ニュース
» 2016年04月22日 16時17分 UPDATE

斜め設置も可:パナソニック、高さ6.6センチのシアターバー「SC-HTB175」を発売

パナソニックは、サブウーファーを内蔵したスリムなシアターバー「SC-HTB175」を5月20日に発売する。付属のスタンドを使えば80度の角度がつき、テレビ前のスペースが狭くても設置できるという。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 パナソニックは、サブウーファーを内蔵したスリムなシアターバー「SC-HTB175」を5月20日に発売する。価格はオープンプライス。店頭では2万4000円前後になる見込みだ。

ts_panabar02.jpg シアターバー「SC-HTB175」

 高さを66mmに抑えたスリムなサウンドバー。付属のスタンドを使えば80度の角度がつき、テレビ前のスペースが狭くても設置できるという。本体サイズは950(幅)×66(高さ)×105(奥行き)mm。付属のスタンドを使用した場合は高さは118mmになるが、奥行きは80mmとなる。

ts_panabar01.jpg 写真内の数字はあくまでも本体部分の高さ。スタンド部を含めると約66mmで、そのスタンド部は「取り外し不可」という点に注意したい

 フロントL/Rとサブウーファーによる2.1chシステムで、フロントは25mmセミドーム型ツイーターと57mm径コーン型ウーファーの2Way構成。サブウーファーは80mm径コーン型2基を上下に対向配置して、不要な振動を打ち消し合う仕組みだ。

 出力はフロントが各30W、サブウーファーが60W。デジタルアンプの電源部にオーディオ用の電解コンデンサーを採用し、よりクリアな音質を目指したという。

 入力端子はHDMIと光デジタルが各1。出力はHDMI。Bluetoothに対応し、スマートフォンやタブレットから音楽のワイヤレス再生も可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう