ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「美術館」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「美術館」に関する情報が集まったページです。

パリ市内14の美術館所蔵のアート作品約10万点が無料公開 商用利用可能な高解像度画像がダウンロード可能に
すごい。(2020/1/12)

電子ブックレット:
隈研吾氏設計のスコットランド美術館での施工BIM事例
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、スコットランドの美術館「V&A Dundee」での手戻り無しのBIM活用やトータルステーションとクラウドサービスを連携した3D墨出しに関する講演のレポートです。(2019/12/16)

ベラスケスのフェリペ4世が洪水で困惑 “気候変動の影響を受けた名画”、WWFとプラド美術館が制作
名画と気候変動の影響を受けた世界を掛け合わせています。(2019/12/10)

160カ国以上から来訪:
1年で230万人集客 順路なし、あえて“さまよう”美術館に外国人観光客の行列ができる理由
東京・お台場で2018年6月にオープンした美術館が、1年で約230万人が訪れる人気施設となっている。特に、外国人観光客が全体の5割を占めることが大きな特徴だ。同館を目的として東京を訪れる外国人が多いのはなぜか。施設の狙いと特徴を森ビルに聞いた。(2019/12/10)

三鷹の森ジブリ美術館「恥ずかしいものも含めてたくさん展示しました」 約20年の歩み振り返る企画展始まる
三鷹の森ジブリ美術館、約20年の歩み。(2019/11/16)

データが変えるミュージアムのユーザー体験【後編】
稼げるミュージアムは芸術や科学だけでなく「データ」を理解する
博物館や美術館(ミュージアム)の運営にデータ分析は重要な鍵になる。大規模ミュージアムではデータに関心を示すが、そうでないミュージアムも多く、情報格差が広がっている。(2019/11/11)

データが変えるミュージアムのユーザー体験【前編】
デジタルマーケティングで博物館や美術館はまだまだ進化できる
営利目的の企業と同様、ミュージアム(博物館や美術館)もユーザー体験を向上させ、入館者数を増やして利益を上げる方法を見極めるために、データを集め、分析をしている。(2019/11/5)

レトロかわいい「クリームソーダ」に「純喫茶パフェ」! 三菱一号館美術館のカフェで楽しむ喫茶メニューがおいしそう
JR東京駅から徒歩5分。(2019/10/29)

ジブリ美術館新企画展「手描き、ひらめき、おもいつき」展を開催 美術館約20年の歩みを宮崎駿監督の手書き資料で振り返る
チケットの予約は10月10日から。(2019/10/2)

弥生美術館・竹久夢二美術館「アンティーク着物万華鏡」展インタビュー&レポート むしろ着物警察こそ行くべし
(2019/9/26)

Eテレ「日曜美術館」で高畑勲特集 ゲストに片渕須直監督、「かぐや姫の物語」主演朝倉あき
9月8日9時〜9時45分に放送。(2019/9/1)

スマホをかざして美術作品を鑑賞 アプリなしで利用できる作品情報表示サービス――横浜美術館で実証実験開始
横浜美術館とNTTテクノクロスらは、横浜美術館で開催中の「横浜美術館コレクション展」で、美術作品にスマートフォンのカメラをかざすことで作品の詳細情報を表示するサービスの実証実験を開始。来場者は、特別なアプリなしでサービスを利用できる。(2019/8/7)

最速の美術館「現美新幹線」が新潟〜東京間で特別運転、東京駅へ初乗り入れ 10月5、6日運行
あの現代アート新幹線が東京駅まで来るよぉぉぉ!(2019/7/30)

墨出し・杭打ちBIM&クラウド連携セミナー:
隈研吾が設計したスコットランドの美術館で、Revitが活用された理由とは?
オートデスクは、現場と設計データの不整合による手戻りの解消を目的に、Autodesk BIM 360をはじめとするBIMソリューションの活用を推進している。(2019/6/25)

東京都美術館、トラブルへの対応について謝罪 漫画家・峰なゆかさんが殴られたとツイート
峰なゆかさんが車いすの男性に急に殴られたと報告していた件について、美術館側の対応に批判が集まっていました。(2019/6/17)

上半分が欠けた「モネの睡蓮」を復元、AIで色合い推定 国立西洋美術館が公開
国立西洋美術館と凸版印刷が、半分近くが欠けてしまったクロード・モネの絵画「睡蓮、柳の反映」の元の姿を推定し、復元した画像を公開した。AI技術を活用し、欠けた部分の色合いを推定したという。(2019/6/10)

