ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「開業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「開業」に関する情報が集まったページです。

プロジェクト:
農業テーマパーク「ワタミオーガニックランド」、2021年陸前高田に開業
日本初というオーガニックテーマパーク「ワタミオーガニックランド」が陸前高田市にオープンする。ワタミと陸前高田市が連携する同施設は、面積約23haの敷地内に農場・牧場・レストランなどのほか宿泊施設や発電施設も設ける予定で、年間来場者数約35万人を見込む。(2019/11/15)

プロジェクト:
三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア開業、日本文化や歴史をデザインに反映
三井不動産は2020年度までに、ホテル事業の運営客室数を1万室に増やすことを目標に掲げている。オリンピック開催後、インバウンド需要がさらに活性化することを見込み、豊富な客室数を保有することで、需要を取り込み、持続的な事業拡大を図っていく考えだ。2019年11月22日には、三井ガーデンホテルのブランド“プレミアシリーズ”の新ホテルとして「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」をオープンする。(2019/11/15)

続々進む「無人」と「省人」 気になるお店の狙いを探る:
2週間で開業した「ロボットコンビニ」 無人店舗の“その先”をつくれるか
ロボットがいる無人コンビニ「ロボットマート」(東京・日本橋)。セルフレジや接客ロボットが設置されている店舗は、どのような空間なのだろうか。わずか2週間で開業にこぎ着けたという運営会社に、開業の狙いと展望を聞いた。(2019/11/13)

日比谷線開業以来56年ぶりの新駅 東京メトロ「虎ノ門ヒルズ駅」2020年6月に開業決定、オリンピック前に先行オープン
最終的な完成まではもうしばらくかかるそうです。(2019/11/11)

日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」、20年6月開業へ
東京メトロ日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」の開業日が2020年6月6日に決定した。(2019/11/11)

大阪・日本橋に“eスポーツ特化型ホテル”2020年4月開業へ 開業記念宿泊プランの販売開始
ホテル名は「e-ZONe 〜電脳空間〜」。(2019/11/4)

こ、これは、いい……相鉄さんGJ 11月30日開業「相鉄・JR直通線」の前面展望動画が楽しすぎる件
何度も見入っちゃうヤツですこれ! 車窓をプチ解説。(2019/10/30)

京都・新風館に映画館「アップリンク京都」開業 2020年春オープン
4スクリーンのミニシアタ−・コンプレックス。(2019/10/23)

「リニアの駅は甲府市内が最適」山梨・甲府市長が検証結果発表
令和9年の品川−名古屋間の開業を目指すリニア中央新幹線の山梨県の駅が甲府市内と決まっていることについて、同市の樋口雄一市長は21日、臨時の記者会見を開き、「検証した結果、やはり市内が最適だ」と述べた。(2019/10/21)

プロジェクト:
隈研吾氏監修の「エースホテル京都」内装デザイナーに、米Commune Design
2020年春に開業する「エースホテル京都」のホテル内装デザイナーがCommune Designに決定した。(2019/10/17)

いよいよ、時がきた:
迫る相鉄の都心直通、今後が見えてきた
相模鉄道が大きな存在感を見せるときがやってくる。11月30日、相鉄・JR直通線開業により、相鉄がJRと相互乗り入れを行うのだ。相鉄のJR乗り入れで何が変わって、今後どうなるのか。(2019/10/12)

プロジェクト:
渋谷二丁目エリア再開発事業、本格始動で渋谷駅東口エリアの活性化目指す
渋谷二丁目17地区市街地再開発準備組合と東京急行電鉄は、渋谷駅東口エリアで計画する再開発事業において、2024年度の開業に向けて本格的に始動することを発表した。(2019/10/4)

プロジェクト:
三井不動産が商業施設「COREDO室町テラス」をオープン、店舗デザインに台湾の書家や建築家が参画
三井不動産は、再開発プロジェクト「日本橋再生計画第2ステージ」の旗艦プランに位置付けられている大規模複合ビル「日本橋室町三井タワー」を活用した商業施設「COREDO室町テラス」を開業。これにより、同社の日本橋における再開発が大幅に前進した。(2019/10/4)

