ニュース
» 2014年06月19日 12時45分 UPDATE

液晶ディスプレイといえば四角という時代は終わった:シャープ、自由な形の画面を作れる「フリーフォームディスプレイ」を開発

現在、世の中にある液晶ディスプレイの形は四角形だ。丸いものや楕円形、三角形といったものができれば面白いのにと思った方はいないだろうか。シャープが新開発したディスプレイを使えば、そういう思いも現実のものになるかもしれない。

[ITmedia]

 シャープは新開発の液晶ディスプレイ「フリーフォームディスプレイ」を発表した。従来、四角形ばかりだった液晶ディスプレイだが、フリーフォームディスプレイは円形、楕円形など、自由な形に成形できる。

hs_Sharp_Free_Form_Display_1.jpghs_Sharp_Free_Form_Display_2.jpg フリーフォームディスプレイの応用例。左側はスピードメーターをイメージしたもの。右側は車載機器のコントロールパネルをイメージしたもの

 従来のディスプレイは、表示領域の外周に「ゲートドライバ」と呼ぶ回路を配置する必要があり、この回路を配置するスペースとして一定幅のふちが必要だった。このため、液晶ディスプレイの形状は四角形が一般的だった。

 フリーフォームディスプレイは、液晶の表示領域内にゲートドライバを分散配置し、ふちを極めて細くすることを可能にした。ゲートドライバをふちに配置する必要がなくなったため、表示内容に合わせた自由な形状のディスプレイを作ることが可能になった。

 シャープは自動車のスピードメーターと空調制御などのほかのモニターを1つのディスプレイに集約する用途や、円形ディスプレイを搭載したウェアラブル機器などへの応用を提案している。今後シャープは、フリーフォームディスプレイの早期量産化を目指すという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.