ニュース
» 2015年06月10日 11時00分 UPDATE

PCレスで音源ダウンロード:アイ・オー、トライアングルデザインのオーディオ用NASを発売 500GバイトSSD含む3モデル

アイ・オー・データ機器は、e-onkyo musicの楽曲購入に連動して自動的に内蔵HDDやSSDへダウンロードする機能を搭載するオーディオ用NASを発表した。

[村上万純,ITmedia]
photo オーディオ用NAS「RockDisk for Audio

 アイ・オー・データ機器は6月10日、e-onkyo musicの楽曲購入に連動して自動的に内蔵HDDやSSDへダウンロードする機能を搭載するオーディオ用NAS「RockDisk for Audio」を発表した。6月下旬に出荷する予定。「RockDiskNext」の後継モデルで、今回のモデルから“挑戦者”ブランドではなくなる。

 ラインアップは500GバイトモデルのSSDを搭載する「HLS-C500SHF」と、2TバイトHDDモデルの「HLS-C2.0HF」と1TバイトHDDモデルの「HLS-C1.0HF」の3種。価格はいずれもオープンで、実売想定価格はHLS-C500SHFが4万9800円(税込、以下同)、HLS-C2.0HFが2万8864円、HLS-C1.0HFが2万2384円。同社の直販サイト「アイオープラザ」で販売する。

 なお、発売初日は限定クーポンを配布し、HDDの2Tバイトモデルと1Tバイトモデルはそれぞれ2万4980円と1万8980円で予約を受け付ける。

 省エネ+静音設計のトライアングルデザインが特徴で、初めてオーディオ用NASを使うユーザーでも簡単に使えるようにスマートフォンやタブレットで操作や設定ができる。メディアサーバーには「Twonky Server」を採用する。


photo 内部構造

 設定画面からRockDisk for Audioをe-onkyoにデバイス登録すると、同サイトでダウンロードした楽曲が自動的に保存され、Twonky Serverに登録される。また、2台のRockDisk for Audioを同期できるため、1台をバックアップ用途で使える。

 「RemotoLink Files」をインストールすると、外出先のスマートフォンやタブレットから自宅のRockDisk for Audioにアクセスして楽曲を再生できる。

 本体サイズは約85(幅)×79(奥行き)×130(高さ)ミリ、重量は約340グラム。最大消費電力は9.5ワット、平均消費電力は8ワット。保証期間は1年。

 対応機種は、iOS 7〜8のiPhone/iPad/iPod touch、Android 4.1〜4.4.4搭載端末、Windows Vista/7/8/8.1搭載PC、Mac OS X 10.7〜10.9搭載のMacとなっている。

 メディアサーバー機能の対応コンテンツは以下の通り。

対応コンテンツ
コンテンツの種類 対応形式
動画ファイル wmv、m2p、m2ts、ts、mpeg、mpg、mp4、avi、vob、divx、3gp、mpe、dvr-ms、xvid、m1v、m4v、mov、mkv、ogg、flv、mts
写真ファイル bmp、gif、jpg、jpeg、png、tif、tiff
音楽ファイル wav、mp3、wma、m4a、m4b、ogg、flac、aac、mp2、ac3、mpa、aif、aiff、asf、dff、dsf

楽曲無料ダウンロードキャンペーン

 6月10日〜7月31日の間にRockDisk for Audioを購入すると、好きな楽曲を無料で1曲ダウンロードできる「e-onkyo music」クーポンがもらえる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.