実現するという。キャビネットはチェリー無垢(むく)材、スピーカーユニット構造には大型マグネット&ウッドブロックを用いて、低音エネルギーを増強、重心の低い低域再生を実現するという。

 さらに、アンプ部ボトムシャーシに9ミリ厚の木製アークベースを固定で使用し、アンプ部両サイドにはウッドを採用した。共振を抑制し、量感あふれるサウンドを実現するとうたう。

hm_jvc05.jpghm_jvc06.jpg 「EX‐HR9」のアンプ部の底面(写真=左)、「EX‐HR5」のアンプ部の底面(写真=右)。EX-HR9のみ9ミリ厚の木製アークベースを固定で使用しているのが分かる

hm_jvc07.jpghm_jvc08.jpg 「EX‐HR9」の異方性振動板フルレンジウッドコーンスピーカー、チェリー材の薄板シートが見える(写真=左)。「EX‐HR9」のスピーカーキャビネット(写真=右)

 センター部サイズは280(幅)×115(高さ)×289(奥行き)ミリ、重量は約4.2キロ。スピーカー部(1本)のサイズは120(幅)×161(高さ)×264(奥行き)ミリ、重量は約2.2キロ。

2ウェイスピーカーモデル「EX‐HR7」

 価格はオープン。市場想定価格は10万円前後(税別)。

 11センチウーハー&2センチツィーター搭載の2ウェイスピーカーで、ウーハー部にはチェリー材の薄板シートを装着した「異方性振動板」を採用。また、センターキャップ内での音の濁りを抑制するため、ポールピース上部にメイプル木片を装着している。ツィーターユニットのエッジ素材にはシルク繊維を、ボイスコイルには高純度99.9999%のOFCボイスコイルワイヤーを採用。振動板内の音の濁りを軽減するため、ポールピース上部にスプルース木片を装着した。伸びやかに響くクリアな高域再生を実現したという。

 センター部サイズは255(幅)×115(高さ)×289(奥行き)ミリ、重量は約3.4キロ。スピーカー部(1本)サイズは149(幅)×262(高さ)×249(奥行き)ミリ、重量は約4.2キロ。

「EX‐HR5」

 価格はオープン。市場想定価格は8万円前後(税別)。

 8.5センチウッドコーンを採用した。サイズを超えた広い音場を再現するために、スピーカーキャビネットには響きの良い無垢(むく)材やキャビネット内部にはチェリー材の響棒を配置することで、キャビネットの剛性を高めながら響きをコントロールし、豊かな音場空間を創り出すという。

 センター部サイズは255(幅)×115(高さ)×289(奥行き)ミリ、重量は約3.2キロ。スピーカー部(1本)サイズは120(幅)×161(高さ)×246(奥行き)ミリ、重量は約1.8キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.