ニュース
» 2015年12月04日 11時00分 UPDATE

PCいらずのCDリッパー、Astell&Kernから外付けドライブが登場

アユートは、Astell&Kernブランドのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレイヤーに直接CDの音源データを記録できるCDリッピング専用ドライブ「AK CD-RIPPER」を発売する。

[ITmedia]

 アユートは12月4日、Astell&Kernブランドのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレイヤーに直接CDの音源データを記録できるCDリッピング専用ドライブ「AK CD-RIPPER」を発表した。直販価格は4万4980円(税込)。12月11日に発売する。

ts_akripper01.jpg 「AK CD-RIPPER」

 付属のOTGケーブルで対応するAKシリーズと接続。「オートマティックCDリッピング」をONにすれば、AKシリーズの通知バーにあるアイコンをタップするだけでリッピングがスタートする。さらにAKシリーズのネットワーク機能を経由してグレースノートにアクセアス、アルバム名や曲名、アルバムアートなどを自動的に入手する。リッピング時の保存ファイル形式はWAVもしくはFLACとなる。

 対応プレイヤーは、「AK100 II」「AK 120 II」「AK240」「AK320」「AK380」の5機種。「AK380/AK320」の場合は近日発売予定のクレードル経由でも接続できる。

ts_akripper03.jpg 背面

 本体は、AKシリーズと同じ“光と影”をコンセプトにしたデザインで、カラーはメテオリックチタン」。CD回転時の振動を抑え、読み込みエラーを防ぐためにフローティング構造のスプリングダンパーを装着した。

ts_akripper02.jpg CD回転時の振動を抑え、読み込みエラーを防ぐためにフローティング構造のスプリングダンパーを装着

 本体サイズは約149.1(幅)×150.5(奥行き)×36.6(高さ)ミリ、重量は約790グラム。OTGケーブル、microUSBケーブルなどが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.