ニュース
» 2015年09月01日 11時32分 UPDATE

キヤノン、2016年に4Kプロジェクター市場へ参入

キヤノンは9月1日、4Kプロジェクター市場への参入を発表した。4096×2400ピクセル対応のLCOS液晶プロジェクターを開発しているという。

[ITmedia]

 キヤノンは9月1日、2016年に4Kプロジェクター市場に参入すると発表した。4096×2400ピクセル対応のLCOS液晶プロジェクターを開発中だという。

photo 開発中の4Kプロジェクター

 同社独自の光学システム「AISYS」により、5000ルーメンの明るさと本体の小型・軽量化を両立させた。新開発の4K対応ワイドズームレンズで短い設置距離での大画面投写を可能にするほか、ドーム型スクリーンなどの曲面に光学的にピントを合わせられる機能も搭載する。

 キヤノンは「限られた空間で高精細な映像投写を行う美術館や博物館、車や飛行機などのシミュレーター、デザインの現場などでは、短い設置距離での投写や多様な設置環境への対応が求められる」と市場参入の背景を語った。

photo キヤノンのプロジェクター製品ページ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.