ニュース
» 2015年07月01日 21時00分 UPDATE

パロット、クアッドコプター「Bebop Drone」向けコントローラー「Skycontroller」を単体販売

仏パロットは、第3世代クアッドコプター「Bebop Drone」向けコントローラーを単体で販売する。価格は7万900円(税別)。

[ITmedia]

 仏パロットは7月1日、第3世代クアッドコプター「Bebop Drone」向けコントローラー「Skycontroller」を単体販売すると発表。発売時期は8月で、価格は7万900円(税別)。全国の家電量販店やオンラインストアなどで販売する。

photo 「Bebop Drone」向けコントローラー「Skycontroller」

 Bebop Droneは飛行や空撮が可能な重さ400グラムの軽量なドローン。これまではドローン単体と、専用コントローラーをセットにした2種類のパッケージを販売していた。コントローラーを単体で発売したことにより、ドローン単体パッケージの購入者も、本格的な操縦が楽しめるようになる。

 Skycontrollerは、本体中央にスマートフォンやタブレットを装着して使うもので、左右にあるジョイスティックとジョイパッドでリアルなRC体験が可能。

 カスタマイズ可能な操縦モード、没入感を高めるヘッドマウントディスプレイ(別売り)との連携、ほかのユーザーとドローンのコマンドを共有できるコパイロット機能、ドローンのGPS機能を利用して位置情報を操作画面上に映すレーダー機能などを備える。

photo ヘッドマウントディスプレイと連携
photo コパイロット機能

 SkycontrollerのOSはAndroid 4.2で、ARMデュアルコアプロセッサと8Gバイトメモリを搭載。無線LAN規格はIEEE802.11 a/b/g/nで、2.4GHz/5GHz/MIMOをサポート。理論上の通信距離は最大2キロ。本体サイズは370(幅)×230(奥行き)×190(高さ)ミリ、重量は1550グラム(サンシェードカバー含む)。稼働時間は約1時間40分。サンバイザーとストラップを同梱する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう