ニュース
» 2014年08月15日 15時24分 UPDATE

デノン、Dolby Atmos対応の7.2ch AVアンプ「AVR-X4100W」

ディーアンドエムホールディングスは、同社初となるDolby Atmos対応のAVアンプ「AVR-X4100W」を発表した。

[ITmedia]

 ディーアンドエムホールディングスは8月15日、同社としては初となるDolby Atmos対応のAVアンプ「AVR-X4100W」を発表した。9月中旬に発売する。価格は15万円(税別)。

ts_dolbydenon01.jpg 「AVR-X4100W」

 7つのディスクリート式パワーアンプを搭載した7.2ch対応モデル。自動音場補正機能「AudysseyMultEQ XT32」および2台のサブウーファーを個別に補正する「Sub EQ HT」に対応する。また電源部のブロックコンデンサーには独自のカスタム品を採用し、パワーアンプの初段に高性能なデュアル・トランジスターを採用するなど、音質設計をさらにブラッシュアップしたという。

ts_dolbydenon03.jpg DSPの「SHARC」を4基を搭載

 DSPの「SHARC」を4基を搭載することでDolby Atmosのデコードをサポート。らにハイレゾ再生機能では、ネットワークとUSBメモリー入力で、新たにDSDとAIFFのファイル再生に対応した。

ts_dolbydenon051.jpg HDMI入出力は、8入力/3出力

 このほか、Wi-FiやBluetoothも内蔵。ハイビット化によるアナログ波形再現技術「AL 24 Processing Plus」、ジッターを極小化する「Denon Link HD」もサポートしている。HDMI入出力は、8入力/3出力。4K/60pのパススルーやアップスケーリングをサポートしている。

ts_dolbydenon02.jpg Dolby Atmosを含むスピーカー配置

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.