ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ヘッドマウントディスプレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヘッドマウントディスプレイ」に関する情報が集まったページです。

「Apple Vision Pro」でオフィスは不要になる?【後編】
「オフィスに戻りたくない」が本音 今こそ出社よりVR/AR?
テレワークが企業において当たり前になった現代では、テレワーカーのコラボレーションを支援し、新たな働き方における生産性を向上させることが鍵となる。活躍が期待されるVR/AR技術とは。(2024/2/24)

「Apple Vision Pro」でオフィスは不要になる?【前編】
AppleのHMD「Apple Vision Pro」は“50万円超え”でも売れるのか?
オンラインでコラボレーションをする際、没入的な3D空間でのやりとりが生産性の向上につながる可能性がある。Appleが2024年に発売したHMD「Apple Vision Pro」がこれを後押しするとの見方がある。本当なのか。(2024/2/17)

「ViXion01」の今までにない感覚が人生の選択肢を拡大 オートフォーカスアイウェアでライフスタイルが変わる
老眼鏡や拡大鏡の付け替えは非常に面倒だが、オートフォーカスアイウェアの「ViXion01」がそれらの悩みを解決してくれそうだ。実機を試して分かったことをまとめた。(2024/2/8)

建築設計×コンピュテーショナルの現在地:
落合陽一氏の万博パビリオンを手掛けた「NOIZ」が語る「フィジカルとデジタルの境界に浮かぶ未来の建築設計」
大阪・関西万博で、テーマ事業プロデューサーの落合陽一氏が企画するパビリオン「null2」の設計を手掛ける「NOIZ」は、建築のフィジカル要素とコンピュテーショナルデザインなどのデジタル技術との融合で、新しい建築設計の可能性を模索している。null2で具現化を目指す、未来の建築デザインをNOIZの設計担当者に聞いた。(2024/2/7)

「Apple Vision Pro」レビュー 渡米してまで買う価値はあったのか
米Appleの製品には「魔法のような」という形容詞がつきやすい。技術に魔法も近道もないが、大量の予算とエンジニアを貼り付けて「時間を早送りする」ことは可能ではある。Vision Proなそんな製品だ。どういうことか、渡米して実機を購入したのでレビューしたい。(2024/2/5)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Apple Vision Proは「極めて未来的なiPad」――あえて渡米してでも買うべきだと感じたワケを改めて語ろう
Apple Vision Proがいよいよ発売された。筆者は渡米の準備を進めており、この記事が載る頃には入手できていると思われる……のだが、そこまでして“初物”の入手に注力する理由を、改めて説明しようと思う。(2024/2/5)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
CES 2024で見えた「空間コンピューティング」の潮流 Apple以外の動きにも注目
1月に米ラスベガスで開催された「CES 2024」では、AppleがApple Vision Proで打ち出した「空間コンピューティング」の萌芽(ほうが)が複数見受けられた。(2024/2/2)

シャープ、「SHARP XrossLAB」開設 XRなどの新規事業開発を加速
シャープは1月31日、XR技術などの新規事業の開発拠点「SHARP XrossLAB(シャープクロスラボ)」(東京・神田)に開設した。シャープは、開発パートナーとの連携を強化し、新たなソリューションの創出を加速させたいとしている。(2024/2/1)

パナソニック、シフトール全株式を譲渡 クリーク・アンド・リバー社に
パナソニック ホールディングスは31日、VRヘッドセットなどの開発を手掛ける子会社・Shiftallの全株式をクリーク・アンド・リバー社に譲渡すると発表した。(2024/1/31)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Apple Vision Proは日本でも買えた! そのプロセスで感じられた語り尽くせない驚きの理由
米国において「Apple Vision Pro」の受注が始まった。筆者も実際に注文してみたので、その時の体験談を交えつつ、このデバイスが持つ可能性をひもといていきたい。【更新】(2024/1/24)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
ソニーがXR HMD込みの没入型空間コンテンツ制作システムを開発/OpenAIが組織や企業向けの新有料プラン「ChatGPT Team」を提供開始
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、1月7日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/1/14)

VR/AR/MRニュース:
ソニーがXR空間で3D設計できる新システムを開発、シーメンスとの提携も
ソニーは高品質XRヘッドマウントディスプレイと、3Dオブジェクトの直感的な操作と正確なポインティングを実現するインタラクション専用コントローラーを組み合わせた「没入型空間コンテンツクリエーションシステム」を発表した。(2024/1/12)

HTC、VIVE XR Elite用フェイシャルトラッカーを発売
HTC NIPPONは、VIVE XR Elite用となるフェイシャルトラッカーを発表した。(2024/1/10)

ソニー、「空間コンテンツ」制作システム発表 両眼8K HMDに専用コントローラーで、精密な3D作業実現
ソニーは、XRヘッドマウントディスプレイと、3Dオブジェクト操作に最適化したコントローラーを備えた「没入型空間コンテンツ制作システム」を開発した。クリエイターが現実と仮想空間をシームレスに行き来する、没入感のある空間コンテンツの制作が可能になる。(2024/1/9)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
AIシフトが一層進む2024年 その中で静かに進むデータの“空間化”
元旦から波乱の幕開けとなった2024年だが、PCを始めとするテクノロジーはどのような推移を見せるのだろうか。筆者なりに考察していきたい。(2024/1/5)

製造マネジメントニュース:
生成AIの世界需要額は2030年に約20倍へと急拡大か JEITAが調査結果発表【訂正あり】
電子情報技術産業協会は2023年版の「電子情報産業の世界生産見通し」に関する発表会を開催した。2024年の世界生産額は過去最高値を更新すると予測する。(2023/12/28)

Innovative Tech:
装着していないVRヘッドセットが"動く対話ロボット”に 置き台ごと変形 北海道大「OMEME」開発
北海道大学のヒューマンコンピュータインタラクション研究室に所属する研究者らは、VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を置くと置き台ごと動くコンパニオンロボットになるシステムを提案した研究報告を発表した。(2023/12/28)

テキストベースSNS「Threads」は未知?
メタバース損失続きのMeta、CPUを見限って「GPU」積極採用へ その真意は?
Meta Platformsは2023年第3四半期(7月〜9月期)の業績を発表した。ザッカーバーグ氏が強調したのはSNS「Threads」やメタバース、インフラに関する点だ。その真意とは。(2023/12/25)

さようならWindows Mixed Reality──Microsoftが廃止を発表
Microsoftは2015年に「Windows Holographic」として立ち上げ2017年に改名した「Windows Mixed Reality」をWindowsクライアントの非推奨機能リストに追加した。今後更新せず、将来のWindowsリリースで削除する予定であることを意味する。(2023/12/22)

日本市場も1兆7774億円規模へ:
生成AIの世界需要、2030年に2110億ドルと予測
電子情報技術産業協会(JEITA)は、生成AIの世界需要額見通しを発表した。2030年の世界需要は2110億米ドルと予測され、2023年に比べ約20倍の規模となる。日本市場も1兆7774億円になるとみられ、現在と比べ15倍に拡大する。(2023/12/22)

Microsoftの「Word」「Excel」「PowerPoint」がMeta Questで利用可能に(無料)
MetaのHMD「Meta Quest」シリーズでMicrosoftの「Word」「Excel」「PowerPoint」が利用できるようになった。Metaのアプリストアから無料でダウンロードできる。(2023/12/16)

「守りのDX」と「攻めのDX」:
大和ハウスDX戦略の全体像2023年版 設計BIM100%で「導入期」から「活用期」へ
大和ハウス工業は、2022年度から5カ年度の中期経営計画で、守りのDXで持続的成長モデルの構築を掲げている。その中核を成すBIMは、既に設計で全件BIM化を達成し、これまでの導入期から、共通データ環境に蓄積するBIMデータを建材データベースやxRなどで、いかに利活用するかの活用期へと移行している。(2023/12/14)

製造マネジメントニュース:
「使えるデータ」で変化に強く、スマート工場の展示施設が東京にオープン
デロイト トーマツ グループはロボットやデジタル技術による生産現場の自動化を体験できる施設「The Smart Factory by Delloitte @ Tokyo」(東京都千代田区)を開設した。(2023/12/13)

“俺の嫁”はポケットに 小さな立体ディスプレイ「Looking Glass Go」が魅惑的すぎた AI連携で会話も
国内でクラウドファンディングが始まり人気を集めている「Looking Glass Go」。なぜ「空間AIディスプレイ」とうたっているのか、ポイントを紹介します。(2023/12/6)

プロジェクト:
品川インターシティが開業25周年、デジタル技術でダイバシティ―強化へ
日鉄興和不動産は、超高層大型複合ビル「品川インターシティ」の開業25周年に合わせて、品川エリアの発展に向けた街づくりのコンセプト「つなぐ・つながる街」を発表した。XRなどデジタル技術を活用したイベントを展開し、ビジネス用途だけではない品川のイメージを創造していく。(2023/12/6)

ベテラン外科医の視点を学生に共有
英国医療機関がライブ手術 外科医がこだわった「HMD」の要件は?
英国医療機関の外傷・整形外科が、学生向け「ライブ手術」の指導システムの一環としてRealWearのヘッドマウントディスプレイ(HMD)を導入した。外科医が語る、ライブ手術に適したHMDの要件とは。(2023/12/5)

Innovative Tech:
お前は今から“鵜”だ──「鵜になって鮎を丸のみ」を体験できる装置 岐阜大の研究者らが開発
岐阜大学に所属する研究者らは、鵜飼で鵜となって鮎を丸のみする体験ができる装置に関する研究報告を発表した。(2023/12/4)

SteamVRのVRゲーム、MetaのQuestシリーズHMDでプレイしやすく
Valveは、MetaのQuestシリーズのHMD向けに「Steam Link」アプリを無料公開した。Oculusアプリなどを介さずに、従来より簡単にSteamVRのゲームをHMDでプレイできる。(2023/12/2)

HTC、より正確なフルボディトラッキングを実現できる「VIVEトラッカー(Ultimate)」を発売
HTC NIPPONは、同社製VR HMD向け新型VRトラッカー「VIVEトラッカー(Ultimate)」を発表した。(2023/11/29)

Varjo、デュアル4Kパネルを搭載した産業用ハイエンドMR HMD「XR-4」シリーズを発表
Varjoは、広視野角/高解像度ディスプレイを採用した産業用ハイエンドMR HMD「XR-4」シリーズの発表を行った。(2023/11/29)

Innovative Tech:
集中力を高めないと抜けない"聖剣” 東大が開発 脳波と視線で集中力を推定
東京大学に所属する研究者らは、フィードバックされた集中力を用いて祭壇に埋まった聖剣を抜くというVR体験を提案した研究報告を発表した。(2023/11/16)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
「Meta Quest 3」を仕事に生かす 最大5画面のデスクトップを表示するMR対応「Immersed」は神アプリか
「Meta Quest 3」はどこまで仕事に使えるかを中心に試用してみました。(2023/11/9)

XR活用最前線:
実物を作る前に現実空間でデザインを検討/評価、MRを積極活用するイトーキ
テクノロジーとデザインの融合による価値創出に取り組むオフィス家具メーカーのイトーキは、製品開発のデザイン検討でMR技術を積極的に活用している。(2023/11/8)

「HHKB Studio」の登場でヒートアップ! 思わず落合陽一氏も乱入した「HHKBユーザーミートアップVol.7」を冷静に振り返る
新しいコンパクトキーボード「HHKB Studio」を発表したばかりのPFUが、10月25日に毎年恒例のイベント「HHKBユーザーミートアップ」を開催した。スペシャルゲストを招いての開発秘話や、便利な使い方についての特別講演、新製品のタッチ&トライなどが行われた模様をお届けする。(2023/10/30)

仮想空間がもたらす変革とは【前編】
「産業用メタバース」とは結局、何ができる仮想空間なのか?
製造業における産業用メタバースの活用が期待される。具体的には産業メタバースで何ができ、どのようなメリットをもたらすのか。企業のビジネスや従業員に与える影響を解説する。(2023/10/20)

導入事例(ウシオライティング):
PR:プロジェクション型VRシステムの可能性を広げる高性能ワークステーションの存在
プロジェクション型VRシステム「HoloStage」のデモ環境を構成するワークステーションを刷新し、新たにデル・テクノロジーズの「Dell Precision 7920 Tower」を採用したウシオライティングに導入の背景と決め手になったポイントを聞いた。(2023/10/19)

HP Imagine 2023:
「HP AI Studio」や「NVIDIA AI Enterprise」搭載ワークステーション投入などAI推し! フォルダブルPC「Spectre Foldable」も日本で発売
HPが米国でイベント「HP Imagine 2023」を開催した。その際に、HyperX/Polyブランドを含めて新製品を一挙に発表したので、その概要を紹介する。特に注目したいのは、フォルダブルPC「Spectre Foldable」と、サステナブルなインクカートリッジが使える新型プリンタだ。(2023/10/6)

組み込み開発ニュース:
センサーデバイス世界市場、2029年に12兆円に達する見込み
富士キメラ総研は、各種センサーの用途別の市場や技術、メーカーなどの最新動向の調査結果を「2023 センサーデバイス関連市場総調査」にまとめた。市場は2029年までに12兆1860億円に達すると見込んでいる。(2023/9/28)

レジリエンス:
鹿島建設が3.11や阪神淡路など“大地震の揺れ”をリアルに体感できる振動台を開発
鹿島建設は、制震や免震の採用で顧客との合意形成に活用すべく、大地震の揺れを再現した3次元振動台「トライデッカー」と可搬型振動台「ポータ震II」の運用を開始した。(2023/9/25)

東京ゲームショウ2023:
ポータブルゲーミングPCの展示即売会も! 活気あふれる東京ゲームショウに行ってきた
9月24日まで、幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2023」。広い会場に埋め尽くすほど、大小さまざまなブースで各企業が出展している。その中でもひときわ巨大なブースを出していたclusterをはじめ、PCを中心に熱気あふれる様子をリポートする。(2023/9/23)

デスクワーク用HMD「Visor」予約開始 499.99ドル〜 「ディスプレイ捨て仮想空間で仕事を」
Immersedが独自のHMD「Visor」の予約受付を始めた。仮想空間内にマルチディスプレイを表示してPCワークできる。(2023/9/21)

「ガンプラバトル」ついに実現か バンダイが出願した特許が話題に
バンダイが「ガンプラバトル」向けの3Dスキャンシステムの特許申請を行っていたことが分かった。ファンの間で「ついに実現か」などと話題になっている。(2023/9/19)

福田昭のデバイス通信(420) 2022年度版実装技術ロードマップ(44):
フラットパネルディスプレイの進化を支えるデバイスの基礎
今回から、第2章第6節「新技術・新材料・新市場」の2番目のテーマである「次世代ディスプレイデバイス」について解説する。(2023/9/19)

次のイグ・ノーベル賞候補? 世界の“ユニーク”な研究たち 「虫が口を這う感覚再現VR」「下痢判定AI」など
2023年のイグ・ノーベル賞が発表されたということで、次のイグ・ノーベル賞候補……かもしれない“ユニークな研究記事”を5つ紹介。「虫が口を這う感覚再現VR」「下痢判定AI」「ゲップ音を流す袋止めクリップ」など個性豊かな研究を取り上げる。(2023/9/15)

xR:
熊谷組がHoloLensでコンクリ締固め作業を見える化 経験に頼らず施工品質を均一化
熊谷組とインフォマティクスは、Microsoft HoloLensを用いたコンクリート打込み時の締固め作業を見える化する管理システムの実用化に取り組んでいる。(2023/9/13)

自動運転車やXR機器向けが貢献:
センサー/関連製品、2029年は約12兆円規模へ
センサーデバイスと関連製品の世界市場(33品目)は、2023年見込みの8兆6237億円に対し、2029年は12兆1860億円と予測した。自動運転車やスマートグラスやヘッドマウントディスプレイといったXR機器などが市場の拡大をけん引する。富士キメラ総研が調査した。(2023/9/13)

3Dスキャナーニュース:
3Dカメラでスキャンするだけで使える点群編集ソフトの取り扱い開始
アスクは、エリジオンの点群編集ソフトウェア「InfiPoints」の取り扱いを開始した。3Dカメラでスキャンしたデータの合成、寸法計測、各種シミュレーション、3Dモデリングなどの作業が簡単に行える。(2023/9/7)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(4):
デジタルモノづくりで試作回数を削減し、サステナブルな未来へ踏み出そう
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。連載第4回のテーマは、試作回数の削減に効果を発揮するデジタルモノづくりだ。(2023/9/5)

リアルな空間再現で没入感を高める:
ソニー、1.3型4K OLEDマイクロディスプレイを発表
ソニーセミコンダクタソリューションズは、1.3型4K OLEDマイクロディスプレイ「ECX344A」を発表した。VR(仮想現実)/AR(拡張現実)用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)などの用途に向ける。(2023/9/1)

「メタバース」ブームは再燃するのか【後編】
オワコン化したはずの「メタバース」が“あの40万円超えHMD”で大復活の予感
沈静化した「メタバース」ブームを再び巻き起こす可能性があると専門家がみるのが、「ヘッドマウントディスプレイ」(HMD)市場での“ある動き”だ。HMD市場で何が起こっているのか。(2023/8/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。