ニュース
» 2015年01月27日 19時45分 UPDATE

ロボットが接客する「変なホテル」、ハウステンボスに登場

メインスタッフがロボットという、先進技術を駆使したホテルが7月に開業する。

[ITmedia]

 ハウステンボスは、「変なホテル〜変わり続けることを約束するホテル〜」を7月に開業する。メインスタッフがロボットという、先進技術を駆使した世界初のホテルだ。

ts_hen01.jpg 受付にはヒューマノイド型ロボット

 ホテル内には、3台の受付ロボットをはじめ、2台のポーターロボット、清掃ロボットなどを導入し、フロントなどの業務を任せる。チェックイン/アウトはセルフサービスで、部屋の鍵は顔認識システムに置きかえる。また室内の設備は手元のタブレットで一括操作が可能。過剰なサービスやアメニティも排除する。

ts_hen02.jpg ポーターロボットやロッカーロボット、清掃ロボットなども導入

 「変なホテル」は、宿泊客の快適さと高い生産性の両立を目指した“ローコストホテル”の取り組みの一環。ハウステンボスでは、「先進技術を駆使するならば、もはや変わり続けることは自然のこと。変わり続けることを約束するホテル、というコンセプトを掲げた」としている。

ts_hen03.jpgts_hen04.jpg 客室のイメージ

 オープンは7月17日の予定。宿泊料金は下限価格を定めたオークション方式を採用しており、シングルの場合で下限が7000円(朝食付きで9000円)から。2月1日の午前10時から先行仮予約の受付を開始する。

ts_hen05.jpg ホテル外観

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.