ニュース
» 2014年09月22日 17時17分 UPDATE

声が聞き取りやすい「ゆっくり/はっきり再生」搭載の新型ディーガ「DMR-BRS500」

パナソニックがBDレコーダーの新製品を発表。大きなボタンの「新かんたんリモコン」や、テレビ音声を聞き取りやすくする「ゆっくり/はっきり再生」など、お年寄りにも使いやすい機能を備えた。

[ITmedia]

 パナソニックは9月22日、Blu-ray Discレコーダーのシングルチューナーモデル「DMR-BRS500」を発表した。大きなボタンの「新かんたんリモコン」や、テレビ音声を聞き取りやすくする「ゆっくり/はっきり再生」など、お年寄りにも使いやすい機能を備えた。10月20日に発売予定で、価格はオープン。店頭では5万円前後になる見込みだ。

ts_02diga01.jpg 「DMR-BRS500」

 「新かんたんリモコン」は、使用頻度の高い「番組表」「録画一覧」を大きな「録る」「見る」ボタンで操作できるシンプルなリモコン。「番組表」や「録画一覧」は文字サイズを大きくし、番組タイトルを全て表示するなど、見やすいシンプルな画面とし、簡単に操作できるという。

ts_02diga03.jpgts_02diga02.jpg 大きな文字で見やすいユーザーインタフェース

 新たに「はっきり再生」機能を搭載。年齢とともに聞き取りづらくなる高周波域を強調して再生することで、女性の声などの高音もはっきりと聞き取れるようにした。従来の「ゆっくり再生」と組み合わせた「ゆっくり/はっきり再生」では、録画番組のほか、放送中の番組、BD/DVDを0.8倍速で再生できる。語学学習にも有効だという。

 このほかリモートアクセス機能の「外からどこでもスマホで視聴」や色と輝度それぞれの輪郭とテクスチャを補正する「W超解像」、SeeQVault規格のUSB外付けHDD(別売)をサポートするなど、多くの新機能を備えた。

 本体サイズは430(幅)×41.5(高さ)×179(奥行き、突起部含まず)ミリ。重量は約1.8キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.