勘定系システムにGoogle Cloud――ふくおかFGのネット銀行が挑戦を決めた理由
ふくおかフィナンシャルグループが、2020年度中をめどに開業予定のインターネット専業銀行「みんなの銀行」の勘定系システム基盤に、Google Cloud Platform(GCP)を採用する。(2019/10/2)

関西初のSST、2022年に街びらき:
パナソニックが吹田市に“再エネ100タウン”、ALSOKや竹中工務店ら14社と超高齢社会の課題解決
パナソニックは、吹田市の同社工場跡地を活用して、スマートタウン「Suita SST(サスティナブル・スマートタウン)」を2022年に開業する。街のコンセプトには、日本の超高齢社会が抱える3つの課題を解消する「多世代居住」「健康」「地域共生」のキーワードを据え、これらを実現するパートナー企業14社の新たなサービスを実証する。例えば関西電力とは、消費電力を再エネ100%で賄う「再エネ100タウン」、ALSOKとは画像検知やロボティクスによるセキュリティ、竹中工務店とは住めば健康になれる街を実現する建築デザインコードの開発などに取り組む。(2019/9/27)

ふくおかFGのネット銀行、勘定系システムに「Google Cloud Platform」採用 開発スピード迅速化
ふくおかフィナンシャルグループは、2020年度中をめどに開業予定のインターネット専業銀行「みんなの銀行」(仮称)の勘定系システムの基盤に、Google Cloud Platform(GCP)を採用する。(2019/9/24)

【お忘れなく!】11月16日、山手線と京浜東北線が運休 JR東発足以来初
「高輪ゲートウェイ駅」開業に向けた線路切り替え工事のため。(2019/9/18)

プロジェクト:
羽田空港跡地の新施設名称「HANEDA INNOVATION CITY」に
羽田みらい開発は、2020年夏頃の開業を予定する「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)」の施設名称を「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)」に決定した。(2019/9/11)

相鉄・JR直通線が開業、JR東日本が11月ダイヤ改正 海老名→大宮・川越の長距離直通列車も誕生
埼京線は快速停車駅を見直し。(2019/9/6)

券売機に入れた大事な記念Suicaが没収……!? 一体どういうこと? JR東日本に聞いてみた
苦労して入手した「東京駅開業100周年記念Suica」が没収されちゃうなんて、それは困ります。(2019/9/4)

プロジェクト:
NTT都市開発の原宿駅前プロジェクト、施設名称を「WITH HARAJUKU」に決定
NTT都市開発が原宿駅前で開発を進めるプロジェクトの施設名称が「WITH HARAJUKU」に決定した。地下3階、地上10階の建物に商業施設、賃貸レジデンス、イベントホールなどが集まる。開業は2020年春の予定。(2019/8/28)

丸の内は今も“31メートルの街”:
「丸ビル」の17年 なぜ“オフィス街・丸の内”は変わったのか
再開発が加速する東京・丸の内。エリアを代表する建物が、2002年に開業した「丸ビル」だ。丸ビル建て替えを機に、“オフィス街”の丸の内は大きく変わった。丸ビルが変えたもの、変わらずに残っているものとは何だろうか。(2019/8/28)

うぉぉ「相鉄ランチパック」が出るよぉぉ! 「相鉄・JR直通線」開業もうすぐ、ネイビーブルーの記念コラボ商品が続々
開業100日前、2019年8月22日から続々開始。お見逃しなく〜。(2019/8/22)

リニア新幹線遅れる着工 不認可の静岡県、真意は
JR東海が令和9年開通を目指すリニア中央新幹線の予定通りの開業が危ぶまれている。南アルプスを貫通するトンネル工事で重要水源である大井川の水量が減少するとのおそれに加え、JR東海の緩慢な対応への不信感から、静岡県が着工を認めていないためだ。一方、開業効果に期待する沿線他県からは……。(2019/8/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
総距離1000キロ以上! 今後20年の鉄道開業計画を俯瞰する
リニア中央新幹線は静岡工区問題で2027年の開業予定が揺らぎつつある。北海道新幹線や長崎新幹線の開業計画も進行中だ。北陸新幹線の敦賀延伸も間近に迫っている。現在進行中の鉄道路線計画を年度別に俯瞰してみると、鉄道建設の全体像が見えるかもしれない。(2019/8/16)

プロジェクト:
横浜市の「旧南部市場」が食のライブマーケットに、2.7万m2の複合商業施設が9月開業
大和ハウスグループの大和リースは、神奈川県横浜市金沢区の金沢シーサイドライン「南部市場駅」前に、複合商業施設「ブランチ横浜南部市場」を2019年9月20日に開業させる。(2019/8/8)

ふくおかFG、地銀初のネット銀行参入 「みんなの銀行」20年度中に開業へ
ふくおかフィナンシャルグループが、2020年度中をめどにインターネット専業銀行「みんなの銀行」を開業する計画を発表。地方銀行のネット銀行参入は初めて。(2019/8/7)

新宿・歌舞伎町に225メートルの高層ビル 新宿ミラノ座跡地に22年度開業  映画館、劇場、ライブホールも
新宿ミラノ座が生まれ変わって新たなランドマークに。(2019/8/5)

本社も移転、2020年の開業を目指す:
竹芝が“未来都市”に!ソフトバンクの次世代街づくり
AI、5G(第5世代移動通信)、そして各種IoT(モノのインターネット)機器など、最先端のテクノロジーを融合した"スマートシティー"の実現が近づいている。舞台となるのは東京都港区の「竹芝地区」。ソフトバンクと東急不動産が共同で、2020年の開業を目指して開発を続けている。(2019/7/26)

屋内空間データの協創プラットフォーム:
IoTチェアや日本各地の風を再現する空調機など、“未来のオフィス空間づくり”を目指す実証の場が開業
オカムラ、ダイキン、パナソニックら9社は、未来のオフィス空間づくりを目的に、IoTを使った空調、照明、セキュリティなど、最先端サービスの実証実験を行う会員型コワーキングスペース「point 0 marunouchi」を東京・丸の内にオープンさせた。(2019/7/18)

長崎の平戸城で泊まれる! 日本初の「城泊」施設、2020年夏開業へ
海に面して眺めの良い“やぐら”を宿泊施設化。(2019/7/12)

「なにわ筋線」に事業許可 大阪都心部を南北に貫く地下高速鉄道、2031年開業へ
難波、中之島、梅田と大阪都心部を南北に結びます。(2019/7/9)

ソフトバンク、東京・竹芝地区をスマートシティー化へ センサーで不審者や混雑状況を検知
ソフトバンクが、東京都・竹芝地区の街づくりの一環で、同地区のスマートシティー化を推進すると発表。AI・IoT・ロボティクスといったテクノロジーを活用し、防犯や混雑緩和などにつなげるという。同地区の開発計画を手掛ける東急不動産と提携して準備を進め、2020年に開業する予定。(2019/7/9)

プロジェクト:
90億円投じ「東宝ツインタワービル」建て替え、2023年春に開業
(2019/7/4)

改元後初の新駅! 新元号を冠する「令和コスタ行橋駅」、8月24日開業
駅舎デザインは水戸岡鋭治氏!(2019/7/2)

東北道 蓮田SA(上り)が7月29日オープン 駐車マス3倍、商業施設2倍でNEXCO東日本最大級に
現在位置から東京寄りに移転して開業します。(2019/6/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
着工できないリニア 建設許可を出さない静岡県の「正義」
リニア中央新幹線の2027年開業を目指し、JR東海は建設工事を進めている。しかし、静岡県が「待った」をかけた形になっている。これまでの経緯や静岡県の意見書を見ると、リニアに反対しているわけではない。経済問題ではなく「環境問題」だ。(2019/6/21)

ついに開業! スマホゲーム「ドクターマリオ ワールド」7月10日に配信 ピーチやクッパもドクターに
ドクターピーチがかわいい。(2019/6/18)

スゲぇ 富士急行に「ゴールド富士山」の開業90周年記念車両登場 6月22日運行開始
まもなく90周年。ゴールドでゴージャス!!(2019/6/18)

「ヨドバシ梅田タワー」に名称決定 大阪駅前の新たなランドマーク、19年秋に開業
駅周辺の歩行者動線も改善するとのこと。(2019/6/3)

「ジブリパーク」基本合意締結 「もののけ姫」のタタラ場や「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」をイメージした空間も
2022年秋開業へ向けて着々と準備が進められています。(2019/6/1)

キッザニア「任天堂パビリオン」の詳細判明 7月開業、“お仕事”はToy-Con制作
任天堂が「キッザニア」にオープン予定のパビリオンの詳細と開業日を発表。参加者に「Nintendo Labo」のコントローラー「Toy-Con」の制作体験などを提供する。オープン日は「キッザニア甲子園」は7月12日、「キッザニア東京」(東京都江東区)は7月16日。(2019/5/27)

VR:
パナVR、システムキッチンから未来を体験できる空間を紹介
パナソニックは2019年5月23日、技術セミナー「VRシミュレーション技術の取り組み」を開催。これまでのVR技術開発の変遷に加え、2019年4月に開業したマンションセンター「HARUMI FLAG パビリオン」に導入しているVR設備の特徴などを紹介した。(2019/5/27)

プロジェクト:
西日本最大の民設コンベンション施設2021年春開業、MICE開催需要取り込む
西日本鉄道は、西鉄グループ初となるという西日本最大規模の民設コンベンション施設「博多国際展示場&カンファレンスセンター」を福岡市博多区に建設、2021年春に開業を目指す。これにより、福岡市内で活発に開催されるMICEの需要を取り込んでいく考えだ。(2019/5/22)

プロジェクト:
福岡・天神に隣接の今泉に、2020年秋開業のコリビングホテルを含む複合施設
NTT都市開発は、福岡市中央区今泉一丁目において開発を進めるホテル・商業複合施設の工事に着手した。同施設に入るコリビングホテル「lyf(ライフ)」は日本初進出、2020年秋に開業予定だ。(2019/5/17)

「北海道独立宣言」:
ホリエモンが北海道“ロケットの町”で次の一手 「堀江流レストラン」開業に奮闘
日本の民間ロケットとしては初めて高度100キロの宇宙空間に到達したホリエモンロケット「MOMO3号機」。ホリエモンこと堀江貴⽂氏が、ロケット打ち上げでも縁のある人口5700人の「北海道⼤樹町」で、ロケット事業に続く“次の一手”を繰り出そうとしている。(2019/5/10)

プロジェクト:
渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)2019年11月に開業
渋谷スクランブルスクエア、東急電鉄、JR東日本、東京メトロの4社は、建設を進めている大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)」を2019年11月に開業することを決定した。(2019/5/8)

かつては東洋一の高さ:
開業から40年たっても、池袋サンシャインシティが年3000万人を集める理由
東京・池袋の複合施設「サンシャインシティ」。開業から40年以上たっても、来街者数が過去最高を更新するなど、進化を続けている。当初“東洋一”の高さを誇っていたビルは何が変わり、何が変わらないのか。その魅力を見直したい。(2019/5/4)

牛乳ビンでぐいぐい飲む:
1日で3000本! 昭和25年開業のミルクスタンドにお客が絶えない理由
JRの秋葉原駅と御徒町駅に昔ながらのミルクスタンドがある。ビンに入った牛乳を提供するスタイルにこだわり1日で3000本を売り上げる日も。牛乳のファンを獲得するために工夫していることとは?(2019/4/30)

プロジェクト:
「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」が2022年春開業、設計・施工は積水ハウス
130の国や地域で合計6900件以上の宿泊施設を運営するマリオット・インターナショナルは、愛知県名古屋市中区栄1丁目の読売新聞中部支社の跡地に、ホテルブランド「コートヤード・バイ・マリオット」の新規出店を明らかにした。設計・施工は積水ハウスが手掛け、2022年春のオープンを目指す。(2019/4/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。