ニュース
» 2014年10月18日 19時00分 UPDATE

オーディオ&ホームシアター展:ハイレゾプレーヤー付きのポータブルアンプ「HA-P90SD」、ティアックが参考展示

ティアックは、「オーディオ&ホームシアター展2014」の会場でDSD対応のハイレゾ・ポータブルプレイヤー「HA-P90SD」などを参考展示している。コンパクトなReferenceシリーズのエントリーモデルも登場。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ティアックは、「オーディオ&ホームシアター展2014」の会場でDSD対応のハイレゾ・ポータブルプレイヤー「HA-P90SD」を参考展示している。先に登場したUSB-DAC搭載ヘッドフォンアンプ「HA-P50」がベースとになっているため、「プレイヤー付きのヘッドフォンアンプ」と言ったほうが適切かもしれない。

ts_teac01.jpg 「HA-P90SD」。デザインテイストは「HA-P50」そのままだ

 細かい仕様は未公開だが、少なくとも5.6MHzまでのDSDを含むハイレゾ音源再生が可能。メモリは内蔵せず、側面にmicroSDカードスロットを備えている。またHA-P50の名残か、底面にUSB入力端子を装備。スマートフォンのデジタル接続が可能だという。上面には小さな有機ELディスプレイを備え、各種設定や再生楽曲を表示できる。そのほか、発売時期や価格は未定だ。

ts_teac02.jpgts_teac03.jpg

ts_teac04.jpgts_teac05.jpg 操作には右側面のジョグダイヤルを使うようだ

ts_teac06.jpg サイズや重量も分からないので、とりあえず「HA-P50」と並べてみる。ひとまわり大きい

Referenceシリーズのエントリーモデルは“次世代のマイクロコンポ”

 その横に展示されていた「HR-S101」は、同社「Referenceシリーズ」のエントリーに位置づけられるコンパクトなオーディオシステムだ。これまでのReferenceシリーズと異なるのは、2Wayブックシェルフ型のステレオスピーカーがセット販売されること。よりハードルの低いハイレゾシステムを「次世代のマイクロコンポ」(同社)として訴求する構えだ。

ts_teac07.jpg 「HR-S101」

 アルミ製のキャビネットを採用したメインユニットは、182(幅)×53(高さ)×191(奥行き)ミリと非常にコンパクト。縦置きも可能で、立てるとスピーカーと高さが共通となり、省スペース。光デジタルの外部入力も備えているため、PCの横に置いて手軽なPCオーディオシステムとして利用できるだろう。

ts_teac08.jpgts_teac09.jpg 縦置きにするとスピーカーと同じ高さに(左)。入力はUSB B端子のほか、2系統の光デジタル、3.5ミリステレオミニのアナログ(右)

 DACはバーブラウンの「PCM1796」。PCとUSB接続して最大192kHz/24bitのハイレゾ音源を再生できる。アシンクロナスモードやアップコンバージョンもサポートするなど、技術トレンドをカバーした。内蔵アンプの出力は26ワット+26ワット。

 また、Bluetoothを内蔵しており、スマートフォンなどからのワイヤレス再生も可能だ。コーデックは通常のSBCに加えてAACやapt-Xをサポートする。

 「HR-S101」は11月に発売予定で、価格は4〜5万円程度を想定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.