ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ジュース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!お茶・ドリンク→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でお茶・ドリンク関連の質問をチェック

【Amazonプライムデー】生茶ペットボトル半額に!
野菜ジュース半額もよさそう。(2019/7/16)

「午後の紅茶」は過去最高:
活気づく「紅茶」 背景に“個性”と“シーン”で飲み分ける選択肢
紅茶飲料の市場が活性化している。キリン「午後の紅茶」は上半期として過去最高の販売数量を記録。サントリーやコカ・コーラの新商品も好調で、さまざまな個性を持った紅茶商品が増えていきそうだ。(2019/7/13)

青いハーブティー「バタフライピー」専門のブランド「molfon -モルフォン-」が誕生 バタフライピーを使ったコスメや雑貨の展開も楽しみ
透明なブルーが魅力的。(2019/7/9)

Steamサマーセールで傑作パズル「Portal」が60円に 「狂った価格設定」と話題
続編「Portal 2」も60円なので、2作合わせても缶ジュースくらい。(2019/6/26)

循環型経済の構築:
Appleのどこまでも本気な環境への取り組み
循環型経済の構築に向けた取り組みが評価され、Appleが環境省から表彰された。Appleで環境・政策・社会イニシアチブ担当副社長を務めるリサ・ジャクソン氏に話を聞いた。(2019/6/21)

プラごみの“元凶”ペットボトル リサイクルや削減でしのぎ
国内飲料メーカー各社が、ペットボトル容器による環境負荷低減に、しのぎを削っている。(2019/6/12)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
事前の一策は事後の百策に勝る 常に心掛けていれば何か起きても慌てることはない
「よろこびがつなぐ世界へ」という合言葉で、未来に向かうキリングループ。「食と健康の新たなよろこび」を広げ、たくさんのよろこびがつながる世界を実現するための挑戦を続けている。(2019/5/15)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
筋肉が支える物流のラストワンマイル
制服のシャツがはち切れんばかりの二の腕。(2019/5/8)

ハーゲンダッツの抹茶サロンが期間限定オープン 緑一色なコースメニューで抹茶をたっぷり堪能できそう
圧倒的緑……!(2019/4/11)

潜在ニーズ掘り起こし:
「BOSS」なのに紅茶、「天然水」から緑茶 サントリーの狙いは?
飲料メーカー各社が相次いで新商品を投入する春だが、今年はペットボトル飲料で、ちょっとした異変が起きている。サントリー食品インターナショナルが、コーヒーの「ボス」から紅茶を発売するなど、ブランドの持つカテゴリーを越える新商品を続々と投入するからだ。同社のこうした試みは「商品カテゴリーだけでブランドを見ない」という考え方がある。(2019/4/11)

カゴメ、トマトジュースなど値上げ
720ミリリットルペットボトルと1000ミリリットル紙容器の野菜飲料を値上げ。(2019/3/5)

瓶入り「明治フルーツ」4月1日をもって生産終了 ファンからは「銭湯名物なくなる」と悲鳴
明治を取材しました(2019/3/4)

ママ大助かりの超軽量・大容量バッグ登場! 缶ジュースより軽いのにガッツリ入る
軽い大容量バッグはいくつあってもいい。(2019/1/18)

下げ幅は一時380円を超え:
日経平均は大幅続落、2万円に接近 連日で年初来安値
東京株式市場で日経平均は大幅続落し2万円に接近した。前日の米国株の下落や円高進行が重しとなったほか、マティス米国防長官の退任表明でリスク回避姿勢が強まった。(2018/12/21)

自販機での交通系電子マネー利用は約6割(首都圏) NTTコムの調査から
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションらは、11月15日に「清涼飲料水の自動販売機での購入に関する調査」の結果を発表。自販機で購入する際の決済で交通系電子マネーの利用が約6割に達し、現金での購入を全くしない層も確認できた。未来の自販機にはスマホアプリとの連動による「レコメンデーション+α機能」などに期待が寄せられていることが分かった。(2018/11/15)

六本木ヒルズで「カードキャプターさくら展」がレリーズ! もこな先生手作りドレス、クロウカードが全てそろった部屋も
原画や撮影スポットなども充実です。(2018/10/26)

PR:トラックを持たない“異色の物流企業”、大塚倉庫がオフィスを大規模リノベーションした理由
(2018/10/9)

