ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「割引」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「割引」に関する情報が集まったページです。

楽天モバイルの機種変更キャンペーン、対象10モデルが通常価格から6000円割引に
楽天モバイルは、5月24日から「人気スマホへおトクに機種変更キャンぺーン」を実施。現在サービスを利用中のユーザーを対象に、対象スマホへの機種変更を通常価格から6000円割引する。ラインアップは「AQUOS zero SH-M10」「AQUOS R2 compact SH-M09」「AQUOS sense2 SH-M08」などで、オンライン・店舗で受付を行う。(2019/5/24)

KDDI、“4割値下げ”新プランでドコモに対抗 「容量上限なし」のプランも
KDDIは、新料金プラン「新auピタットプラン」「auフラットプラン 7プラス」を6月1日から提供する。いずれも各種割引を併用すると、従来プランよりも4割安くなる。(2019/5/13)

auが新料金プラン発表 5G時代を見据えた「原則無制限プラン」も
auが新料金プランを発表。「ピタットプラン」の内容を改訂した他、「フラットプラン」に「7GB+特定SNSフリー」の選択肢を導入し、5G時代を見据えた「原則データ無制限」なプランも用意する。これらの新プランでは家族割(複数回線割引)も導入される。【追記】(2019/5/13)

契約から1年間は月額980円から(割引最大適用時) ソフトバンクが6月から「スマホデビュープラン」を提供
ソフトバンクが、ケータイ(フィーチャーフォン)からスマートフォンへの移行を促すための専用料金プランを用意する。諸条件を満たすと、契約翌月から12カ月間は月額980円から、それ以降も月額1980円から使える。(2019/5/8)

Origami、松屋で毎回190円オフのキャンペーン プレミアム牛めし(並)なら半額相当に
Origamiは、5月8日から「オリガミで、半額。」キャンペーン第7弾を開催。松屋フーズのの運営する「松屋」「松のや・松乃家・チキン亭」「マイカリー食堂」「ヽ松」「ステーキ屋松」など1139店舗で300円(税込)以上の支払いが毎回190円割引となる。(2019/5/7)

ZOZO前澤社長“大誤算”?「ゾゾ離れ」招いた割引サービス終了、新事業は先行き不透明
 月旅行計画や1億円バラマキなどで世間を騒がせた末にツイッターを休止してから77日。ZOZO(ゾゾ)の前澤友作社長(43)は黙り続けてはいられなかった。同社がタイトルスポンサーを務める米ゴルフツアーでタイガー・ウッズ(43)の参戦が決まったことでツイートを再開。決算説明会でも中国進出など複数の新事業をぶち上げた。ただ、足元をみると、最終利益は20%減となり、「ゾゾ離れ」を招いた有料会員サービスも終了に追い込まれた。先行きについてもアナリストは不透明感が強いと指摘する。(2019/5/7)

アークが「令和改元記念キャンペーン」を実施中 デスクトップPCが最大7万7000円引き
パソコンSHOPアークが、5月1日から5月9日まで「改元記念BTOパソコン限定特価キャンペーン」を開催している。割引の対象となるのは同社オリジナルのゲーミングデスクトップPCだ。(2019/5/3)

ドコモ吉澤社長を悩ます、新料金プランの“誤解”
NTTドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」について、吉澤和弘社長は誤解しているユーザーがいることを明かした。「ファミリー割引」に加入していれば毎月500〜1000円割引となるが、そもそもファミリー割引に加入していないと勘違いする人が多いという。(2019/4/26)

端末価格が最大4万7000円オフ ゲオの「スーパーゴールデンウィーク」キャンペーン
ゲオは、4月27日〜5月6日に対象店舗でUQ mobileとOCN モバイル ONEの「格安スマホのりかえキャンペーン」の割引額を5000円上乗せするキャンペーンを実施する。UQ mobileでは端末代金が1台あたり最大4万7000円オフ、OCN モバイル ONEでは中古スマホまたは新品・中古のゲーム機本体が2万円オフとなる。(2019/4/26)

