ニュース
» 2015年04月22日 16時10分 UPDATE

消臭効果も:シャープ、温風でダニを吸引する「ヒートサイクロン」採用のふとん掃除機「コロネ」を5月21日に発売

シャープは、温風でふとんの繊維からダニを引きはがして吸引するふとん掃除機を発表した。プラズマクラスターと合わせて気になる臭いを消臭する。

[村上万純,ITmedia]

 シャープは4月22日、温風でふとんの繊維からダニを引きはがして吸引する「ヒートサイクロン」を搭載したふとん掃除機「コロネ」(Cornet)(EC-HX100)を5月21日に発売すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は約4万円(税別)。

photo ふとん掃除機「コロネ」(EC-HX100)
photo シルバー系とピンク系の2色を用意した
photo コロネの3つの特徴

 シャープ 健康・環境システム事業本部 ランドリーシステム事業部長の林一正氏は、「ユーザーは『ふとん掃除機=ダニ退治機』という意識が強い」と話す。ふとんに生息しているダニの約8〜9割は体長約0.3〜0.4ミリのヒョウヒダニで、約3グラムのホコリの中に約4000匹も生息している。さらに、ダニは1日に体重の約5〜10倍のふんをする。シャープはコロネ開発にあたり、同社の実験室でヒョウヒダニ約5000匹以上を飼育し、ダニの生態を観察、研究している。

photo シャープ 健康・環境システム事業本部 ランドリーシステム事業部長の林一正氏

ダニに効果的なのは「熱+吸引」

 研究の結果、天日干しや短時間の紫外線照射ではダニは死なないこと、ふとんをたたくとダニの死骸が砕けて舞い散ることなどが分かった。また、ダニはクモの仲間であり、鋭い爪で繊維にしがみつくため、掃除機で吸い取るだけでは除去できない。そこで、高温と乾燥が苦手なダニに約40〜60度の熱を与えて強力に吸い取り、高速旋回気流で死滅させるヒートサイクロンを採用するに至った。

 熱は掃除機の内部で発生するので、消費電力は少ない。温風とプラズマクラスターにより、体臭や加齢臭などの臭い成分ノネナールも消臭してくれる。また、温風でふとんの湿気を取り除き、ふっくらとした仕上がりになる。

photo ダニは40度の熱に弱い
photo 熱と強力な吸引により、ダニをふとんの繊維から引きはがす

 吸引部の「たたきパワーブラシ」と呼ばれるモーター駆動の回転ブラシとゴムブレード(毎分約6000回の高速振動)は、ダニ、ダニのふん、死骸などの微細なハウスダストを強力にかき出す。吸い込んだハウスダストは、高速旋回気流で遠心分離させ、99%以上死滅するとしている。ダストカップはワンタッチで取り外しでき、フィルターと合わせて水洗いが可能。

photo 微細なハウスダストをたたき出して吸い込む
photo 遠心分離サイクロンでダニを死滅する
photo 本体底面
photo ダストカップはワンタッチで外れる

 本体サイズは304(幅)×405(高さ)×254(奥行き)ミリ、重量は2.4キロ(電源ケーブル含む)。メインモーターにアルミ合金素材を採用するなどして軽量化を図った。集じん容積は0.1リットル、電源ケーブルの長さは5メートル。カラーバリエーションは、シルバー系とピンク系の2色を用意した。消費電力は280ワット(最大530ワット)。吸引部が床面に触れないように収納できるスタンドを付属する。

 安全面にも配慮しており、本体を寝具から離すと底面の光センサーによって自動的にたたきブラシの回転を弱めるブラシセーフティ機能を搭載。温風の温度が約60度を超えると、自動的に運転を制御して温度を抑えたり、運転開始から30分が経過すると運転を自動停止したりする加熱防止機能も搭載した。

「ふとん掃除機は一過性のブームではない」

 林一正部長は、「掃除機は1家に1台から、用途や場所に合わせて複数台を使い分ける時代になった。その中でもふとん掃除機やコードレス掃除機などの新分野は成長傾向にある」と説明。梅雨の時期に合わせてふとん掃除機の投入を決めたという。

 シャープ 健康・環境システム事業本部 ランドリーシステム事業部 国内商品企画部の手塚萌子氏は、「アレルギー物質を意識している人は多く、一過性のブームではなく今後もニーズはある。最近は高価な枕や布団を買う人も多く、寝具を清潔に保つことに対する意識はますます高まっていくのではないか」と予測する。

photo 掃除機は適材適所で使い分ける時代に
photo ふとん掃除機の需要が伸びている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.