ニュース
» 2014年09月05日 19時45分 UPDATE

お手ごろ価格でBluetooth対応:ソニー、NFC/Bluetooth対応の小型コンポ「CMT-SBT40」を発売

普段はCDやラジオを聴くが、スマートフォンに入っている楽曲も再生したい。機器の値段もなるべく抑えたい。そういう要望に応える製品が登場する。

[ITmedia]

 ソニーは2014年9月5日、CDプレイヤー内蔵小型コンポの新製品「CMT-SBT40」を発表した。10月18日に発売の予定。価格はオープンで、実売予想価格は2万円前後(税別)。本体色はホワイトとシルバーの2種類。

hs_Sony_CMT_SBT40_1.jpg ソニーの「CMT-SBT40」。本体とスピーカー2つに分離できるタイプだ。これは本体色がホワイトのタイプ

 本体と2つのスピーカーに分離できる。スピーカーは横置きもできる。横置きにすると、本体とスピーカーの高さが揃って、天面がフラットになる。

hs_Sony_CMT_SBT40_2.jpg 「CMT-SBT40」を横置きにしたところ。これは本体色がシルバーのタイプ

 最大の特徴は、実売2万円前後という低価格で、CD、ラジオ再生機能に加えて、Bluetoothの無線通信機能を搭載したことだ。対応するスマートフォンや携帯型音楽プレイヤーに入っている楽曲データを受信して鳴らすことができる。Bluetoothのバージョン番号は4.0で、A2DPプロファイルとAVRCPプロファイルを利用できる。コーデックはSBCのみに対応する。

 Bluetoothに加えて、NFCにも対応している。対応スマートフォンを本体に触れさせるだけでBluetoothのペアリングが完了する。

 最大出力は50ワット(25ワット+25ワット)。スピーカーには57ミリ径のコーン型トゥイーターと、95ミリ径のウーファーを搭載する。

 内蔵するCDプレイヤーは、通常のCD-DAに加えて、MP3を収録したディスクも再生できる。CDプレイヤーから楽曲をUSBメモリに保存することも可能だ。本体のUSB端子にUSBメモリを挿し、CDをトレイにセットすればCDの楽曲をUSBメモリに保存できる。保存フォーマットはMP3(128kbps)だ。

 CDプレイヤーやアンプを内蔵する本体の外形寸法は170(幅)×222(奥行き)×132.5(高さ)ミリで、重量は1.4キロ。スピーカーの外形寸法は132.5(幅)×207(奥行き)×214(高さ)ミリで、1つ当たりの重量は1.7キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.