ニュース
» 2015年09月04日 10時40分 UPDATE

カラーもユニーク:ボーズ初のカナル型イヤフォン「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」が登場

ボーズは同社としては初となるカナル型イヤフォン「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」を発表した。小型の密閉型ハウジングに新開発のダイナミック型ドライバーを搭載している。

[ITmedia]

 ボーズは9月4日、同社としては初となるカナル型イヤフォン「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」を発表した。9月18日にApple製品対応モデルとスマートフォン対応モデルを発売する。価格は1万7000円(税別)。

ts_bose01.jpg ユニークなカラーリングが目をひく「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」の「フロスト」(霜柱の意味)

 小型の密閉型ハウジングに新開発のダイナミック型ドライバーを搭載。イヤーチップは先端を円錐形として遮音性を高めており、音漏れを防ぐとともに「深く没入していくようなサウンドを極めて広い帯域にわたって体感できる」(同社)という。

ts_bose06.jpgts_bose07.jpg Apple製品対応モデルには「チャコール」(左)と「フロスト」(右)の2色をラインアップ

 またケーブルの分岐点をT字型にデザインすることにより、タッチノイズを軽減。服とケーブルがこすれる音も伝われにくく、よりサウンドに集中できるとしている。さらに汗などに強い防滴仕様のため、エクササイズなどにも適している。

ts_bose02.jpg ケーブルの分岐点をT字型にデザインすることにより、タッチノイズを軽減

 Apple製品対応モデルとスマートフォン対応モデルはそれぞれマイク付きリモコンをケーブスに装備。着信応答や通話に加え、音楽再生時の再生/停止や音量調整といった操作が可能だ。

ts_bose03.jpg マイク付きリモコンを装備

 本体カラーもユニーク。シックな「チャコール」(墨)と青みがかった淡いグレーが印象的な「フロスト」(霜柱)の2色が用意されており、ケーブルも同色のツートン仕様になっている。なお、スマートフォン対応モデルはチャコールのみだ。

ts_bose014.jpgts_bose05.jpg 同色のキャリングポーチが付属する

 付属品は、カラーと同色のキャリングポーチ、S/M/Lサイズの「StayHear Ultra」イヤーチップ、コードクリップ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.