3Dプリンタニュース:
スーパーモデルが3Dプリンタ製の衣装をまといファッションショー
GEアディティブは、デザイナーのZac Posen氏、Protolabsと共同で、3Dプリンタで作製した衣装のファッションショーをメトロポリタン美術館のMet Galaにて開催した。(2019/5/23)

「カードキャプターさくら展―魔法にかけられた美術館―」が大阪にやってくる! 新ビジュアル&新グッズも追加
たこ焼きを見せびらかすケロちゃんがかわいい。(2019/4/29)

ガラス張りの“見せる”施設:
ごみの“迫力”でお酒が進む? 美術館みたいな「ごみ処理施設」で大人の社会見学
「ごみ処理の様子を見ながらお酒を飲む」というイベントが話題になっている。なぜお酒を飲むイベントなのか。ごみ処理施設でどんなものを見られるのか。開催初日に、東京都武蔵野市の武蔵野クリーンセンターを訪れた。(2019/1/14)

フェルメールの全36作品がスマホアプリで鑑賞可能に ARの導入で美術館気分も味わえる
お好きな場所でフェルメール。(2018/12/7)

品川の「原美術館」、2020年12月に閉館 施設老朽化に伴い 群馬の別館に集約し「原美術館ARC」として継続
1930年代ヨーロッパモダニズムを取り入れた、実業家・原邦造氏の私邸を活用して1979年に開館。(2018/11/22)

ジブリ美術館1年半ぶりの新企画展示「映画を塗る仕事」展いよいよスタート 貴重なセル画約200点
貴重な資料がどっさり。(2018/11/16)

展示ケース内の汚染を長期間防ぐ新技術「ピクチャープロテクト」
大林組は、グループ会社の内外テクノスと共同で、美術館や博物館などに設置される展示ケースの内装材などから発生する有害ガスを抑制する空気質の汚染対策技術「ピクチャープロテクト」を開発した。施工直後から長期間にわたり、密閉した展示ケース内を良好な状態に保つことが可能になる。ピクチャープロテクトは、2019年1月をめどに内外テクノスで販売開始する予定。(2018/11/6)

米シカゴ美術館、5万超える芸術作品の画像をWebで公開 無料でダウンロードできる
クロード・モネの「睡蓮」、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」など。(2018/11/3)

KDDIら、5Gドローンのバーチャル飛行が体験できる実証実験を開催
KDDIらは、11月3日に5Gドローンを活用したバーチャル飛行体験ができる実証実験を実施。広島県・ふくやま美術館前広場で開催される「備後フィッシュフェス」で、4K高精細カメラで撮影した福山城周辺の空撮映像を半球状スクリーンにリアルタイム配信する。(2018/10/29)

いくつ知ってる? 旅好きが選ぶ「日本の美術館・博物館ランキング2018」発表
ロケーション込みで楽しめそうな施設が数多くランクインしました。(2018/10/23)

東京都美術館の「ムンク展」にポケモンコラボグッズ登場 ピカチュウやイーブイが「叫び」風にぐにゃ〜
「叫び」ポケモンをあしらったアクキーやiPhoneケースが販売。会場限定ポケモンカードの配布もあります。(2018/10/16)

ゴミか? 芸術か? 奇妙な芸術が続々登場する「バッドアート美術館展」開催
「無視するにはひどすぎる」な作品の数々。(2018/10/8)

VR空間の美術館で作品を間近で鑑賞できる 大日本印刷が「DNPバーチャルギャラリー」を開発
そのまま複製作品と交換できる機能も搭載。(2018/9/11)

作品を間近で鑑賞できる“VR美術館”、DNPが開発 美術館などに提供へ
大日本印刷がVR(仮想空間)空間に作られた美術館で、絵画や彫刻を実際に手に取っているかのように鑑賞できるシステムを開発した。美術館や出版社などに提供する。(2018/9/10)

人類のデータを未来に届けるストレージ
「5D光学ストレージ」とは? 360TBのデータを138億年保存する仕組み
5D光学ストレージは、360TBのデータを138億年もの長期間保存できる見込みがあると研究者は話す。美術館や公文書保管所など膨大な情報を保存する組織には有用かもしれない。今後数世紀にわたって進化するだろう。(2018/9/1)

CCさくらの展覧会、「カードキャプターさくら展 −魔法にかけられた美術館−」に決定 メインビジュアルの圧倒的かわいさよ……!
来場者にはCLAMP先生の描き下ろしオリジナルクリアカードが配布されます。(2018/8/30)

