ニュース
» 2015年09月14日 14時10分 UPDATE

米国オンエアから11時間後、日本最速放送スタート!:dTV、米ドラマ「ウォーキング・デッド シーズン6」を10月12日に国内最速配信

映像配信サービス「dTV」は、10月12日からCS放送「FOXチャンネル」の最新作「ウォーキング・デッド シーズン6」の配信を開始する。全16話の字幕配信。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 エイベックス・デジタルは9月14日、定額制映像配信サービス「dTV」の「FOXチャンネル」にて、人気米国ドラマの最新作「ウォーキング・デッド シーズン6」を日本最速で配信すると発表した。米国での本放送から11時間後の配信となる。

hm_dt01.jpg 人気米国ドラマの最新作「ウォーキング・デッド シーズン6」(c)2015 AMC FILM HOLDINGS LLC. All rights reserved.

 配信時間は、第1話が10月12日21時〜22時30分(第1話のみ90分)、以降毎週月曜日21時〜22時で、全16話を字幕配信する予定だ。見逃し配信は放送4日後の0時から実施する(第1話は10月16日0時〜)。

 dTVは、月額500円(税別)の定額制配信サービス。回線にとらわれず利用できるキャリアフリーのVODでもある。5月からCS放送「FOXチャンネル」をチャンネルの1つとして導入し、dTV会員であれば、FOXチャンネルをリアルタイムで視聴できる。

hm_dt02.jpg

 同チャンネルでは、日本初配信となる「銃弾の副作用」を9月13日にリアルタイム配信した。10月23日には、海外ドラマ最新作「BONES シーズン10」のリアルタイム配信も予定している。

あらすじ「ウォーキング・デッド シーズン6」

 ベストセラーのアメコミ"The Walking Dead"を原作にしたパニック・サバイバル・ドラマ。”ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカで、昏睡(こんすい)から目覚めた元保安官リックが、生存者たちと共に救いの地を求めて旅を続けていく。

 コミュニティーを守るために、住人たちに共に立ち上がるよう呼びかけたリック。迫りくるであろうウォーカーの大群や様々な外敵に対処するため、リックはこれまで以上に鬼気迫る、強烈なリーダーシップを見せつける。常軌を逸した彼の言動に反発する者の姿も見え隠れしていく中、シーズン1の第1話に登場した最初の“戦友”モーガンとの再会の行方や、額に“W”の頭文字を刻み込んだ謎のカルト集団の存在など、昨シーズンの伏線から成る、衝撃のストーリーが展開される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.