ニュース
» 2015年02月23日 15時12分 UPDATE

見せてもらおうか、生まれ変わったガンプラとやらを!:ガンプラ生誕35周年で新生「HG」、「ガンプラ EXPO ジャパン・ツアー2015」で初展示

“新生−REVIVE−”をテーマにしたガンプラ35周年。バンダイでは生まれ変わった「HGUC 1/144 スケール RX-78-2 ガンダム」を発表し、2月27日に名古屋で開催される「ガンプラ EXPO ジャパン・ツアー2015」で初披露する。販売は7月から。

[渡辺まりか,ITmedia]

 バンダイは、ガンプラ誕生35周年を記念して新生「HGUC(ハイグレードユニバーサルセンチュリー) 1/144 スケール RX-78-2 ガンダム」を発表し、7月に販売を開始する。それに先立ち、2月27日から名古屋会場を皮切りに開催していく「ガンプラ EXPO ジャパン・ツアー2015」で初展示。新生「HGUC 1/144 スケール RX-77-2 ガンキャノン」も同時展示する。

mwls35-1.jpgmwls35-2.jpg 新生「HGUC 1/144 スケール RX-78-2 ガンダム」(写真=左)と新生「HGUC 1/144 スケール RX-77-2 ガンキャノン」(写真=右)

 バンダイでは、1980年に誕生したガンプラが35周年を迎えるにあたって企画テーマを“新生−REVIVE−”と設定。主力カテゴリ「HG」シリーズの中でも代表モデルである「RX-78-2 ガンダム」を新しく生まれ変わらせた。新生HGでは、新規金型や最新の成形技術などを用い、可動箇所を既存製品の1.5倍以上に増やしつつパーツ総数はそのままで、作りやすさも追求したという。

mwls35-3.jpgmwls35-4.jpg 可動箇所を増やしたことで、「今まで以上にアニメシーンを再現できる」

 新生HGUC 1/144 スケール RX-78-2 ガンダムの全長は125ミリ。価格は2001年の発売当初と同じ1000円(税別)。なお、販売開始月の7月はガンプラが誕生した月でもある。

 同商品に先駆けて、バンダイでは「RX-77-2 ガンキャノン」も新生第1弾「HGUC 1/144 スケール RX-77-2 ガンキャノン」として6月に発売する。価格は1200円(税別)。

 なお、ガンプラ EXPO ジャパン・ツアー2015は名古屋、福岡、仙台、札幌、広島、大阪の全国6都市で、2月27日から11月9日まで開催。前述の2製品以外の新生HGシリーズのラインアップも順次発表していくという。

ガンプラ EXPO ジャパン・ツアー2015開催概要

名古屋

  • 開催期間:2月27日〜3月16日
  • 会場:名古屋PARCO西館8階「パルコギャラリー」

福岡

  • 開催期間:4月24日〜5月6日
  • 会場:福岡PARCO本館8階「パルコファクトリー+エスカレーター横」

仙台

  • 開催期間:5月21日〜6月7日
  • 会場:仙台PARCO5階「スペース5」

札幌

  • 開催期間:8月28日〜9月13日
  • 会場:札幌PARCO新館7階「スペース7」

広島

  • 開催期間:9月18日〜10月12日
  • 会場:広島PARCO新館7階「スペースシンナナ+9階連絡通路」

大阪

  • 開催期間:11月5日〜11月9日
  • 会場:大阪タカシマヤ7階催会場

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.