「絵みたいな穴」に落ちてしまう事故 ポルトガルの美術館で
確かに絵に見える……。(2018/8/21)

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」、東京と大阪で開催 大型描き下ろし原画12枚などグレートな展示が続々
東京は国立新美術館にて8月24日から10月1日まで、大阪は大阪文化館・天保山にて11月25日から2019年1月14日まで。(2018/6/21)

存命漫画家で初の「国立美術館で個展」:
ジョジョは「アート」だッ! 荒木飛呂彦さん、「歴史的」原画展開催へ
ジョジョの奇妙な冒険」の作者、荒木飛呂彦さんが8月に国立新美術館で個展を開く。実は存命の漫画家が国立の美術館で個展を開くのは初。(2018/6/21)

「目指すゴールと言ってもおかしくない」 香取慎吾、ルーブル美術館での初個展にアート脳を爆発させる
初個展の開催場所が豪華すぎる。(2018/5/28)

高畑勲さんお別れの会、ジブリ美術館で15日に開催
4月5日に死去したアニメ監督・高畑勲氏の「お別れの会」が5月15日、「三鷹の森ジブリ美術館」で開催される。一般の人も献花できる。(2018/5/2)

「高畑勲 お別れの会」、5月15日にジブリ美術館で ファンのために献花の時間も
参会の際は平服で。香典や供花の類は固く辞退するとのこと。(2018/5/1)

61万人を突破:
「レアンドロ・エルリッヒ展」閉幕 “インスタ映え”で歴代2位の入館者数
森美術館のレアンドロ・エルリッヒ展が閉幕。「インスタ映え」で話題になり、入館者数は61万人を突破し歴代2位に。(2018/4/4)

美術館で活用:
ハウステンボス、次は「変なアプリ」を展開
ハウステンボスは2月16日、AR(拡張現実)を活用した「変なアートアプリ」の提供を始めた。テーマパーク内の美術館にある作品を専用アプリでかざすと、アプリ上で作品の中の人物が語り出したり、音楽が流れるという。(2018/2/16)

「社畜あるある」を展示する架空美術館の紹介動画が地獄 「寝てない自慢」や「深夜の問い合わせ」を絵画や彫刻で表現
こうした理不尽な事象が“あるある”にならない社会を目指すのが動画の主旨です。(2018/1/24)

三鷹の森ジブリ美術館で新作アニメ「毛虫のボロ」上映 宮崎駿の新作
三鷹の森ジブリ美術館で、新作短編アニメーション「毛虫のボロ」が上映される。(2018/1/9)

宮崎駿監督の最新作「毛虫のボロ」が3月公開 14分20秒のオリジナル短編アニメーション映画
三鷹の森ジブリ美術館の映像展示室「土星座」で3月21日から。(2018/1/9)

発売前から大反響 フラットデザインのストレートケータイ「talby」(懐かしのケータイ)
マーク・ニューソン氏がデザインを担当した「talby」は、「au design project」から製品化された3機種目のケータイで、そのデザイン性の高さから、ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品にも選ばれています。(2017/12/23)

だまし絵の世界に飛び込もう! 東京・上野の森美術館にて「ミラクル エッシャー展」が開催決定
なんと、全点日本初公開作品です!(2017/12/23)

浦沢直樹展が山口県立美術館で2018年4月から開催 ストーリー構想メモや少年時代の漫画ノートも公開
浦沢直樹ファン必見。(2017/12/22)

2018年夏「荒木飛呂彦原画展」開催決定! 手塚治虫以来28年ぶり2人目、国立美術館で漫画家の個展
楽しみ。(2017/12/15)

名画「睡蓮の池」の中に入れるVR、ポーラ美術館で体験可能に 11月10日から土日限定で
クロード・モネの名画「睡蓮の池」の風景の中へ入ることのできるVRが登場。11月10日から土日限定で、箱根のポーラ美術館で体験可能。(2017/11/7)

浦沢直樹の新連載『夢印-MUJIRUSHI-』が10月20日スタート プロモーションムービーで第1話の一部カット公開
『夢印-MUJIRUSHI-』はフランス国内外の漫画家がルーヴル美術館をテーマに漫画を描く「ルーヴル美術館BDプロジェクト」作品の1つ。(2017/10/19)

連休におでかけしたい 旅行者が高評価の「博物館&美術館」
世界の人気博物館と美術館もあるよ。(2017/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。