ニュース
» 2016年03月02日 16時13分 UPDATE

fidataブランドのオーディオ用NAS「HFAS1」、USB-DAC接続に対応

アイ・オー・データ機器は、「fidata」ブランドのオーディオ用NAS「HFAS1」シリーズに新しいファームウェアを提供する。USB-DACを接続してハイレゾ対応プレーヤーとして利用できる。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は3月2日、「fidata」(フィダータ)ブランドのオーディオ向けNAS「HFAS1」シリーズ用の最新ファームウェア「Ver.1.20」を公開した。新たにUSB-DACの接続に対応し、プレーヤーとして利用できるようになった。

 USB-DACやUSB-DAC機能付きのアンプなどと接続することで、HFAS1がハイレゾ対応プレーヤーのように利用できる。同社は「これまでネットワークオーディオに躊躇していた方も、ネットワークオーディオサーバとプレーヤーをひとまとめに導入できる」と手軽さをアピールしている。

hm_io04.jpg ハイレゾオーディオNAS。左からSSD搭載モデル「HFAS1-S10」とHDD搭載モデル「HFAS1-H40」
hm_io01.jpg 接続イメージ
hm_io02.jpg 手持ちの機器を使ってネットワークオーディオが楽しめる

 USB-DACを接続する場合、最大384kHz/32bitのリニアPCM、最大11.2MHzのDSD(DoP)ネイティブ出力に対応する(ただし、再生性能はUSB-DACに依存する)。その際、操作はタブレットやスマートフォンで行うことになるが、OpenHome Mediaに対応したコントローラーアプリが利用できる「OpenHome」と、DLNA互換のDMC(Digital Media Controller)アプリに対応した「DMR」の2モードを備えた。OpenHomeモードでは、HFAS1にプレイリストを記憶できる”On Device Playlist”や曲間を無音時間なしで継ぎ目なく再生する”ギャップレス再生”に対応する。なお、動作確認済み接続機種は同社サイトに掲載されている。

 HFAS1シリーズのラインアップは、SSD搭載モデル「HFAS1-S10」とHDD搭載モデル「HFAS1-H40」の2種。価格はHFAS1-S10が37万円、HFAS1-H40が32万円(いずれも税別)となっている。

hm_io03.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう