ニュース
» 2016年04月25日 18時12分 UPDATE

CES-ASIAで展示:パイオニア、車載機器向け「眠気検知ユニット」を開発――次世代運転支援システムの開発に弾み

先鋒電子(パイオニア中国)は、清華大学蘇州自動車研究院傘下のベンチャー企業と共同で「眠気検知ユニット」を開発した。5月11日からのCES-ASIA(中国・上海)で展示する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 パイオニアは4月25日、同社の100%子会社である中国「先鋒電子」(パイオニア中国)が中国清華大学蘇州自動車研究院傘下のベンチャー企業「蘇州清研微視電子科技」(清研微視)と共同で車載用「眠気検知ユニット」を発表した。5月11日から開催される「CES-ASIA」(中国・上海)でパイオニアブースに展示する。

hm_pi01.jpg

 独自の画像認識技術や眠気検知アルゴリズム、ステアリング操舵状況からドライバーの眠気を数値化することに成功した。同社は「既存ソリューションシステムと連携させることで、ドライバーの状態をリアルタイムに把握して管理・警告を行うなど、事故発生リスクを低減する先進運転支援システムの構築が可能」コメントとしている。

関連キーワード

中国 | パイオニア | 睡眠 | 車載 | CES | 自動車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう