ニュース
» 2016年04月04日 18時00分 UPDATE

最大2700時間録画可能:パナソニック、新番組の録り逃しを防ぐスリムなBDレコーダー「DIGA」新モデル

パナソニックが、6チューナー/2TB HDDを搭載するBDレコーダー「DMR-BRG2020」を5月20日に発売する。新番組の録り逃しを防げる「新番組おしらせ」機能を搭載した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 パナソニックは4月4日、3波(地上/BS/110度CSデジタル)6チューナー/2TB HDDを搭載したBlu-rayレコーダー「DIGA」(ディーガ)の新モデル「DMR-BRG2020」を発表した。価格はオープンプライス。市場想定価格は9万円前後(税別)で5月20日発売予定だ。

hm_pa01.jpg Blu-rayレコーダー「DIGA」(ディーガ)の新モデル「DMR-BRG2020」。従来機の同「DMR-BRG2010」と比較して、前面上部にシルバーストライプのアクセントが追加された
hm_pa02.jpg 背面
hm_pa03.jpg 家族で録画番組が重なっても安心して使える、6番組同時録画モデル

 同社「レギュラーディーガ」シリーズのハイエンドモデルで「DMR-BRG2010」(2015年10月発売)の後継機種。全自動録画をうたう「全自動DIGA」シリーズではない。従来機と比較して、DMR-BRG2020ではチューナー数、HDD容量など基本仕様や機能面は同一となるものの、本体をスリム化(本体の高さを3ミリ低い41.5ミリとし、重量を200グラム軽量の2.3キロとした)、前面上部にアクセントとなる”シルバーストライプ”を追加した。

hm_pa04.jpg 「新番組おしらせ」のイメージ

 機能面では「新番組おしらせ」を採用。番組表を開くと、新番組をポップアップで知らせワンタッチでの録画予約にも対応する。

 4K撮影動画(MPEG-4 AVC/H.264)の保存・再生や、ハイレゾ音源を含む音楽ファイルの保存、再生に対応。一時的にBlu-rayDiscやSeeQVault規格のUSBハードディスクにバックアップして保管できる。

hm_pa05.jpg 「お部屋ジャンプリンク」のイメージ

 ネットワーク機能では、外出中も録画番組や放送番組を楽しめる「外からどこでもスマホで視聴」や、録画番組や放送を家庭内で2カ所同時配信する「お部屋ジャンプリンク」機能などを搭載。インターネット動画サービスでは「YouTube」「NETFLIX」「hulu」「Amazonビデオ」などにも対応する。

 インタフェースは、コンポジット入力×1、2chアナログ音声入力×1、光デジタル音声出力×1、HDMI出力×1、I.LINK(4ピン)×1、SDカードスロット×1、USB 2.0×1、USB 3.0×1、有線LAN×1などを装備。本体サイズは430(幅)×179(奥行)×41.5(高さ)ミリ。重量は約2.3キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう