ニュース
» 2015年06月16日 17時30分 UPDATE

絶妙なバランスで自立:シャープ、重心バランス最適化で腕への負担を軽くするコードレスのスティック型掃除機「FREED2」発売

シャープは、腕への負担を軽減するよう重心バランスを考慮したスティック型掃除機の新モデルを発表。吸引と磨き掃除が同時にできる新型ブラシも搭載する。

[村上万純,ITmedia]

 シャープは、重心バランスを見直して腕への負担を軽減したコードレスタイプのスティック型掃除機「FREED2」を7月中旬に発売する。ラインアップは、上位モデル「EC-SX310」と下位モデル「EC-SX210」の2種。価格はオープンで、EC-SX310は7万円前後(税別、以下同)、EC-SX210は5万円前後になる見込みだ。

photo 重心バランスを見直したコードレスタイプのスティック型掃除機「FREED2」。左2台が「EC-SX310」で右2台が「EC-SX210」
photo 新モデルの特徴
photo シャープ 健康・環境システム事業本部 ランドリーシステム事業部長 林 一正氏

 シャープ 健康・環境システム事業本部 ランドリーシステム事業部長 林 一正氏は、「コードレスタイプのスティック型掃除機は、モーター、バッテリー、ダストカップなどが手元付近に密集しており、長時間の掃除は腕が疲れるという不満が挙がっていた。これを解決するために徹底的に研究を重ねた結果、重心バランスの改善が鍵になることが分かった」と説明する。

 同社が「マジックバランス」と呼ぶ機能は、モーターとバッテリーの配置を見直して本体の重心点が中心軸上に来るよう設計したもの。本体重量は約2.1キロと従来機「EC-SX200」から0.1キロ軽くなっただけだが、手にかかる重さは約40%低減しているという。


photo 使いやすさを徹底的に研究
photo 重心バランスの最適化が最も重要な鍵であるという

 重心が中心軸上にあるので、本体がスタンドなしで自立するほか、自走アシスト力が従来比で約4倍になったとしている。

photo 自立する

 新開発の「大風量ターボモーター」で吸引風量は従来機より30%アップ。ブラシは、新たに4種のファイバーブラシを採用した。フローリング表面の汚れを磨く「床磨きブラシ」、雑菌の繁殖を抑制する「Ag+イオンブラシ」、畳などのホコリを拭き取る「ソフトブラシ」、じゅうたんの奥の汚れをかき出すほか、自走アシスト効果もある「ハードブラシ」により、吸引と磨き掃除を同時に行う。

photo 4種のファイバーブラシを採用した

 バッテリーは取り外しが可能で、80分の充電時間で最長30分運転できる。なお、駆動時間は自動モードで約10〜30分、強モードで約8分。予備バッテリーは8000円で販売する。

photo バッテリーは取り外しできる

 ダストカップは、本体から外してワンタッチでゴミ捨てが可能。フィルターに付いたホコリは回転式のつまみを回すだけで取れる。カップとフィルターは共に水洗いができて便利だ。

 排気部分にも改良を加え、アレル物質を抑制するAg+アレルディフェンスフィルターを搭載したほか、排気の風の強さを抑えるソフトメッシュ排気口を採用している。担当者は「スティック型掃除機は体と排気口の距離が近く、風が当たることを不快に感じる人が多い」と背景を語った。

 ハンディ型掃除機としても利用でき、付属のツールを使えば、テーブルやデスク、狭い棚の隙間、照明やエアコンなどの高所など、さまざまな場所を掃除できる。

photo ハンディタイプとしても利用できる
FREED2の主なスペック
型番 EC-SX310 EC-SX210
床磨き掃除
自走アシスト
洗える構造
排気フィルター Ag+アレルディフェンスフィルター
付属品 2WAYベンリヘッド、隙間ノズル、バッテリー、充電台 隙間ノズル、バッテリー、充電台
カラー ゴールド系、レッド系 ブルー系、ピンク系

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.