めっちゃわかる 「一人暮らしの料理スキルの理想と現実」イラストに共感しかない
手間を掛けないことが大事になっていくんだ……。(2018/9/21)

【マンガ】“ラムネが英語ではなくなった”理由
もともとは黒船とともに日本にやってきた飲み物でしたが……。(2018/9/13)

キラキラしてきれい! 星空から燃える火の色に変化する「銀河鉄道の夜」モチーフのドリンクが美しい
本を読みながら飲みたい。(2018/9/7)

PR:成功の種は“原点”にある サントリー「クラフトボス」開発を率いた大塚氏の挑戦【前編】
2017年に発売し、大ヒットしているサントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」。これまでにない形状とコンセプトの商品で新しい市場を創った。その成功はどこから生まれたのだろうか。責任者として開発を率いた大塚匠氏の仕事を追った。(2018/8/20)

【マンガ】使い方を考えると分かる「鉛筆が六角形で、色鉛筆が丸い理由」
どちらの形状にもちゃんと理由がある。(2018/8/1)

缶が膨張、ライター爆発 “車内放置”今年は例年以上に要警戒、猛暑で車内温度が60度を超えることも
車内に「物を置かない」ことを心がけましょう。(2018/7/24)

約5億本を目指す:
「クラフトボス」販売目標を3割引き上げ 水・お茶の代わりにゴクゴクと
サントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」がこの夏も好調だ。2018年の年間販売目標を年初から3割引き上げ、2000万ケース(4億8000万本)に修正。従来のコーヒー商品とは異なる飲み方ができることで、ユーザー層を広げている。(2018/7/24)

【マンガ】「古代エジプトには“世界初の自動販売機”があった」って知ってた?
2000年以上前に考案、設置されていたとか。(2018/7/11)

チューペット×牛乳がまさかのおいしさ Twitterで話題の新しい食べ方をやってみた
夏の新定番になりそう。(2018/6/28)

「爽健美茶」シリーズに新商品「爽健美水」 果実フレーバーを加えた透明水
透明系飲料もここまできました。(2018/6/26)

「コカ・コーラ クリアにアルコール検知器反応」との情報が拡散 メーカーになぜなのか聞いた
アルコール検知器の誤った使用方法が原因か……。(2018/6/20)

前菜は30種類に拡充:
イタリアン「ラ・パウザ」、ワインやピザなど一部値下げ ちょい飲み需要に対応
ラ・パウザがメニューを刷新。酒類やフード類の一部を値下げしたほか、前菜のメニューを17種類から30種類に拡充した。“ちょい飲み”のニーズに対応し、リピーターを増やす狙いがあるという。(2018/6/19)

炭水化物断ちしていたGACKT、4年ぶりのパンにニヤける 「美味しいなぁ」「愛しいゼぇ」
ストイックな食生活を実践中のGACKTさん。(2018/6/13)

「アサヒ ドライゼロ」に初のペットボトル版 ゴクゴク飲めるビールテイスト清涼飲料
夏限定で発売されます。(2018/6/9)

Microsoft Focus:
いいことばかりではない? MSのテレワーク体験プログラムから見えてきた課題と解決策
日本マイクロソフトが推進する「ウーマン テレワーク 体験プログラム」、その成果はいかに。子育てとの両立を目指すプログラム参加や、テレワーク人材の確保に期待を寄せるプログラムパートナー企業の生の声を紹介する。また、見えてきた課題とは?(2018/5/12)

ペットボトルの使い回しはなぜNG? 水筒代わりにすると細菌が繁殖
手軽でついやってしまうものですが……。(2018/5/8)

“直飲み”が広まる:
スカッと発散 強い刺激の炭酸水、競争激しく
炭酸水の新商品を各社が投入している。アサヒ飲料「ウィルキンソン」を筆頭に、炭酸水をそのまま飲む需要が増加。強い刺激がありながら健康的であるため、リフレッシュや爽快感といった需要を訴求し、競争が激しくなっている。(2018/4/19)

新パレード、小さな世界、チョコクランチでお祝いだ:
東京ディズニーリゾートは35周年、史上最大級の祭典「Happiest Celebration!」が始まる
1983年4月15日の東京ディズニーランド開園から35年。アニバーサリーイベントが始まります。(2018/4/10)

高畑勲監督が死去、「火垂るの墓」「かぐや姫の物語」など手掛ける 「やりたい事がいっぱいある人だった」と鈴木敏夫氏がコメント
82歳でした。【追記】(2018/4/6)

