ニュース
» 2016年01月07日 21時49分 UPDATE

ゼンハイザー、中低音の再現力をさらに高めた新ヘッドフォン「HD 800S」を発表

ゼンハイザージャパンは、開放型ヘッドフォンの新しいフラグシップモデル「HD 800S」を発表した。現行「HD 800」の後継機。2月上旬に発売する予定だ。

[ITmedia]

 ゼンハイザージャパンは1月7日、開放型ヘッドフォンの新しいフラグシップモデル「HD 800S」を発表した。価格はオープンプライスで、市場想定価格は20万円前後(税別)。2月上旬に発売する予定だ。

ts_zen800s_01.jpg 「HD 800S」

 現行「HD 800」の後継機。イヤーカップデザインや56mm径の大型トランスデューサー(ドライバー)は継承しつつ、「サウンドイメージをさらに最適化し、中音と低音の再現力を高めた」(同社)という。なお、再生周波数帯域は4〜5万1000Hzと「HD 800」と変わらない。インピーダンスは300オーム、感度は102dB。

ts_zen800s_02.jpgts_zen800s_03.jpg

 ケーブルは着脱式で、6.3mm標準プラグのケーブルに加え、新たにXLR4シンメトリカルケーブルが付属。標準でヘッドフォンアンプとのバランス接続が可能になった。長さはいずれも3mとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.