ニュース
» 2016年02月18日 21時23分 UPDATE

壁に溶け込むエアコン、ダイキンから

ダイキンは、厚みを抑えた住宅用マルチエアコンの壁掛型室内機「UXシリーズ」を発表した。左右両端の厚みを129mmに抑え、壁との一体感を表現した。

[ITmedia]

 ダイキンは2月18日、厚みを抑えた住宅用マルチエアコンの壁掛型室内機「UXシリーズ」を発表した。風の流れをイメージして曲面を基調とした前面パネルを採用。左右両端の厚みを129mmに抑え、壁との一体感を表現したという。

ts_daikin01.jpg 住宅用マルチエアコンの壁掛型室内機「UXシリーズ」

 工業デザイナーのアレキサンダー・シュラッグ氏とダイキンヨーロッパが共同でデザインした。デザイン業界では世界的に権威のある「レッド・ドット・デザイン賞」や「iFデザイン賞」を受賞している。「正面だけでなく、あらゆる角度から見てもインテリアに調和する」(同社)。

ts_daikin02.jpg 左右両端の厚みを129mmに抑えた

 住宅用マルチエアコンとは、1台の室外機で最大5台の室内機を接続できる空調システム。UXシリーズはその室内機の1バリエーションとして用意されたもので、別売の室外機は2室用から5室用まで6機種から選択する。ダイキンでは「UXシリーズをラインアップしたことで、天井埋め込みカセット形などの既存ビルトイン室内機と合わせ、ユーザーの“インテリアへのこだわり”に幅広く対応する」としている。

ts_daikin03.jpg 住宅用マルチエアコンの仕組み

 また機能面では、人感センサーと自動風向き制御による「風を感じない気流」や、1日4階曜日ごことの運転スケジュールを設定できる「ウィークリータイマー」が特徴。別売の無線LANアダプターを接続すれば、外出時の遠隔操作も可能になる。UXシリーズは10月1日に発売予定で、価格は13万円〜22万円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)
  10. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)