通説を検証する
IoTについて誤解をしている5つのこと
IoTはB2Cのもの? たくさんの機器がつながるほど成果が出る? セキュリティが確保できないって本当? IoTにまつわる5つの通説を検証する。(2018/3/19)

ストラタシス Objet Eden 260VS|事例:
サントリー、ペットボトル容器の試作リードタイム短縮に3Dプリンタを活用
サントリーMONOZUKURIエキスパートは、清涼飲料用ペットボトル容器の試作開発において、StratasysのPolyJet方式3Dプリンタ「Objet Eden 260VS」を採用。3Dプリンタ製樹脂型を用いた加工技術「デジタルモールド」による試作のリードタイム短縮に乗り出し、ペットボトル容器の試作評価期間の大幅短縮に成功したという。(2018/3/9)

コカ・コーラ、2018年に日本で缶酎ハイを発売 グループ初事業で日本を選んだのはなぜか
125年の歴史の中でも、コカ・コーラ社のアルコール飲料参入は異例の取り組み。(2018/3/8)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタでペットボトル容器の試作を内製化、最短で3日に
ストラタシス・ジャパンのPolyJet方式3Dプリンタ「Objet Eden 260VS」を、サントリーMONOZUKURIエキスパートが清涼飲料用のペットボトル容器開発に採用した。同プリンタにより、サントリーは試作期間を1カ月半から最短3日と大幅に短縮している。(2018/3/7)

“バレンタイン明け”の恒例に:
「おじさん禁止」を貫く 「午後ティー×ポッキー」コラボ開発の裏側
キリン「午後の紅茶」とグリコ「ポッキー」のコラボ商品第4弾「午後の紅茶 アサイーヨーグルティー」「ポッキー<バナナブラン>」が2月20日に発売される。企画から営業に至るまで、女性だけでプロジェクトを担当できた理由とは……?(2018/2/14)

自販機の普及台数、年間500万台を割り込む 販売効率重視で
2016年の自動販売機の普及台数が500万台を割り込んだ。飲料メーカーが台数増よりも1台当たりの販売効率を重視したため。一方、販売効率を向上させる“ネットにつながる”自販機が増えている。(2018/1/31)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(4):
しょうもないROI算出に時間を使ってはいけない
社内にはERPをはじめさまざまなITサービスがある。しかし、「ITサービスをサービスとして成立させるために不可欠」な、ITサービスマネジメントに関わる費用にまでROIが求められるのはおかしなことではないだろうか? しょうもないROI算出に時間を使ってはいけない。(2018/2/23)

勝ったら私のファーストキスあげるよ アニメ「からかい上手の高木さん」第3話の“からかいポイント”
【ネタバレあり】間接キスに相合傘、ああ気まぐれロマンティック。(2018/1/22)

カゴメの野菜ジュースも買える:
Amazon、「ダッシュボタン」拡充 「BOSS」など19ブランド
アマゾンジャパンが、「Amazon Dash Button」のラインアップを拡充。新たに19ブランドを追加し、ユーザーは135ブランド・1000種類超の商品を選択可能になった。(2017/12/19)

東京発、銀河の辺境へ――:
スター・ツアーズに新惑星が“2つ”追加 「最後のジェダイ」を見たら東京ディズニーランド“フィール・ザ・フォース”へ!
東京ディズニーランドで初開催となるこのプログラム。(2017/12/11)

凍らせて2つに折って食べるアレの謎 実はメーカーでも答えが割れる「中央のくびれの存在理由」
あのくびれは、半分に折るためのものじゃない?(2017/11/13)

セブン-イレブンでNintendo Switchを受け取ったらまさかの展開に 「あれってゲーム機も対象になるの!?」と驚きの声
商品を探す店員さんが大変なことに。(2017/11/3)

デル、最大約10万円の値引きが適用される「シルバーウィークセール」 9月25日まで
デルが、個人向けPCを期間限定の特別価格で提供する「シルバーウィークセール」を実施中だ。(2017/9/20)

村田製作所がデモ:
金属に同化するUHF帯RFIDでコンビニを変える
村田製作所は2017年9月13〜15日に開催された展示会「自動認識総合技術展」でコンビニエンスストアの商品管理用途向けに開発するUHF帯RFIDタグのデモンストレーションを披露した。(2017/9/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。