ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ヘッドマウントディスプレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヘッドマウントディスプレイ」に関する情報が集まったページです。

まだ見えぬ「PlayStation VR2」の本当の姿――歴史と「いま分かること」から予想する
CES 2022で発表された「Playstation VR2」。デザインや価格、発売時期などは未公表で、どのような製品になるのかを正確に描き出すのは難しい段階だ。だが、公表済みの情報からも商品の特性は予想できる。PSVR2はどういうものになるのかを考えてみたい。(2022/1/7)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
メガネ、クルマ、チップ――CES 2022の見どころを振り返ってみた
オミクロン株で拡大するコロナウイルス感染の最中に開催されているCES 2022。それでも重要な発表はいくつかあった。(2022/1/6)

AppleのAR/VRヘッドセットは3つのディスプレイを搭載か 市場調査会社が予想
2つのMicro OLEDディスプレイと1つのAMOLEDパネルを搭載するとディスプレイ専門の調査会社が予想。(2022/1/6)

パナ子会社、軽量なVR HMD「MeganeX」発表 メタバース向けに「音漏れしないマイク」「冷温デバイス」も
パナソニック子会社のShiftallが、メタバース向けデバイス3種をパナソニックと共同開発した。VRヘッドセット、音漏れ防止機能付きマイク、冷温デバイスを2022年春以降に発売する。(2022/1/5)

Innovative Tech:
VRキャラクターに耳を「フー」してもらえるヘッドフォン、東大が開発 風源なしで温冷風を再現
 東京大学 Human & Environment Informatics Labの研究チームは、物理的なファンによる風がないにもかかわらず、風の感覚を耳で得られるヘッドフォン型ウェアラブルデバイスを開発した。(2022/1/5)

メタバースはじめました:
2021年はなぜ「メタバース」の年となったのか?
Facebook改めMetaの猛プッシュにより「メタバース」が流行語となったが、それだけではない。(2021/12/31)

Innovative Tech:
2台のロボットを1人で同時に操作し卓球ができるのか? ソニーCSLと慶應大が実験
ソニーコンピュータサイエンス研究所などの研究チームは、1人のプレイヤーが2台のロボットアームを駆使し、2つのコートで同時に卓球をプレイするシステムを開発。1人が複数の身体を同時に操作できるかを検証した。(2021/12/28)

エレコム、スマホ装着型の汎用VRゴーグル
エレコムは、スマトフォンを装着して利用できる汎用VRゴーグル「VRG-X02BK」を発表した。(2021/12/15)

ARPARA、高解像度OLEDパネルを採用したワイヤレス対応のオールインワンVRシステム
ARPARA GLOBAL TECHNOLOGYは、高解像度OLEDディスプレイを搭載するワイヤレス接続対応VRシステム「arpara VR オールインワン」の提供を発表した。(2021/12/14)

Innovative Tech:
作業中に「ツンデレ」されるとやる気は高まるか? メイドアバターで、奈良先端大が検証
奈良先端科学技術大学院大学の研究チームは、冷たい対応と優しい対応を組み合わせた動作「ツンデレ」が作業意欲にどのような影響を与えるかを検証した。(2021/12/14)

Innovative Tech:
「崖から落ちたけど、壁にナイフを刺して何とか助かったぜ…」を体験できるVR、東京電機大が開発
東京電機大学松浦研究室の研究チームは、人が崖から滑落する際に、助かろうとナイフを斜面に突き立てて停止する動作を再現したVR触覚システムだ。落下から崖をナイフで刺し、しばらく引きずられて停止するまでの疑似体験を提供する。(2021/12/13)

コロナ禍で人命を救った「HoloLens 2」【後編】
「HoloLens 2」が“うっかりミス”防止に役立つ理由と、漏れる“不満”の声
製造業をはじめ、さまざまな企業がMicrosoftの「HoloLens 2」を活用して業務効率の向上を図っている。一方でHoloLens 2の企業利用には幾つかの課題がある。それは何なのか。(2021/12/10)

VRニュース:
遠隔地でもリアリティーを、4K OLEDでの臨場感と低遅延を実現するVR HMDシステム
ソニーグループは2021年12月7日、同社が開発中の技術を紹介する「Sony Technology Day」をオンラインで開催。その中でOLED(有機EL)マイクロディスプレイと低遅延HMDシステムの組み合わせによる、VRによる体験共有システム技術を紹介した。(2021/12/9)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Nokiaからタフなアウトドア向け5Gスマホ「XR20 5G」が発売
Nokiaブランドのスマートフォン新製品を投入しているHMD Globalから、ちょっと変わったモデルが出てきました。アウトドア仕様のタフなスマートフォン「Nokia XR20」です。本体は樹脂製ですが割れにくい構造のようで、背面は滑り止め加工がされています。(2021/12/8)

Innovative Tech:
鼻呼吸でスマホを操作 呼吸時の音で入力内容を区別するメガネ型デバイス、立命館大らが開発
立命館大学村尾研究室と科学技術振興機構「さきがけ」の研究チームは、鼻呼吸でスマートフォンなどを操作するメガネ型デバイスを開発。(2021/12/8)

CIO、楽天スーパーSALEで急速充電器やモバイルバッテリーなどを最大75%オフ
CIOは「楽天スーパーSALE」に参加し、GaN急速充電器やモバイルバッテリーなどを最大75%オフで販売。期間は12月11日1時59分まで。(2021/12/6)

Innovative Tech:
床の汚れをARで可視化 ゲーム感覚で掃除ができる“イカした”システム
青山学院大学ロペズ研究室の研究チームは、掃除箇所の汚れ度合を可視化し、掃除を促すシステムを開発。汚れている領域を掃除すると着色が除去されるため、ゲーム感覚で掃除が行える。(2021/12/6)

日本HP、視線や瞳孔サイズなどもスキャンできる開発者/企業向けVRヘッドセットソリューションを発表
日本HPは、同社製インテリジェントVRヘッドセット「HP Reverb G2 Omnicept Edition」と開発者向けソフトウェア開発者キットを統合したソリューション「HP Omnicept Solution」の発表を行った。(2021/12/2)

住宅ビジネスフェア2021:
住宅の手書き図面から3DモデルをAIで自動生成、VR化で完成後の幅・奥行きなどを施主が体感
コンピュータシステム研究所は、住宅の手書き図面をAIで解析して3Dモデルを自動で生成し、VR化するソリューションを提案している。打ち合わせの初期段階で、3Dモデルをスピーディーに作成することで、工事完成後のイメージを施主に理解してもらい、営業活動の効率化につながるのが大きな特徴となっている。(2021/12/2)

富士キメラ総研が世界市場を調査:
大型TFT市場 、12兆円超も2022年以降は縮小傾向
富士キメラ総研は、ディスプレイデバイスと関連部材の世界市場を調査し、2026年までの予測結果を発表した。大型TFT液晶(LCD)の市場規模は、2021年に12兆円を超えるが、それ以降は価格下落の影響などもあり、2026年は8兆2329億円規模に縮小すると予測した。(2021/12/1)

MLBがGoogleと実現する試合データ活用【後編】
メジャーリーグが「AWS」ではなく「GCP」を使う理由
MLBはセンサーを活用して選手やボールの動きを追跡している。こうして得たデータの用途とは何か。データの処理と管理に「Google Cloud Platform」を使う理由とは。担当者に聞く。(2021/11/29)

VR空間でガチに原稿を書いたらその実用度に驚いた 「バーチャルで仕事」のメリットと課題
リアルと同程度の速度で原稿が書けてしまう、そういうところまでVR HMDは来ている。(2021/11/26)

「ビデオ通話API」はビジネスをどう変えるか
「プログラマブルビデオ」とは? “ただの動画”とは全然違う
アプリケーションやWebサービスにビデオ通話の機能を連携可能な「プログラマブルビデオ」がCPaaS市場のトレンドとなりつつある。そもそもプログラマブルビデオとは何なのか。その代表的な用途とは。(2021/11/22)

ダイソン、製品を“試せる”バーチャル店舗 ドライヤーの温風は色で表現
ダイソンは19日、VRヘッドセットを使って消費者が自宅にいながら製品を試せる仮想店舗「Dyson Demo VR」を発表した。(2021/11/19)

DXで現場業務、技術継承はどう変わる?:
北海道電力が発電所におけるローカル5Gの実地検証を開始
北海道電力が発電所構内にローカル5Gを構築して、火力発電所における現場業務の生産性向上と技術継承の効率化を目指す。(2021/11/13)

VR:
高速道路の点検で生じるリスクを体験できる新たなVR、アクティオ
アクティオは、高速道路の点検で生じるリスクを体験できるVR「Safety Training System VR of AKTIO」を開発した。(2021/11/5)

Facebookが社名を「Meta」に変更 “Oculus”ブランドも順次廃止へ
Facebookが新社名「Meta」を発表した。Oculusブランドの移行なども順次行わる予定だ。(2021/10/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
セルフィーにも強いNokiaの格安5Gスマホ「Nokia X20」
Nokiaブランドのスマートフォンを展開するHMD Globalは、2021年から型番ルールを変更。最上位モデルとなる「X20」は、6.67型ディスプレイやSnapdragon 480を搭載した5Gスマートフォン。背面の4眼カメラに加え、3200万画素のインカメラを備えています。(2021/10/19)

「VIVE Pro 2」フルキットの予約受付が開始 価格は税込み17万8990円
HTC NIPPONは、同社製VR HMD「VIVE Pro 2」フルキットの予約受付を開始した。(2021/10/4)

中国ARPARAが5Kパネルを採用した軽量VR HMD「arpara」をCAMPFIRE経由で提供開始
中国ARPARA GLOBAL TECHNOLOGYは、軽量筐体を実現したVR HMD「arpara」の日本国内提供を発表した。(2021/9/30)

Innovative Tech:
メガネの鼻当てで個人を識別 スマートグラスやVRゴーグルのユーザー認証に活用
メガネの鼻当てからソナーのように音を発信する。(2021/9/30)

「HoloLens」を活用する小柳建設【前編】
「HoloLens」を現場に導入した小柳建設 その背景にある“業界への危機感”とは
小柳建設は建設現場で、自社で開発したMRアプリケーションを活用している。同アプリケーションは「HoloLens」で動作し、建設物の3Dホログラフィックを使った遠隔会議を可能にする。開発に至った背景は。(2021/11/10)

「寝ながら」の体勢に特化したVRデバイス「HalfDive」発表 寝たままVR世界にダイブできる未来が来る?
突き詰めれば『ソードアート・オンライン』の世界に?(2021/9/14)

Diver-X、寝ころび姿勢に特化したVRデバイス「HalfDive」 11月にクラウドファンディング開始予定
Diver-Xは、寝ころんだ姿勢での利用に最適化したVRデバイス「HalfDive」を発表した。(2021/9/13)

2度目のバーチャル開催:
「SIGGRAPH 2021」、装着者の目を表示すぐHMDなど
「SIGGRAPH 2021」が2021年8月9〜13日に、多くのカンファレンスと同じく、2年連続でバーチャル開催された。今回は、全てのコンテンツを1つのプラットフォームに統合することで、発見したり視聴しやすい優れたプラットフォームを構築し、2020年と比べてかなりスムーズな運営を実現することができていた。(2021/9/21)

Innovative Tech:
“玉”も“打つやつ”も全てARなエアホッケー 動的プロジェクションマッピングで
エアホッケーをAR化するに当たってこれまでできなかったこと。円盤を打つときに使う「あれ」。(2021/9/7)

PR:恐竜展の舞台裏 クリエイティブカンパニーNAKED, INC.が「DAIV」を選ぶ理由
(2021/9/9)

HTC製HMD「VIVE Pro」「Cosmos」シリーズを値引きする「VIVE秋のビッグセール」 最大約3万3000円引き
HTC NIPPONは、同社製HMDを対象とした「VIVE秋のビッグセール」を開始した。(2021/9/2)

Innovative Tech:
背面からジェスチャー操作できる半透明黒板ディスプレイ「HoloBoard」 Lenovoなど開発
教師はHTC Viveコントローラーでジェスチャー操作できる。(2021/8/31)

サダタローの「ニュースゆる知り!」:
空に浮かぶ巨大原稿 “VR展覧会”でみた可能性と課題 マンガで解説
PCのデスクトップからでも、PC版VRからでも体験できるというVR展覧会「VRデビルマン展」を漫画家サダタローが体験。VR展覧会はリアル展覧会と何がどう変わるのか。(2021/8/30)

「メタバース×ブロックチェーン」の未来(前編) Thirdverseの國光CEOと話す、VRのその先
西田宗千佳さんによる、Thirdverseの代表取締役CEOへのインタビュー前編。VRの世界の重要な概念であるメタバースの未来を議論する。(2021/8/24)

「VR国勢調査」回答募集中 利用サービスからVR恋愛まで国際比較 スイスの“VTuber人類学者”主催
「VRChat」などソーシャルVRサービス利用者の実態を調査する初の大規模アンケート調査がスタート。よく使うサービスからVR内の恋愛事情まで、世界のユーザーから回答を集め、国や地域ごとの傾向の違いを分析する。(2021/8/24)

Innovative Tech:
おでこを電気刺激すると冷たく感じる VR HMDに応用も 電通大が実験
HMDでVR体験をしているときに熱さ、冷たさの感覚を装着者に与える新たな手法。(2021/8/24)

楽天モバイルら4社、新潟県が公募した「5Gソリューション開発促進事業」に採択される
楽天モバイルら4社が、新潟県が公募した「5Gソリューション開発促進事業」に採択された。今後、ARスポーツ「HADO」の開催や遠隔地への映像配信を行う予定だ。(2021/8/10)

製造ITニュース:
安定性や検出精度を向上、MRシステムの基盤ソフトウェアの最新版発売
キヤノンITソリューションズは、MRシステム「MREAL」の基盤ソフトウェアの最新版「MREAL Platform 2021」を発売した。アルゴリズムおよびデータ構造の改善により安定性を向上し、特徴点位置合わせの体験エリアを従来比の2倍にした。(2021/8/3)

「Oculus Quest 2」の販売が一時停止 接顔パーツを変更して8月24日に提供再開予定
Facebookは、同社製VR HMD「Oculus Quest 2」の販売を一時停止した。ヘッドセット用接顔パーツによる炎症の報告を受けたもので、パーツを切り替えて販売を再開する。(2021/7/28)

Innovative Tech:
ゴルフスイングの軌道をVRで修正してくれる「Actuated Club」 東工大が開発
スイングのおかしなところをジャイロ効果のフィードバックで教えてくれる。(2021/7/17)

海外医療技術トレンド(73):
米国で急速に進む医療XRと5G/エッジコンピューティングの融合
本連載第71回で、米国の医療AIの市場動向を取り上げたが、今回は医療分野の拡張現実(AR)/仮想現実(VR)と5G/エッジコンピューティングの適用動向を紹介する。(2021/7/16)

VRニュース:
音声通話や全身の動きを反映したアバターによるVR設計レビュー環境を実現
サイバネットシステムは、VR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」の最新バージョン「V5.0」の販売開始を発表。リアルタイム音声通話機能、ボディトラッキング機能が追加された他、片手操作メニューに対応し、操作性や使い勝手を向上させている。(2021/7/2)

VRニュース:
ソフトとハードの一括提供で製造現場へのVR導入を支援
アスクは、Unityの「Unity Industrial Collection」と、同社で取り扱うグラフィックスボードおよびVRヘッドマウントディスプレイのバンドル販売を開始する。ソフトとハードの一括提供で、製造現場へのVR導入を支援する。(2021/6/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。