ニュース
» 2016年01月27日 18時55分 UPDATE

40V型の16万円前後から:パナソニック、4K対応テレビの新しいスタンダード&エントリーモデルを発表――HDR信号対応の「DX750シリーズ」など

パナソニックは、4K対応液晶テレビ“VIERA”(ビエラ)の新製品として、スタンダード4Kモデル「DX750シリーズ」およびシンプル4Kモデルの「DX600シリーズ」を発表した。2月19日に発売する。

[ITmedia]

 パナソニックは1月27日、4K対応液晶テレビ“VIERA”(ビエラ)の新製品として、「DX750シリーズ」および「DX600シリーズ」を発表した。40V型から55V型までの4サイズ5機種をラインアップ。2月19日に発売する予定だ。

ts_4kviera01.jpg 「DX750シリーズ」の55V型「55DX750」

 このうち「DX750シリーズ」は、高輝度&広色域の液晶パネルに独自技術「ヘキサクロマドライブ」を組みあわせ、色再現生やコントラスト表現を進化させたスタンダード4Kモデル。さらに画面の表面処理として表面の凹凸で外光を拡散させ、映り込みを低減させる「新パネルコート」を採用。バックライトのエリア制御と合わせ、明るい部屋でもコントラストの高い映像を表現できるという。HDR(ハイダイナミックレンジ)信号の入力にも対応している。

ts_4kviera02.jpg 「DX600シリーズ」の40V型「40DX600」。実売想定価格で16万円前後(税別)

 一方の「DX600シリーズ」は、同社の4K対応テレビではエントリーにあたるシリーズだ。HDRに対応せず、チューナー数が2基になるなど機能面はシンプルになっているが、2つの超解像技術(リマスター超解像、ディティール超解像)を組み合わせた4Kアップコンバート回路「4Kファインマスターエンジン」により、デジタル放送や既存のBlu-ray Discなども「映像の細部までクッキリとリアルに再現できる」(同社)。また「NETFLIX」や「ひかりTV 4K」など4Kコンテンツが楽しめる各種ネットサービスにも対応している。

シリーズ名 DX750シリーズ DX600シリーズ
画面サイズ 55V型 49V型 43V型 49V型 40V型
解像度 3840×2160ピクセル(4K)
バックライト方式 非公表
エリア制御 △(分割数は少ない)
倍速駆動 なし
ヘキサクロマドライブ なし
新パネルコート なし
チューナー数 3(USB外付けHDDに2番組同時録画が可能) 2(USB外付けHDDに裏番組録画が可能)
HDMI入力 3(ARC対応)
HDR対応 なし
NETFLIX
実売想定価格(税別) 30万円前後 26万円前後 22万円前後 20万円前後 16万円前後
発売日 2月19日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.