ニュース
» 2016年08月04日 11時00分 UPDATE

超音波で洗うポータブル洗濯機、シャープ「超音波ウォッシャー」登場

シャープから「超音波ウォッシャー」が登場。軽量コンパクトでどこにでも持ち歩くことのできる部分洗い専用のポータブル洗濯機だ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 食事中の食べこぼしや襟元の皮脂汚れなど、洗濯機に入れる前に部分洗いが必要な汚れは多い。しかし“もみ洗い”は時間と手間がかかり、また衣類を傷めてしまうことも。シャープが8月4日に発表した“超音波ウォッシャー”「UW-A1」は、そんな部分洗いに関する悩みを解決してくれるアイテムだ。

“超音波ウォッシャー”「UW-A1」

 UW-A1は、どこにでも持ち運べるバッテリー内蔵の洗濯機。キャップを外すと先端がアルミ製の棒(ホーン)になっており、スイッチを入れると毎秒3万8000回という高速で細かく上下に振動する。アルミ棒の根本に圧電素子が組み込まれており、超音波振動を起こす仕組みだ。

ホーンと呼ばれる金属棒。これが上下に細かく振動する

 ホーンの振幅はわずか38μmと見た目には分からないレベルだが、水の中で洗濯物にあてるとキャビテーション効果(減圧による発泡現象)によって微細な“真空の泡”が無数に発生し、それが弾ける力で汚れがはがれ落ちるという。

汚れが落ちる仕組み

 超音波振動を使った製品は既に複数あり、中にはより高速に振動するものも存在するが、開発を担当した同社メジャーアプライアンス事業部、第2技術部の柴田遼主事は「検証を重ねて38kHz(毎秒3万8000回)が最適と分かった。これよりも多いと衣類にダメージを与え、少ないと十分にきれいにならない」と指摘する。

自分が着ていたワイシャツを使って効果をアピールする柴田氏
せっかく脱いでもらったけど写真では違いがよく分からない。残念

 使い方は簡単。洗面台などに水をため、衣類を浸した後、超音波ウォッシャーのホーンを汚れた部分にあて、なぞるように動かす。汚れが浮いてきたら、後はキレイな水ですすぐだけ。油汚れの場合は洗剤を併用すると効果的だという。

衣類の傷みを抑えられることも特徴の1つ。マイクロスコープで洗浄後の部分を拡大すると布の網目がしっかり残っている

 また洗面台などがない場所でも使えるように専用のパフとパフケースを付属。水を含ませたパフに衣類を載せ、上から超音波ウォッシャーを使えば、汚れがパフに移る。本体重量は約200gと軽量で、ハンドバッグなどに入れて手軽に持ち歩くことができる。

サニタリー以外の部屋でも利用できる

 「ワイシャツの皮脂汚れや衣類に付着したファンデーション、お子さんの食べこぼしもみるみる落ちる。化繊や綿、絹など幅広い素材の衣類に使える」(同社)。ただし、革など水に浸すことのできない素材には使用できない。

充電用のACアダプターやMicroUSBケーブル、パフケースなどが付属する

 シャープでは、超音波ウォッシャーを9月15日に発売する予定。本体カラーはシルバー系、ピンク系、ゴールド系の3種類を用意する。価格はオープンプライスだが、店頭では1万5000円前後(税別)になる見込みだ。

左からシルバー系、ピンク系、ゴールド系

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう