ニュース
» 2015年10月16日 14時44分 UPDATE

第2世代テスラドライバー搭載のセミオープン型ヘッドフォン「AK T1p」

Astell&Kernからテスラドライバーを搭載するハイエンドヘッドフォン「AK T1p」が登場。日本での発売日と価格は未定だ。

[ITmedia]

 アユートは10月16日、Astell&Kernブランドからテスラテクノロジーを採用したセミオープン型ヘッドフォン「AK T1p」を発表した。独beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)とのコラボレーションモデルで、日本での発売日と価格は未定。

photo 第2世代テスラドライバー搭載のセミオープン型ヘッドフォン「AK T1p」

 ドイツ・ハイルブロンにあるbeyerdynamicの本社で開発し、熟練のスタッフによりハンドメイドで生産する。

 プロフェッショナルユースで使用される独beyerdynamicのフラグシップモデル「T1 2nd Generation」を、Astell&Kernとのコラボで32オームの低インピーダンスに設計することで、高出力のヘッドフォンアンプを併用することなく、ポータブルオーディオプレーヤーやスマートフォンで高い解像度の再生を楽しめるという。

 ドライバーには、1テスラ(1万ガウス)を超える強力な磁束密度で高解像度な再生を実現するというテスラテクノロジーを搭載。第2世代テスラテクノロジーを採用し、さらに高い解像度の再生が可能になったという。バッフルデザインの最適化に加えて素材の見直しも行い、共振を抑制することで正確な低音再生を可能にした。高域周波数帯のレゾナンスの抑制も果たしているという。再生周波数特性は5〜5万Hz、感度は102dB。

photo 第2世代のテスラテクノロジーを搭載

 重量は360グラム。着脱式のケーブルは、高純度無酸素銅の7N OCC線を採用。1.5メートルの2.5ミリ4極バランスと3.5ミリケーブルが付属。そのほか、6.3ミリ変換プラグと専用ケースが付属する。

 10月24〜25日に中野サンプラザで開催される「秋のヘッドフォン祭2015」で出展する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.