ニュース
» 2016年05月17日 15時26分 UPDATE

青汁を手軽に、スロージューサー「ヘルシオグリーンプレッソ」登場

シャープから低速圧縮絞り(コールドプレス)方式を採用したスロージューサー「ヘルシオグリーンプレッソ」が登場。水分量が少なく繊維が多い葉物野菜を細かくしなくても投入できるという。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 シャープは、水を加えない100%ストレートの手作り青汁を作れるジューサー「ヘルシオグリーンプレッソ」(EJ-GP1)を6月8日に発売する。価格はオープン。店頭では4万5000円前後になる見込みだ。

「ヘルシオグリーンプレッソ」(EJ-GP1)は「グリーン系」と「レッド系」の2カラー

 スクリューが低速回転(32rpm)でゆっくりと食材を押しつぶす低速圧縮絞り方式のスロージューサー。空気の混入が少なく、「素材の味をそのまま味わえる」(同社)のが特徴だ。また今回は手軽に葉物野菜を使った“青汁”を作ることができるようになった。

 果物に比べて水分量が少なく繊維が多い葉物野菜は、分離した繊維が絞りかすの出口に詰まりやすく、これまでは細かく刻んでから投入する必要があった。対してEJ-GP1では、絞りかすの出口を約2.2倍に広げたうえ、絞りかす出口のパッキンの圧力を変更する「切り替えダイヤル」を新たに設けた。葉物野菜を絞る場合は圧力を低く設定すれば絞りかすの詰まりが軽減され、果物のみを絞る場合は圧力を高めることで繊維がほとんど混入しない飲みやすいジュースができるという。

「切り替えダイヤル」の仕組み

 本体サイズは127(幅)×195(奥行)460(高さ)mm。重量は約4.8kg。ジュースカップ(黒、透明)、ジュースカップふた、フローズン用アタッチメント、洗浄用ブラシなどが付属する。

「ヘルシオジュースプレッソ」(EJ-CP1)

 また、「切り替えダイヤル」などの機能を省いた低価格モデル「ヘルシオジュースプレッソ」(EJ-CP1)も同時に発売する。葉物野菜は従来機と同様、事前に刻んでから投入する必要があるものの、フローズンジュースなどを手軽に作れるといった特徴は共通だ。店頭価格は4万円前後になる見込み。ボディカラーは「ホワイト系」「オレンジ系」となる。本体サイズは150(幅)×177(奥行)425(高さ)mm。重量は約4.7kg。

関連キーワード

ヘルシオ | ジュース | シャープ | 野菜 | 手作り


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう