ニュース
» 2015年09月15日 20時07分 UPDATE

beyerdynamicとiriverがコラボ:アユート、テスラドライバーを搭載した初めてのイヤフォン「AK T8iE」をお披露目――10月下旬発売

独beyerdynamicと韓国iriverのコラボレーションによるテスラドライバー搭載イヤフォン「AK T8iE」が10月下旬に発売される。

[ITmedia]

 アユートは9月15日、テスラドライバーを搭載した始めてのイヤフォン「AK T8iE」を国内でお披露目した。独beyerdynamicと韓国iriver“Astell & Kern”のコラボレーションモデル。国内販売を担当するアユートによると10月下旬発売予定で、実売価格は15万円前後(税別)になる見込みだという。

ts_beyerdynamic03.jpg 「AK T8iE」と「AK380」、9月18日に発売するAK380専用のポータブルヘッドフォンアンプ「AK380-AMP-MT」を組み合わせたシステム

ts_beyerdynamic09.jpg コラボ商品であることを示すAstell&Kernのマーク入り

 「AK T8iE」の特徴は、従来はオーバーヘッド型のハイエンドモデル「T1」などにしか使われていなかった「テスラドライバー」をインイヤー型のサイズに詰め込んだこと。テスラドライバーは、1テスラ(=1万ガウス)という強力な磁束密度を持つマグネットを用い、応答性や高域再生能力を向上させるという、beyerdynamicの代名詞ともいえる技術だ。「AK T8iEに使われているリングマグネットの大きさはT1のわずか16分の1。サイズを考慮するとT1/T5よりも強力な磁束密度を持っていることになる」(同社)。

ts_beyerdynamic04.jpg

 一方、強力なマグネットで駆動する振動板は“極薄”。「AK T8iE」は11ミリ径というイヤフォンとしては大型の振動板を採用しているが、厚さはわずか100分の1ミリと「髪の毛の5分の1の薄さ」。これに専用のボイスコイルと振動を吸収するサスペンションを組みあわせ、クロム合金製の密閉型ハウジングに収めた。ハウジングの表面は、「銅、クロム、そして企業秘密の素材」による3層コートを施しており、表面は非常になめらか。アユートによると、「キズに強く、また冬に触れても冷たさを感じない」という。

ts_beyerdynamic05.jpg

ts_beyerdynamic01.jpg

ts_beyerdynamic02.jpg 内部構造が分かる展示

 サウンドチューニングには、“Astell&Kern”ブランドの高級ハイレゾプレイヤー「AK380」をリファレンスとして使用した。「テスラテクノロジーを採用したシングルドライバーにより、正確で透明感のあるニュートラルなサウンドを実現した。また効率の良さも特徴だ」という。再生周波数帯域は8〜4万8000Hz、インピーダンスは16オーム、感度は109dBとなっている。

ts_beyerdynamic11.jpg ほかのbeyerdynamic製品と同様、すべてドイツの工場でハンドメイドで作られるが、「AK T8iE」のために工場にはマイクロスコープが導入されたという

 ケーブルは着脱式で、コネクターには金メッキ仕様のMMCXを採用した。通常の3.5ミリステレオミニプラグのケーブルに加え、「AK380」などとバランス接続できる2.5ミリ4極プラグのケーブルが付属する。

ts_beyerdynamic10.jpg 「AK380」とバランス接続できる2.5ミリ4極プラグのケーブルと通常の3.5ミリステレオミニプラグのケーブルが付属する

ts_beyerdynamic08.jpg 耳掛け式

 もう1つ、ユニークなのが付属のシリコンイヤーチップだ。イヤーシェイプ(耳甲介)型のデザインで、横から見ると片側だけ少し長いことが分かる。これは世界中のさまざまな人の外耳道を計測し、外耳孔にスムーズに着脱できるように考えられたもの。そのヘルメットのような形状から、社内では「ダースベイダーの帽子」と呼ばれているそうだ。またパッケージには5サイズ(XL/L/M/S/XS)のシリコンイヤーチップに加え、低反発素材のコンプライ(S/M/L)が同梱(どうこん)されている。

ts_beyerdynamic06.jpg 通称ベイダー卿の帽子
ts_beyerdynamic07.jpg 装着して上からみたところ。音導管が楕円形のため、この形で安定する

ts_beyerdynamic13.jpg パッケージも豪華。重箱のようだ

ts_beyerdynamic12.jpg 発表会には韓国iriverのバイスプレジデント、James Lee氏(奥)と独beyerdynamicのオーディオ製品開発担当のThomas Halbgewachs氏(手前)が駆けつけた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.