ニュース
» 2015年03月04日 14時33分 UPDATE

VR体験のできる、あのプロトタイプの最新版が公開:SCE、PS4用VRヘッドセット「Project Morpheus」を2016年上半期発売――フルHD/120fps対応

SCEは、PS4用VRヘッドセット「Project Morpheus」の最新試作機をGDC 2015で発表。フルHD/120fpsに対応する仕様であることと、2016年上半期の市販化に向けて開発していることを明らかにした。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は3月4日、世界最大のゲーム開発者向けカンファレンス「Game Developers Conference 2015(GDC 2015)」で、PS4用のVRシステム「Project Morpheus」(プロジェクト・モーフィアス)の最新試作機を発表、その一部仕様と2016年上半期の市販化を明らかにした。2014年3月の発表以来、モーフィアスの発売時期について言及するのははじめてのこと。

hm_s01.jpg バーチャルリアリティ(VR)システム「Project Morpheus」

 新型試作機では、プロセッサーユニットとVRヘッドセットからなる基本構成こそ変りがないものの、ディスプレイ部が大幅に進化した。5.7型フルHD(1920×1080)の有機EL(OLED)を新たに採用。新しくなったディスプレイでは、左右の目それぞれに960×1080の映像を表示、視野角は約100度。2014年の試作機での5型、視野角90度から進化している。

 また、ヘッドセットに搭載するLEDを従来機の6つから9つへ増やしたため、ユーザーの頭部の動きをPlayStation Cameraが正確に検知し、トラッキング性能が向上。よりリアルに、より没入感を得られるよう、アップデートが図られている。

 同社によると「視野角が向上するとともに、映像の残像感やブレを大幅に低減させることが可能になり、細緻に描き出されたゲームの仮想世界に入りこんでいるような感覚を高める」という。

 さらに、有機ELの採用によって、120fpsの映像表示に対応。仮想世界の表現が滑らかになり、ゲームの世界の中に入り込んだかのような体験を、より自然に楽しめるという。なお、PS4からの120fps映像出力は、システムソフトウェアアップデートで対応する予定。それに伴い、開発側への対応として、60fpsのゲームを120fpsで出力するためのSDKも提供、従来機で開発していたコンテンツも新型試作機にて引き続き開発される見込みだ。

 装着感にもこだわり、VRヘッドセットの頭部を固定するバンドを1本に変更。軽量化とともに、着脱もしやすくなったとうたう。

 SCE ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏は、「別世界に自分が存在すると信じてしまうほどの素晴らしいVR体験が、新型試作機に採用した数々の技術により、いよいよ現実のものになってきました。MorpheusとPS4プラットフォームの組み合わせこそ、クリエイターの皆様がご自身のアイデアをVRゲームで表現する際の一つの基準になるでしょう」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.