ニュース
» 2014年06月13日 12時07分 UPDATE

DSDネットワーク再生に対応:デノン、Wi-Fi、Bluetooth、4k/60pに対応した7.2chAVレシーバー2機種を発表――「AVR-X2100W」「AVR-X1100W」

ディーアンドエムホールディングスは6月13日、デノンブランドの7.2chAVレシーバー「AVR-X2100W」、「AVR-X1100W」を7月中旬より発売すると発表した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 ディーアンドエムホールディングスは6月13日、7.2chAVサラウンドレシーバーの新製品、デノン「AVR-X2100W」「AVR-X1100W」を7月中旬より発売する。価格はAVR-X2100Wが8万1000円(税別)、AVR-X1100Wが5万7500円(税別)。

hm_de01.jpghm_de02.jpg デノン「AVR-X2100W」の前面(写真=左)、背面(写真=右)

hm_de03.jpghm_de04.jpg デノン「AVR-X1100W」の前面(写真=左)、背面(写真=右)

 7chディスクリート構成のパワーアンプを搭載。電源部のブロックコンデンサーにはデノンカスタム品を採用し、AVR-X2100Wはパワーアンプの初段に高性能なデュアル・トランジスターを採用するなど、音質設計をさらにブラッシュアップし、よりエネルギッシュな再生を実現しコンテンツ制作者の意図をありのままに再現するという。

 ネットワークとUSBメモリー入力で、新たにDSDとAIFFのファイル再生に対応。スタジオマスターに限りなく近く、高解像度なハイレゾ音源をよりスマートに楽しめるとうたう。また、4k/60pの入出力に対応、4k Ultra HD、60p映像入力信号に対応したテレビと接続することで4K映像を楽しめ、さらに4k/60p、4:4:4、24bitの映像処理に対応する。

hm_de05.jpg デノン「AVR-X2100W」「AVR-X1100W」のネットワーク/USBメモリー対応フォーマット。AIFF、WAV、FLACは最大192kHz/24 bit、Apple Losslessは最大96kHz/24 bitまでのファイル再生に対応

 加えてWi-Fi(IEEE 802.11b/g)とBluetooth 2.1+EDR機能を内蔵しスマホなどの対応デバイスと手軽に接続できることも見逃せない。

スペック

モデル 「AVR-X2100W」 「AVR-X1100W」
定格出力 95ワット×7ch(8オーム) 80ワット×7ch(8オーム)
実用最大出力 185ワット(6オーム) 175ワット(6オーム)
消費電力 500ワット(通常スタンバイ時0.1ワット) 430ワット(通常スタンバイ時0.1ワット)
周波数特性 10〜10万Hz
無線LAN IEEE 802.11b/g
Bluetooth Bluetooth 2.1+EDR
対応プロファイル A2DP 1.2、AVRCP 1.4
対応コーデック SBC、AAC
HDMI端子 入力×8(フロント×1)、出力×2 入力×6(フロント×1)、出力×1
アナログ映像入力端子 ビデオ×2、コンポーネント×1 ビデオ×2
音声入出力端子 アナログ音声入力×4、光デジタル入力×2、SWプリアウト×2、ヘッドフォン出力× 1 アナログ音声入力×2、光デジタル入力×2、SW プリアウト×2、ヘッドフォン出力× 1
その他の入出力端子 Network(Ethernet)×1、USB端子× 1、FM/AMチューナーアンテナ端子×各1、セットアップマイク入力×1
本体サイズ 434(幅)×167(高さ)×339(奥行き)ミリ 434(幅)×151(高さ)×339(奥行き)ミリ
本体重量 9.7キロ 8.6キロ
付属品 かんたんスタートガイド、CD-ROM(取扱説明書)、リモコン、単四形乾電池×2、セットアップマイク、FM 室内アンテナ、AMループアンテナ、マイクスタンド、ケーブルラベル

関連キーワード

デノン | Bluetooth | ネットワーク | 出力端子 | DSD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.