ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「割引」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「割引」に関する情報が集まったページです。

MVNOサービス「LinksMate」、33種類×3にプランを増設 8万円台の1TBプランも
LogicLinksは、12月20日にプランを全99種類に増設。あわせて新規契約者の初期費用の最大1万円割引や計600人に最大5000円分のポイントをプレゼントする「プラン大増設記念キャンペーン」も行う。(2019/12/20)

「auの学割」、15歳以下の「新auピタットプランN」ユーザーも対象に
KDDIは、2020年1月10日から15歳以下のユーザー向けにを「auの学割」の割引対象料金プランに追加。利用料金を最大12カ月間1000円割引し、データ容量を1GB増量する。(2019/12/18)

PR:LINEで投資ってどんな感じ? LINE証券で「株のタイムセール」に参加してみた
最大7%割引で株が買えるぞー。(2019/12/18)

UQ mobile、かけ放題やメールサービスが無料になる「シニア割(60歳以上)」
UQ mobileは、12月18日にキャンペーン「シニア割(60歳以上)」を開始。国内通話がかけ放題になる月額1700円(税別)の「かけ放題(24時間いつでも)」を最大1700円割引するほか、月額200円(税別)のメールサービスを無料とする。(2019/12/16)

餃子の王将、500円分の割引券をお客全員にプレゼント 12月24・25日の2日間
52年目の「創業祭」で。(2019/12/10)

車両デザイン:
壊れにくく直しやすいクルマの保険料割り引き、軽自動車でもスタート
ダイハツ工業とあいおいニッセイ同和損害保険は2019年12月2日、2020年1月から軽自動車「タント」に車両保険料10%割引きを適用すると発表した。(2019/12/4)

DiDi、毎日20〜24時の乗車料金を20%割り引く「忘年会キャンペーン」
DiDiモビリティジャパンは、11月28日〜12月16日に毎日20〜24時のタクシー乗車料金を20%割引する「DiDiで#スマート帰タク 忘年会キャンペーン」を開始。割引は1日2回、上限は2000円/回まで。(2019/11/29)

「auの学割」改定 MAXプランは対象期間が1年間、月額2400円引きに
KDDIは「auの学割」で「auデータMAXプラン Netflixパック」「auデータMAXプランPro」の割引内容を変更。割引期間を「最大6カ月間」から「最大1年間」に、割引額を「月額1400円」から「月額2400円」に変更する。(2019/11/28)

12月の「au PAY」キャンペーン、週末に使える20%割引クーポン、au Wowma!で20〜25%還元など
KDDIが、コード決済「au PAY」向けのキャンペーンを12月に実施する。飲食店、エンタメ店鋪、ドラッグストアの対象店舗で、週末にau PAYと一緒に利用できるクーポンをプレゼントする。「au Wowma!」では20%還元キャンペーンを実施し、三太郎の日には25%を還元する。(2019/11/28)

UQ mobileの「UQ学割」が13カ月の割引に延長、データ増量キャンペーンも
UQ mobileは、提供中の「UQ学割」で一部プランの割引期間を延長。対象となる学生は割引期間が6カ月から13カ月に延長となる。「au ID」を登録して「スマホプラン」を契約したユーザーのデータ容量を13カ月間増量するキャンペーンも行う。(2019/11/28)

LINE Pay、12月に「クーポン祭」開催 加盟店での買い物を割引 コンビニ3社など対象
LINE Payが新たなキャンペーン「年末感謝クーポン祭」を行うと発表。「LINE Pay」での買い物代金を割り引くクーポンを全ユーザーに付与する。開催期間は12月1日〜31日。クーポンはセブン-イレブン、ファミリーマートなどの加盟店で利用できる。(2019/11/26)

月額1000円×13カ月割り引きの「ワイモバ学割」開始 「データ増量無料キャンペーン2」も
ソフトバンクが、Y!mobileユーザー向けの学割「ワイモバ学割」を2019年11月29日から実施する。5〜18歳のユーザーやその家族の月額料金を1000円×13カ月間割り引く。データ増量オプションの月額500円を13カ月間無料とするキャンペーンも実施する。(2019/11/25)

サイコム、デュアル水冷PCの値引きなどを利用できる「冬のボーナスキャンペーン」
サイコムは、各種割引特典を用意した「冬のボーナスキャンペーン」の開始を発表した。(2019/11/22)

「OCN モバイル ONE」が月額980円〜の新料金プラン発表 “業界トップ返り咲き”を狙う
NTTコミュニケーションズが、「OCN モバイル ONE」向けの新料金プランを発表。光回線とのセットによる割引きにより、音声対応SIMで月額980円から利用できる。200kbpsの低速でも快適に利用できるよう、ネットワークの品質改善も行う。(2019/11/20)

UQ mobile、18歳以下と家族の料金を6カ月割り引く「UQ学割」開始
UQ mobileは、11月15日から「UQ学割」を提供開始。18歳以下とその家族の月額基本料金を、6カ月間最大1000円割り引く。(2019/11/13)

【Amazon.co.jp】Nintendo Switchでインディーゲームを買うとスタンプがもらえるキャンペーン 最大550円分の割引クーポンに
インディーゲームの面白さを知ってくれ!(2019/11/14)

12月に「ドコモの学割」開始 25歳以下の月額料金を1年間最大1500円引き
NTTドコモは、25歳以下のユーザーを対象とした「ドコモの学割」を実施する。「ギガホ」か「ギガライト」を契約すると、月額最大1500円を1年間割り引く。申し込み受け付け期間は2019年12月1日から2020年5月31日まで。(2019/11/12)

Apple Storeで3キャリアのiPhone 11シリーズを割り引き 6万6800円(税別)から
Appleは、3キャリアが扱う「iPhone 11」シリーズを、Apple Storeで割引価格で販売している。iPhone 11が6万6800円から(8000円引き)、iPhone 11 Proが9万8800円から(8000円引き)となる。一括払いか、金利なしの分割払いも可能。(2019/11/8)

携帯3社の中間決算、営業益で明暗
 携帯電話大手3社の令和元年9月中間連結決算が5日、出そろった。10月からの端末代金割引などの規制変更への対応で顧客を囲い込むための費用がかさみ、NTTドコモとKDDIが営業減益となった一方、契約数が伸びたソフトバンクは増益を確保した。(2019/11/6)

LINEモバイルが「HUAWEI P30」「OPPO Reno A」を1万円引き
LINEモバイルは人気端末の割引セールとして「2019 格安スマホ大感謝祭」を開始。期間は11月1日から12月2日まで。期間中に「HUAWEI P30」「OPPO Reno A」「moto e5」の3機種を最大1万円値引きで販売する。(2019/11/1)

インバウンド呼び込み 銭湯が民泊とタッグ
 銭湯が民泊と連携し訪日外国人客(インバウンド)を呼び込もうとする取り組みが、大阪で進んでいる。利用客の激減で先細りする銭湯にとっては窮余の一策だが、体験型の観光を提供できる上に浴室を清掃する手間が省けるなど、民泊にもメリットはある。さらに周辺の商店にも足を延ばしてもらおうと、割引などの特典を受けられる仕組みを考案し、年内の導入に向けて準備を進めている。(北村博子)(2019/10/31)

11月1日に「auの学割」開始 大容量プランで最大1400円を6カ月間割り引き
KDDIが、25歳以下のユーザーを対象とした新たな学割サービス「auの学割」を11月1日から提供する。月額500円〜1400円を、6カ月間割り引く。対象プランは大容量プランが中心。(2019/10/30)

ドコモ、スマホへの乗り換えで音声オプション(月額700円※60歳以上)と端末代金(最大2万円)を割り引き
ドコモが、ケータイからスマートフォンに乗り換えたユーザー向けの施策を開始。60歳以上のユーザーが乗り換えると音声オプションから月額700円を12カ月間割り引く。スマートフォンを購入すると、端末代金から最大2万円を割り引く。(2019/10/29)

ドコモが「iPhone 8(64GB)」を値下げ&割り引き MNPなら4万7520円(税込み)に
NTTドコモが、10月19日から「iPhone 8(64GB)」を6万7320円から5万8520円に値下げした。合わせて、同社が10月12日から実施している「端末購入割引」の対象に加えた。iPhone 8(64GB)は価格変更に伴い、「スマホおかえしプログラム」の対象外となった。(2019/10/21)

UQ mobileの端末割引は「検討中」 秋冬モデル発売までに発表?
UQ mobileの秋冬モデルが登場。ミッドレンジの4機種をそろえたが、価格や割引施策は未定。セット端末を購入するのは、新たな割引施策が発表されるまで待った方がよさそうだ。(2019/10/15)

MVNOに聞く:
改正法の影響は? ビッグローブ有泉健社長に聞く「BIGLOBEモバイル」の今後
ビッグローブがMVNOサービスを「BIGLOBEモバイル」に一新し、“SIM替え”を打ち出してから2年がたった。一方で同社は100万契約未満のMVNOながら、10月1日に施行した改正・電気通信事業法の影響を受け、端末割引や長期契約の違約金などの制限が適用される。この状況に対し、同社はどのような手を打っていくのか。(2019/10/15)

Y!mobileの秋冬モデルは“価格”重視 「2万円以内の端末割引」も適用
ソフトバンクが10月7日、Y!mobileブランドでの2019年秋冬モデルを発表した。新機種はミッドレンジを中心にそろえ、端末割引を含めると、1万円未満で購入できるモデルもある。Y!mobileでは初となる「Xperia 8」も投入する。(2019/10/7)

PR:家族での乗り換えが便利に! この冬は「IIJmio」でお得に格安SIMデビューしよう
家族で乗り換えるべき格安SIMとしてオススメしたいのが「IIJmio」だ。9月24日から、家族でスムーズに乗り換えられるようサービスを改善した。さらに、家族にオススメの「ファミリーシェアプラン」を割り引くキャンペーンも実施している。今が家族で乗り換えるチャンス!(提供:IIJmio)(2019/12/6)

au、月額料金が6カ月間1000円割引になる「スマホ応援割20」
KDDIは、10月1日に「スマホ応援割20」の提供を開始。新規契約・機種変更時に「auフラットプラン20N」へ加入または契約していると、申し込み翌月から6カ月間、月額料金が1000円割引となる。(2019/10/1)

auがiPad(第7世代)を10月4日に発売 32GBモデルは5万5440円
auが第7世代のiPadのWi-Fi+Cellularモデルを10月4日に発売する。32GBモデルは一括5万5440円で、32GBモデルで各種割引を適用した場合の実質負担額は3万3440円となる。(2019/9/30)

KDDI、端末最大半額プランを見直し 政府指摘で割引幅縮小へ
KDDI(au)は携帯電話端末を48カ月の分割払いで購入すれば「最大半額」にするとうたったプランを11月にも見直す方針を固めた。端末代の割引幅は半額より小さくなる見通し。対象を自社回線の契約者に限定し、月額390円の利用料も撤廃する。現行プランの仕組みや広告表示に対する政府の指摘や批判を受け、全面的な見直しを余儀なくされる。(2019/9/30)

山根康宏の中国携帯最新事情:
韓国の5G加入者が300万人を突破! 中国メーカーの5Gスマホ上陸はあるか
2019年4月に5Gサービスを開始した韓国では、順調に加入者を増やし、9月9月には300万契約を突破した。消費者が実際に5Gを利用できる端末の種類は多くないが、5G端末を通信事業者は大幅に割引販売している。中国メーカーが、5G端末によって韓国でシェアを伸ばす可能性がある。(2019/9/29)

消費者庁、携帯端末代金「最大半額」の広告に注意喚起
消費者庁は26日、一部の携帯電話事業者による端末代金の「最大半額」の広告で消費者が不利益を被る恐れがあるとして、注意喚起すると発表した。KDDI(au)とソフトバンクが今月発表した端末購入プランで端末代の割引を受けるには月々の利用料がかかるなど半額以上の経済負担が生じるため、広告が誤解を与えかねないと判断した。(2019/9/27)

消費者庁、携帯端末代金「最大半額」の広告に注意喚起
 消費者庁は26日、一部の携帯電話事業者による端末代金の「最大半額」の広告で消費者が不利益を被る恐れがあるとして、注意喚起すると発表した。KDDI(au)とソフトバンクが今月発表した端末購入プランで端末代の割引を受けるには月々の利用料がかかるなど半額以上の経済負担が生じるため、広告が誤解を与えかねないと判断した。(2019/9/26)

楽天モバイル、9月24日に「Galaxy A7」「AQUOS sense3 lite」など7機種を発売 台数限定キャンペーンも
楽天モバイルは、9月24日から新製品7機種を発売。新製品の発売を記念し、台数限定で「OPPO Reno A 128GB」「AQUOS sense3 lite」「arrows RX」を2000円〜3000円割引するキャンペーンや「楽天スーパーポイント」のプレゼントも実施する。(2019/9/24)

経産省、スマートホーム事業者に“販促”補助金 割引キャンペーン実施を後押し
経済産業省が、IoT機器を活用したスマートホーム向けサービスを展開する事業者に補助金を与える制度「LIFE UP プロモーション」を10月1日から始める。(2019/9/24)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクとKDDIが分離プランで「最大半額割引」を投入――改正法の抜け穴を見抜けない総務省は節穴か
ソフトバンクとKDDI(au)が、「48回払い」と「端末返却」を前提とする端末購入支援プログラムをリニューアル。従来と異なるのは回線契約を必要としない点で、改正法の「抜け穴」を付いたともいえる。早速、異義をとなえる人も出てきた。(2019/9/20)

ドコモ、10月1日から解約金を1000円に値下げ dカードで携帯料金を払えば解約金なしに
NTTドコモが、2019年10月1日から2年契約プランの解約金を値下げする。対象は「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」。dカードで携帯料金を支払うと、2年契約プランの割引を受けつつ、解約金がなしになる。(2019/9/17)

携帯料金 A to Z:
分離プラン時代の長期利用特典は? 3キャリアの内容をチェック
分離プランが主流になり、大容量と段階制の2種類のプランをそろえた大手3キャリア。総務省の有識者会議では、長期利用割引は「1カ月分の料金まで」とする案も出ている。大手3キャリアの新プランでの長期特典について確認した。(2019/9/16)

ドコモが「iPhone XR」の割引額を増額 「iPhone 8(64GB)」は6万円台に割引
NTTドコモが、9月14日から「端末購入割引」の割引額を増額する。対象は「iPhone XR(64GB)」「iPhone XR(128GB)」「iPhone XR(256GB)」。さらに、「iPhone 8(64GB)」を端末購入割引に追加する。(2019/9/15)

ドコモ、「iPhone XS/XS Max(512GB)」の割引額を増額 約3万円引きに
ドコモが、「iPhone XS(512GB)」と「iPhone XS Max(512GB)」の割引額をアップ。9月13日から、約3万円引きとなる。いずれも「スマホおかえしプログラム」の対象。(2019/9/13)

KDDIが新料金プランを発表 料金据え置きで解約金が1000円に
KDDIが、2019年10月1日から新料金プランを提供する。月額料金は据え置きだが、新たに「2年契約N」を適用できる。解約金が1000円となり、2年契約Nの割引額は月額170円になる。(2019/9/12)

吉野家で「PayPay」「メルペイ」などのコード決済を導入 「LINE Pay」は200円割引
吉野家は、9月10日に国内1182店舗でキャッシュレス決済サービス「PayPay」「LINE Pay」「メルペイ」「Alipay」に対応。「LINE Pay」では、9月23日まで200円引きクーポンをプレゼントする。(2019/9/10)

次期iPhoneはどうなる?:
端末割引が規制される中、新型iPhoneの価格はどうなる?
日本時間で9月11日に発表されることが予想される新型iPhone。2019年10月から施行される改正電気通信事業法では端末値引きが制限されるため、特に「価格」が気になる。3キャリアはどんな施策を行うのか。またAppleの直販価格は?(2019/9/10)

ソフトバンク、顧客への縛り残す 端末半額免除
ソフトバンクが携帯電話端末を最大半額近く割り引く購入補助策を維持するのは、米アップルの「iPhone」など高額端末を購入しやすくするのが狙いだ。法改正への対応で自社の回線の継続利用という条件を取り払ったが、一方でソフトバンクが指定する新機種の購入という新たな条件が設定されるほか、端末は100日間ソフトバンク以外利用できない「SIMロック」がかかっているなど、顧客への縛りは残る。(2019/9/10)

TOHOシネマズ、LINE Pay支払いでチケットを1200円に割引 毎月第3木曜日に
初回は9月19日。(2019/9/9)

タクシーは“センシングカー” 配車アプリ、真の狙いはビッグデータ活用 
スマートフォンアプリを使ってタクシーを呼ぶことができる配車アプリ。IT企業の参入が相次ぎ、全国での普及に向けた割引キャンペーンを繰り広げている。だが、割引サービスや全国展開などの投資が各社の負担になっており、見合う利益はすぐには得られない。それでも手綱を緩めない本当の狙いは、タクシーを“センシング(計測)カー”として集めたビッグデータが、次のビジネスにつながるからだ。(2019/9/9)

携帯料金 A to Z:
月額980円から 3キャリアの「ケータイ→スマホ乗り換えキャンペーン」をおさらい
3キャリアはケータイからスマートフォンへの乗り換えを促すキャンペーンを積極的に展開している。NTTドコモとauは指定のプランを契約することで一定額を割引し、ソフトバンクは専用のプランを提供している。スマホ乗り換え施策の違いを確認しよう。(2019/9/6)

ドコモ、「iPhone XR」や「Pixel 3」など8機種に“端末購入割引”実施
ドコモが、iPhoneやAndroidスマートフォン8機種で「端末購入割引」を行う。期間は9月5日から30日まで。Pixel 3は約2万円にまで割り引かれる。(2019/9/5)

携帯料金 A to Z:
ドコモ新プランが魅力的でも、「端末購入サポート」でスマホを買った人は要注意
ドコモの新料金プラン「ギガホ/ギガライト」に乗り換えると、逆に損をする場合がある。「docomo with」を契約していた場合や、「月々サポート」の割引がまだ残っていることが、こうしたケースに該当する。加えて、「端末購入サポート」の規約にも注意しなくてはならない。(2019/9/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。