ZOZO、一律割引「ARIGATO」終了 開始からわずか半年
ZOZOTOWNの商品を10%引きで購入できる会員制サービス「ZOZOARIGATOメンバーシップ」が5月30日で終了。昨年12月25日にスタートしたばかりだったがブランド側の反発が大きく、ブランドの“ZOZO離れ”の理由になっているとも報じられていた。(2019/4/25)

キャッシュレス・ウィークに合わせた「au PAY」「au WALLET クレジットカード」のキャンペーン
KDDIは4月26日から始まる「キャッシュレス・ウィーク」にあわせ、「au PAY」や「au WALLET クレジットカード」のキャンペーンを開催。「au PAY」全加盟店で使える割引クーポンを配信する他、抽選で350人にau WALLET ポイントを2000ポイント、5万円以上の利用で35人に全額相当分ポイント還元を行う。(2019/4/25)

Origami、4月26日限定の20%オフクーポンをプレゼント
Origamiが、「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」に合わせ、4月26日のみ利用できる20%オフクーポンを3枚(最大割引額1000円)を発行する。26日の15時〜18時の間に決済した全てのユーザーへ後日100円オフクーポンも提供する。(2019/4/23)

ハウステンボス、料金体系を変更 シニアと未就学児は割安、ペットは入場無料に
ハウステンボスが料金体系を見直すと発表。「シニア」(65歳以上)の入場料を現行から1000円割り引く。入場料の区分に「未就学児」(4歳〜小学校入学前)も新設。入場券を「小人」(小学生)から最大3000円安くする。(2019/4/23)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(77):
Azureのマネージドディスク、大容量サイズ(P60/E60/S60以上)の一般提供開始
Azure仮想マシン専用のストレージサービスである「マネージドディスク(Managed Disks)」でプレビュー提供されてきた大容量サイズ(4TBより大きなサイズ)の一般提供が開始されました。プレビュー期間中の割引料金は2019年4月末で終了し、5月1日から正規料金での課金がスタートします。(2019/4/22)

「NuAns NEO [Reloaded]」の交換費用を割り引く「バッテリー修理キャンペーン」開催
トリニティは、4月19日に「NuAns NEO [Reloaded]」の有償修理時におけるバッテリー交換費用割引をスタート。FeliCa消去が伴うバッテリー交換費用は通常価格9350円(税別、以下同)を5000円、伴わない場合は通常価格4350円を3500円とする。上限は先着100台で、液晶修理などが伴う場合は別途費用が必要だ。(2019/4/19)

ドコモ新料金プランはどれだけ安い? 現行プランと徹底比較
NTTドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」が2019年6月1日から提供される。同社は現行プランよりも2〜4割安くなると説明するが、本当にそれだけ安くなるのか?「月々サポート」や「docomo with」の割引を含めると、どちらがお得なのか?(2019/4/19)

イヤフォンジャックから電源供給するスタイラスペン「SonarPen」
トライクは、4月15日にクラウドファンディングサイト「Makuake」でスタイラスペン「SonarPen」の先行予約販売を開始した。イヤフォンジャックから電源供給し、OSやデバイスを問わず利用可能。価格は3980円(税込)を予定し、早期予約割引として定価の10〜45%オフのコースを用意する。(2019/4/15)

ドコモが2〜4割引きの新料金「ギガホ」「ギガライト」発表 6月1日スタート
NTTドコモが、新料金プランを2種類発表。月額6980円で月間30GBの高速通信に対応する「ギガホ」と、月額2980円から利用できる4段階定額「ギガライト」の2本立てで、両者ともに「音声通話」「ISP」「データ通信」をパッケージとしている。(2019/4/15)

ドコモオンラインショップの「SPECIAL CAMPAIGN」、dポイント還元を5月31日まで延長
NTTドコモが、オンラインショップで実施している「SPECIAL CAMPAIGN」の一部施策を2019年5月31日まで延長する。同キャンペーンでは、対象機種の購入で5184円の割引を受けたり、大幅割引で対象スマホを購入したりできる。延長するのは「SPECIAL DAYS!」という施策。(2019/4/2)

総務省はなぜ「分離プラン」を徹底させたいのか? 電気通信事業部長に聞く
2019年のモバイル業界は、通信料金と端末代金を分けた「分離プラン」によって変わろうとしている。分離プランでは、通信契約を伴う端末代金の割引や、端末購入に伴う通信料金の割引が禁止となる。総務省が分離プランを推進する狙いはどこにあるのか?(2019/3/29)

中国では既に普及:
あなたの信用度、採点します! 「信用スコア」ビジネスのカベは監視社会への嫌悪感
個人データを収集・分析して社会的信用力を数値化する「信用スコア」ビジネスをめぐり、企業の参入が相次いでいる。先行してサービスが普及している中国では、特別な金利で融資を受けられたり、サービスの先行予約・割引などが受けられたりしている。ただ、日本では民間会社のアンケートで、「監視されているようで気持ちが悪い」という意見が多く、普及の壁となりそうだ。(2019/3/26)

PR:セットで買えるスマホが100円から! 「IIJmio」の大特価キャンペーンを見逃すな
IIJが、端末代金と通信料金を大幅に割り引くキャンペーンを実施。人気のSIMロックフリースマートフォンを100円からの大特価で販売する他、毎月の通信料を3カ月にわたって1300円割り引く。格安SIMへの乗り換えを検討している人は、今が最大のチャンスだ。(2019/3/25)

iPhone 8(64GB)が一括約2万円に、iPhone XS/XS MaxやiPadも大幅割引 ドコモが「端末購入サポート」拡大
NTTドコモが、3月20日から端末購入サポートに「iPhone 8」「iPhone XS」「iPhone XS Max」と「iPad」「iPad mini4」を追加した。最大で9割ほどの割引を受けられる。端末購入サポートは、対象機種を12カ月間使い続けることを前提に、端末代金を割り引くサービス。(2019/3/23)

ドコモ「月サポ」終了を検討
NTTドコモが、携帯電話端末の購入と回線契約をセットにした割引の新規契約の終了を検討していることが20日、分かった。端末の購入代金と毎月の通信料金を一体化したプランが禁止される方向になったことに対応する。その上で、来月にも通信料金を2〜4割引き下げる新たな通信プランを発表する方針だ。(2019/3/22)

Mobile Weekly Top10:
どうしても気になる「分離プラン」 割り引きはどうなる?/決済に「スマホ」「QR」は必要?
総務省が法令改正で義務化する「分離プラン」。端末購入に伴う通信料金の割り引きはできなくなりますが、端末自体の割り引きは可能です。制度設計によっては端末の売れ行きに急ブレーキが掛かり、同省が推進しようとしている中古端末の流通にも悪影響が出るかもしれません。(2019/3/19)

モバイルフォーラム2019:
分離プランで“端末割引”はどうなる?/接続料によらない仕組みとは?
テレコムサービス協会のMVNO委員会が主催した「モバイルフォーラム2019」では、「激動のモバイル業界 MVNOの発展に必要な競争環境とは?」と題して関係者によるパネルディスカッションが行われた。前編では、ドコモの値下げや分離プラン、接続料の話題を紹介する。(2019/3/15)

セカンドスクリーン付きiPhoneケース「InkCase」、75%割引からさらに20%割引に
Oaxis Japanは、3月14日から4月30日まで「2019年新生活キャンペーン」を実施。背面にセカンドスクリーンを備えた「InkCase IVY for iPhone 7/8ケース」を通常より75%オフのAmazon価格から、さらに20%オフで販売する。画像表示に実質的な電力消費がないEインクスクリーンのため、バッテリーを消費せずに画面を維持することが可能だ。(2019/3/15)

「au自動車ほけん」4月上旬に開始、「au助手席ナビ」にドラレコ機能の提供も
KDDI、au損害保険は、4月上旬に「au自動車ほけん」の提供を開始。au携帯電話の利用者は最大1万1000円の割引を受けられるほか、KDDIが提供する「au助手席ナビ」に追加される保険契約者専用機能や一部有料会員向け機能を無料で利用可能となる。ドライブ開始前に起動して一定の条件を達成すると、ソフトドリンクやアイスクリーム引き換え券などの特典も付与される。(2019/3/12)

法改正で義務化へ:
端末割引はOK、docomo withはNG 「完全分離プラン」の中身を整理する
総務省は、3月5日に「電気通信事業法の一部を改正する法律案」の閣議決定を行った。この法改正が国会で可決されれば、分離プランは法律で義務化される。そもそも分離プランとは何か。義務化で何が変わるのか。(2019/3/12)

LINEモバイルの端末割引セール 「Moto E5」「AQUOS sense2」を1万4800円から
LINEモバイルは、3月6日に「LUCKY FESTIVAL」第2弾として人気端末の割引セールを開催。4000mAhの大容量バッテリーや画面を備えた「Moto E5」を一括価格1万4800円(税別)、防水やおサイフケータイなどの便利機能を多数搭載した「AQUOS sense2 SH-08」を一括価格2万9980円(税別)で提供する。(2019/3/6)

iPhone XR購入で7万円割引 auショップがMNP対象で
auショップがMNP対象のiPhone XR購入で最大7万200円割引キャンペーン開催中だ。(2019/3/6)

Pixel 3が機種変更でも一括3万円弱 ドコモ「端末購入サポート」対象機種が拡大
12カ月間機種変更しないことを条件に、端末代金を直接割り引くNTTドコモの「端末購入サポート」。3月1日から対象機種が拡大されたが、注目は2018年冬モデルである「Google Pixel 3」。機種変更でも一括価格が税込みで3万円を切っている。【追記】(2019/3/1)

「ZOZO離れ」歯止め不透明……割引表示「軌道修正」も新たな離脱組
有名ブランドの撤退が相次いでいるZOZO(ゾゾ)が、原因となった割引キャンペーン制度の価格表示について軌道修正した。一連の“ゾゾ離れ”についても公式に言及、「出品点数は増えている」と強調したが、夕刊フジの取材では新たな「離脱組」も出ており、歯止めとなるかは不透明だ。(2019/3/1)

“ZOZO離れ”報道に対し、ZOZOは「全体に与える影響は限定的」とコメント 割引価格非表示の新機能も追加
大手衣料ブランドがZOZOTOWNから撤退しているとの報道を受け、運営会社のZOZOは「影響は限定的」とコメントを発表した。(2019/2/26)

ソフトバンク、ケータイからスマホへの移行で端末代1万800円引きのキャンペーン
ソフトバンクは、3月1日に「スマホスタート割」を提供開始。各種フィーチャーフォンからスマートフォンへ機種変更またはMNP時に「ウルトラギガモンスター+」または「ミニモンスター」へ加入すると機種代金が1万800円割引となる。終了時期は未定で、学割放題との同時加入はできない。(2019/2/25)

iPhone 7の32GBモデルが「docomo with」入り 一括4万円程度
特定端末の購入で次回機種変更まで1500円(税別)の料金割引が継続する「docomo with」。その対象モデルに2月27日から「iPhone 7」の32GBモデルが追加される。(2019/2/19)

G-Tune、ゲーミングPCを期間限定で割引する「EVO Japan 2019」出展記念セール 2月28日まで
マウスコンピューターは、福岡で開催されるゲームイベント「EVO Japan 2019」への出展を記念したセールを開始した。(2019/2/14)

Xperia XZ1 Compactが機種変更でも一括648円に ドコモが「端末購入サポート」の対象を拡大
NTTドコモが、2月8日から「端末購入サポート」の対象を拡大した。「Xperia XZ1 Compact SO-02K」「Xperia XZ1 SO-01K」「arrows NX F-01K」の新規契約か機種変更でも割引を受けられる。一括648円か1万368円に。(2019/2/8)

「らくらくスマートフォン me F-01L」の予約受付が開始 価格は4万3416円(税込)
NTTドコモは、2月6日に富士通コネクテッドテクノロジーズ製の「らくらくスマートフォン me F-01L」の予約受付をスタート。価格は4万3416円(税込)で、発売は2019年春を予定している。月額1500円を半永久的に割り引く「docomo with」の対象機種となる。(2019/2/6)

iPhoneや最新Androidが5184円引き、一括648円の機種も ドコモオンラインショップで大型キャンペーン
ドコモオンラインショップで「SPECIAL CAMPAIGN」を実施。対象機種の購入で5184円引き、一括または実質648円までの割引などを行う。期間は2月1日から5月31日まで。(2019/2/6)

Origami Pay、銀行口座からの即時支払いで1%オフのキャンペーン
Origamiは、2月7日からOrigamiアプリの支払い方法として銀行口座を登録し、即時支払すると割引になるキャンペーンを開催。店舗によって2%や10%などの即時割引を行っているが、銀行口座からの支払いでさらに1%割引する。(2019/2/5)

Origami Pay、ケンタッキーで500円以上が何度でも半額になるキャンペーン
Origamiは、2月13日から「オリガミで、半額。」キャンペーン第3弾を実施。ケンタッキーフライドチキンのOrigami Pay導入店舗116店で、500円以上の支払いが何度でも即時半額となる。期間は2月19日までとなり、最大割引金額は1000円。(2019/2/4)

G-Tune、「Team:GODSGARDEN」お勧めゲーミングPCを期間限定で5000円引き
マウスコンピューターは、同社がスポンサーを務める「Team:GODSGARDEN」推奨のゲーミングPCの割引販売を開始した。(2019/1/31)

「Pixel 3」機種代金を1万800円割引 ソフトバンクがキャンペーン、30日から
ソフトバンクが「Google Pixel 3」「Google Pixel 3 XL」の機種代金から1万800円を割り引くキャンペーンを始める。(2019/1/28)

石野純也のMobile Eye:
UQが“WiMAX 2+と格安SIMのセット割”に踏み込んだ理由 野坂章雄社長が語る
UQコミュニケーションズが、UQ mobileとWiMAX 2+対応Wi-Fiルーターのセット割「ギガMAX月割」を開始する。UQコミュニケーションズの野坂章雄社長は、金額ではなく「割引があることが重要」だと話す。ユーザー層も変わってきているという。(2019/1/26)

iPhone XR機種代金から1万800円割引 ソフトバンクがキャンペーン
ソフトバンクが、iPhone XRの機種代金から1万800円を割り引く「iPhone XR ハッピープライスキャンペーン」を始める。iPhone XRを購入し、通話基本プランの2年契約などに加入した人が対象。(2019/1/25)

「iPhone XR」が1万800円引きに ソフトバンクがキャンペーン
ソフトバンクが、iPhone XRの端末代から1万800円を割り引くキャンペーンを行う。1月30日から。通話基本プランの2年契約/2年契約(フリープラン)への加入が必要。(2019/1/25)

UQ mobileとWiMAX 2+の契約で月300円を割り引く「ギガMAX月割」 3月1日から
UQコミュニケーションズが、UQ mobileとWiMAX 2+を契約すると、毎月300円を割り引くサービスを発表。3月1日から申し込みを受け付ける。既存ユーザーにも適用される。(2019/1/21)

止まらない“ZOZO離れ”……一律割引「ARIGATO」にブランド困惑
オンワードにミキハウス……。ZOZOTOWNから有名ブランドが続々と退く姿勢をみせている。同様に撤退を決めた有名アパレルブランドの役員が夕刊フジの直撃に「あまりにもビジネスの方向性として合致しない」とZOZOの経営手法に首をかしげた。(2019/1/21)

止まらぬZOZO離れ……「ミキハウス」も出品見合わせ 全10%割引「ARIGATO」で
「1億円のお年玉企画」や「月旅行」などが話題のZOZO前澤友作社長だが、有名ブランドの“ゾゾ離れ”が止まらない。昨年末にオンワードがZOZOTOWNから退店を決めたのに続き、大手子供服ブランド「ミキハウス」も出品を見合わせたことが夕刊フジの取材で分かった。(2019/1/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。