ニュース
» 2015年01月15日 13時00分 UPDATE

DSD 5.6MHz、PCM 192kHz/24bit対応:マランツ、Wi-Fi/Bluetooth/FM・AMチューナー搭載のハイレゾ音源対応ネットワークプレーヤー「NA6005」

マランツは、DSD 5.6MHz、PCM 192kHz/24bit対応したネットワークプレーヤー「NA6005」を2月上旬に発売する。Wi-Fi、Bluetooth、FM・AMチューナー搭載し、価格は6万8000円(税別)。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 マランツは2015年1月15日、DSD&ハイレゾ音源対応ネットワークオーディオプレーヤー「NA6005」を発表した。価格は6万8000円(税別)で、2月上旬に発売する。色はシルバーゴールドのみ。

hm_ma01.jpg ネットワークプレーヤー「NA6005」

 NA6005は同ブランドのエントリーモデルながら、上位機「NA-8005」と同じDACチップ(シーラスロジック製「CS4398」)を搭載し、ネットワーク機能を強化。新たにWi-Fi、Bluetoothに対応したモデルだ。

 ネットワークオーディオ再生では、DSDの5.6MHz/2.8MHzと最大192kHz/24bitのPCM音源(FLAC、WAV、AIFF)、そして96kHz/24bitまでのApple Losslessをサポート。AirPlayにも対応しているので、PCやMacのiTunesやiPod touch/iPhone/iPadで聴いている音楽を、ケーブル接続することなくストリーミングして楽しめる。

hm_ma02.jpg 最新コントロールアプリ「Marantz Hi-Fi Remote」。デザイン大幅リニューアルし、かつ業界最高水準の利便性を実現したという

 USB-DAC機能では、最大192kHz/24bitのPCM音源とDSD 5.6MHzまでのネイティブ再生が可能。またNA8005と同様に、独自の高速アンプモジュールHDAMとHDAM-SA2によって送り出しアンプを兼ねた電流帰還型フィルターアンプを構成するアナログ回路を搭載。左右チャンネルの等長、平行配置を徹底してレイアウトすることにより、チャンネルセパレーション、空間表現力を高めた。

 フロントパネルのUSB端子にはスマート充電コントロール機能があり、iPod/iPhoneを充電しながら再生できるため、バッテリー残量を気にする必要がない。またUSBメモリー内の音楽ファイル再生も可能。対応ファイル形式は、DSD(5.6MHz/2.8MHz)/FLAC/WAV/AIFF/ALAC/MP3/WMA/AAC。

 オーディオ特性は、再生周波数範囲が2〜9万6000Hz(PCM)/2〜10万Hz(DSD)、SN比は110デシベル。

 Wi-Fiは、IEEE 802.11b/g/n準拠。Bluetooth 2.1+EDR、A2DP 1.2、AVRCP 1.4のプロファイル、SBC、AACのコーデックに対応する。

hm_ma03.jpg 背面

 音声出力端子は、アナログ×1、光デジタル×1、ヘッドフォン×1。音声入力端子は、ネットワーク(RJ-45)×1、USB-A×1、光デジタル×1。その他の入出力端子は、Bluetooth/Wi-Fiアンテナ入力×2、FMアンテナ入力×1、AMアンテナ入力×1、マランツリモートバス(RC-5)入出力×1、フラッシャー入力×1。消費電力は35ワット(通常スタンバイ時0.4ワット、ネットワークスタンバイ時4ワット)。

 本体サイズは、440(幅)×364(奥行き)×160(高さ)ミリ(Wi-Fiアンテナを含む)、重量は約6キロ。付属品は、かんたんスタートガイド、取扱説明書、リモコン、単四形乾電池×2、音声ケーブル、リモート接続ケーブル、Bluetooth/無線LANアンテナ×2、FM室内アンテナ、AMループアンテナ、電源ケーブル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.