ニュース
» 2016年06月06日 15時42分 UPDATE

ランプやファンに早変わり、フラワーポッド型のBluetoothスピーカー「スマートリーフ」

エレスは、emoiブランドの新製品として、Bluetoothスピーカー「SMART LEAF SPEAKER」(スマートリーフスピーカー、H0021)を発売した。リーフ部分を外して別売オプションを取り付ければ、卓上扇風機や照明器具に早変わり。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 インテリア用品や雑貨を手がけるエレスは、「emoi」ブランドの新製品としてフラワーポッド型のBluetoothスピーカー「SMART LEAF SPEAKER」(スマートリーフスピーカー、型番:H0021)を発表した。価格は8424円(税込)。

 ”鉢”をイメージした7.5cm径のボディにモノラルスピーカーとパッシブラジエーター搭載する卓上型Bluetoothスピーカー。リーフ部分は脱着が可能で、本体との接続部分はUSB端子となっている。ここに別売のポータブルUSBファン(E1012)や、ポータブルUSBランプ(E1010)を接続すれば、卓上扇風機や照明器具に早変わりする。

同社別売のポータブルUSBファン(E1012)や、ポータブルUSBランプ(E1010)を差し替えて接続可能。E1012、E1010の直販価格は1598円(税込)

 スピーカー部の出力は3W。1750mAhのリチウムイオン充電池を搭載し、連続約8時間のワイヤレス再生が可能だ。またリーフ部を外してUSBケーブルをつなげればスマートフォンの充電も行えるという。

 本体サイズは、75(直径)×128(高さ)mm。充電用ケーブル、取扱説明書が付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう