ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「超音波」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「超音波」に関する情報が集まったページです。

医療機器ニュース:
モバイル超音波画像診断装置を商品化、リニアプローブなど2種を発売
ソシオネクストは、モバイル超音波ソリューション「viewphii US」を医療用超音波画像診断装置として商品化した。その第1弾として、7.5MHzリニアプローブ「VP-US L75-01」と3.5MHzコンベックスプローブ「VP-US C35-01」を発売した。(2020/1/21)

組み込み採用事例:
百度の自動バレーパーキングプラットフォームに採用されたプログラマブルSoC
Xilinxのオートモーティブ向け「XA Zynq UltraScale+ MPSoC」が、Baiduの自動バレーパーキング「ACU-Advanced」プラットフォームのセンサーフュージョンおよびAIプロセッシング用として採用された。(2020/1/16)

社会インフラテック2019:
点検ロボが集結、3Dスキャナー「BLK360」搭載の最新機や小型潜水艦
イクシスは、「社会インフラテック2019」で、インフラ構造物を対象にした点検ロボットを多数出展した。ワイヤ吊り下がりやマグネット張り付け、水中対応など、構造物の性質に応じて使い分け、全ての社会/産業インフラの点検をロボットに置き換えることを目指している。(2020/1/10)

医療機器ニュース:
ワイヤレスプローブ、超音波画像診断装置を発売
富士フイルムメディカルは、ワイヤレスプローブ、超音波画像診断装置「iViz air」を発売した。スマートフォン型の本体と、ワイヤレスのプローブで構成され、携帯性と高画質を両立している。(2019/12/27)

現地レポート:
2019年の深センから見た、ハードウェアスタートアップシーンの今
世界中から多くのスタートアップ企業が集まる中国・深セン。「アジアのシリコンバレー」とも称されるこの地に拠点を置くスタートアップと、彼らを支援するベンチャーキャピタル(VC)、そして消費者視点で見た深センの街並みを取材した。(2019/12/27)

Innovative Tech:
超音波で多様な触覚を生成 東大が開発した「ReFriction」
発泡スチロールに超音波を当てることで、触覚インタフェースにすることが可能に。(2019/12/29)

Innovative Tech:
超音波で操作する風船型ディスプレイ 東大が開発
風船に映像を投影し、操作することができるディスプレイシステム。どんなメリットがあるのか?(2019/12/27)

人工知能ニュース:
動く障害物も回避、AIを搭載した障害物回避型アームのアルゴリズムを開発
TRUST SMITHは、AIを使った障害物回避型アームのアルゴリズム開発に成功した。動く障害物を安全によけながら、目的物まで到達できる。製造業、農業、インフラ、サービス業など、さまざまな分野で省力化とコスト削減に貢献する。(2019/12/23)

圧倒的不審者の工房:
水と油を混ぜて包丁を作る → イチから抽出した油と加湿器の水垢で切れ味鋭い包丁が誕生
めでたしめでたし(混乱)。(2019/12/21)

製造マネジメントニュース:
日立が日立化成と画像診断事業を売却、MHPSの保有株式も三菱重工へ譲渡
日立製作所が日立化成と画像診断事業を売却する。三菱重工業との間で係争になっていた三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の南アフリカプロジェクトに関する和解成立を受けて、日立が保有するMHPS株式を全て三菱重工に譲渡することも発表した。(2019/12/19)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
買い替える価値はある? 「Google Nest Mini」を使い込んで分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は「Google Home Mini」の第2世代モデルにあたる新製品「Google Nest Mini」を紹介する。(2019/12/18)

7年間で運用トラブル一切なし――医療施設約900拠点のシステムを集中監視する事例も:
PR:Zabbix 5.0はKubernetes監視やZabbix Agent 2など――Zabbixでデータ収集ゲートウェイを構築した事例が登場したZabbix Conference Japan 2019
Zabbixのユーザーやパートナーが集う毎年恒例のイベント「Zabbix Conference Japan 2019」が11月15日に開催された。本稿では、当日の模様をレポートする。(2019/12/11)

建設技術フォーラム:
魚群探知機でダム貯水地を3Dマッピング、安価・短納期・高精度を実現
中央開発は、20万円以下のGNSS魚群探知機を活用したダム堆砂状況把握技術「ソナーマッピング」を開発し、安価に湖底の状況を調べられるサービスとして普及啓発に注力している。(2019/12/9)

iPhone SE 2 Plusは「LightningもFace IDもなし」で完全ワイヤレス?
2020年には4つの5G対応iPhone 12モデル、2021年にはiPhone SE 2 Plusが発売される?(2019/12/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
長さ10メートルの“鉄道向け印刷”から未来の自動改札まで 鉄道技術の進化を探る
「鉄道技術展」に出展されたものを見ると、未来を感じさせる最新の技術や、鉄道業界を長年支えてきた技術に触れることができる。展示物から、鉄道の“進化”について考える。(2019/12/6)

Qualcomm Snapdragon Tech Summit 2019:
“5Gの早期普及”を目指すQualcommの新Snapdragonとテクノロジー
米ハワイ州マウイ島で開催中の「Snapdragon Tech Summit」で、QualcommがSnapdragon新製品を発表。フラグシップの「865」だけでなく、5Gの早期普及を目指す「765G」も投入。4Gと5Gで同じ周波数を共有する技術「DSS(Dynamic Spectrum Sharing)」も紹介した。(2019/12/5)

Googleさん:
Google Home Mini改めNest Mini、2年の進化はいかほど?
約2年ぶりに新モデルになり、名前まで変わった「Nest Mini(先代はGoogle Home Mini)」。名前以外にもいろいろ変わったので、不定期連載「Googleさん」で、少し使ってみてのレビューしました。(2019/11/22)

はじめてのジェネレーティブデザイン(番外編):
ジェネレーティブデザインを適用したラジコンパーツを「Form 3」で出力してみた
連載「はじめてのジェネレーティブデザイン」でついに完成したラジコン用バンパー部品。せっかくなら高精度な3Dプリンタで、ラジコンに適した耐衝撃性や柔軟性を備えた素材で出力してみたい! ということで、日本市場での販売開始が発表されたばかりの「Form 3」(Formlabs製)を試してみた。(2019/11/22)

Japan Home & Building Show 2019:
通路幅1.2メートルで清掃可能、ロボット床面洗浄機「EG-3RX SP2」
アマノは、ロボットを用いたより狭い通路での清掃や壁際での運用をしたいという顧客のニーズを反映し、ロボット床面洗浄機「EGrobo EG-3RX SP2」を開発した。(2019/11/21)

「ROG Phone II」発表会レポート ゲームプレイを支援する周辺機器にも注目
ASUSの最新ゲーミングスマホ「ROG Phone II」は、高いスペックはもちろんだが、ゲームプレイを支援する周辺機器にも注目したい。ゲームパッドや2画面化するアイテムがある。「ROG Kunai Core Gamepad」と「TwinView Dock II」をセットにしたモデルも。(2019/11/20)

3D画像、触覚、音を空中に同時生成 超音波ディスプレイ、東京理科大など開発
視覚、聴覚、触覚の3つの感覚に訴える超音波ディスプレイを、東京理科大などが開発した。(2019/11/18)

イノベーションのレシピ:
ダイソンが加湿空気清浄機の新製品を発表、微生物学や自然風データをフル活用
ダイソンは2019年11月14日、空気清浄、加湿、涼風の3機能を搭載した新製品「 Dyson Pure Humidify+Cool 加湿空気清浄機」を発表した。(2019/11/15)

除菌に力を入れた「一台三役」、ダイソンが加湿空気清浄機「Dyson Pure Humidify+Cool」発売
ダイソンが加湿空気清浄機の新製品「Dyson Pure Humidify+Cool」を発表した。年間を通じて空気清浄機として利用できる他、夏は扇風機、冬は加湿器になる。(2019/11/14)

第14期 第11回出展技術発表会:
圧送管路内に多機能ボールを転がし、漏水や空気だまりの位置を特定
東亜グラウト工業は、米Pure Technologiesが開発した漏水検知技術「スマートボール(SB)・システム」を活用した「SB工法」の普及に努めている。(2019/11/11)

MIT卒ママ&IEEEフェローが全面支援:
ママさんたちが奮闘! 小学生のための“手作り”ラズパイ教室
「今度はScratchGPIOで7セグメントLEDを光らせましょう」「は〜い!」――2019年9月、浜田山小学校(東京都杉並区) の理科室では放課後、児童と”お母さん講師”との、こんなやりとりが響いていた。開催されていたのは、小型コンピュータ「Raspberry Pi」を使ったプログラミング教室「パイ・テック・クラブ」だ。MIT(マサチューセッツ工科大学)出身の保護者と”ママ友”たちが4年前に創設した後、IEEEフェローの専門家による支援のもと、児童の母親たちが自ら講師となって活動しているという。(2019/10/30)

東京モーターショー2019:
未来の大型トラックはサメになる!? ウォークスルーできるEVトラックも
いすゞ自動車は、「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、大型トラック「ギガ」の最新モデルや電動小型配送車「エルフEV ウォークスルーバン」、次世代の大型トラックをモチーフとしたショーモデル「FL-IR」を参考出品として世界初披露した。(2019/10/29)

tsumug.edge:
エストニアに住む日本人が見た、既にロボット配達が展開中の今
「電子国家」として世界の注目を集めている北欧のエストニア。その実態について、エストニアに移住した筆者が見た電子国家のリアルをお届けする。(2019/10/29)

工場ニュース:
タイに2つの生産棟が完成、モバイルや自動車機器向け需要拡大で生産能力増強
村田製作所は、同社の生産子会社であるタイのMurata Electronicsが建設を進めていた2つの生産棟が完成したと発表した。モバイル機器や自動車向け電子部品需要の増加への対応を目的として建設された。(2019/10/28)

第14期 第11回出展技術発表会:
無人・自動観測に対応した電波式流速計、洪水のピーク時でも情報取得
政府は2017年3月に、「水中観測業務規程」を改正し、河川流量の測定に、従来の着水タイプの流速計と浮子に加え、その他の計測機器を用いることを認めた。これを受けて、国立土木研究所は、離れた場所から対象河川の流速を測れる電波式流速計を横河電子機器と共同開発した。(2019/10/28)

「Galaxy S10」の“誰でも指紋認証OK”問題、「来週早々にパッチを配信」とSamsung
Samsungの超音波指紋センサーによるロック解除が、サードパーティ製保護フィルムを貼ったデバイスでユーザー以外でも有効になってしまう問題について、Samsungが10月21日の週に修正パッチをリリースすると発表した。(2019/10/19)

CEATEC 2019:
全固体電池とワイヤレス給電をモジュール化
村田製作所は、「CEATEC 2019」で、電池容量が最大25mAhと大きく、定格電圧が3.8Vの全固体電池を展示。ワイヤレス給電システムと組み合わせ、ミニカーがサーキット走行と充電を自動的に繰り返すデモなどを行った。(2019/10/17)

6年ぶりのCEATEC出展:
医療、ライフサイエンスで発揮するソニーの技術力
ソニーは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)で、メディカルイメージング領域とライフサイエンス領域に関する技術や製品を初めて展示した。同社がCEATECに出展するのは2013年以来6年ぶりだ。(2019/10/15)

CEATEC 2019事前情報:
IoT、Mobility、Wellnessなど7分野の製品展示、TDK
2019年10月15〜18日にかけて、「CEATEC 2019」が千葉・幕張メッセで開催される。TDKは、「Make It Attractive」をテーマに、同社が得意とする7つのマーケットにおいて展開する製品を展示する。(2019/10/7)

Uberアプリ、「Uber Eats」や乗り換え案内も統合するオールインワンアプリへ
Uberが、Uberアプリを将来的にはオールインワンの“日常生活のためのOS”にしていくと発表。「Uber Eats」アプリと統合し、公共交通機関やシェアサイクルも組み合わせた乗り換え案内機能を追加する計画だ。(2019/9/27)

モノづくり総合版 メールマガジン 編集後記:
やっぱり“教育用途”のラズパイはすごかった
本来の目的で使われているラズパイの“真の力”を見た。(2019/9/19)

次期iPhoneはどうなる?:
顔だけ? それとも…… 新型iPhoneの生体認証、指紋復活なるか?
2018年に発売されたiPhoneは「Face ID」を使った顔認証に統一され、「Touch ID」による指紋認証は廃止された。2019年のiPhoneでは指紋認証が“復活”するという見方と、そうならないという見方の両論が存在している。(2019/9/4)

福田昭のデバイス通信(198) 2019年度版実装技術ロードマップ(9):
未来のモビリティーを支える自動運転システム
前回に続き、ロードマップ第2章「注目される市場と電子機器群」から、3番目の大テーマである「モビリティー」の概要を説明する。今回は、特に「レベル3」の自動運転を提供するECU(電子制御ユニット)と、それに搭載される半導体チップに焦点を当てたい。(2019/9/4)

臨床医学研究に「AWS」を使う【前編】
名古屋大学医学部附属病院も直面 なぜ診療科ごとにデータベースが乱立する?
臨床医学研究の現場では、診療科ごとに研究用のサブデータベースが乱立する「サイロ化」の問題がしばしば起きる。同様の問題に直面した名古屋大学医学部附属病院は、解決に向けてどのような取り組みをしたのか。(2019/9/13)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019:
建機と接触事故を防ぐ、フランス生まれの人とモノを見分けるステレオカメラ
建設機械との接触事故は、高所からの「墜落・転落」、「土砂崩落」と並び、建設業の3大災害に挙がるほど多発している。福井県に本社を置く、エウレカは、建設現場の安全性を向上させる視認支援装置を海外から持ち込み、販売代理店となって国内の市場に多数、提供している。(2019/8/30)

第5回竹芝夏フェス:
竹芝エリアで街全体のロボット実装に向けた実証実験、警備ロボットや電動モビリティーなど
東急不動産と鹿島建設らは第5回「竹芝夏フェス TAKESHIBA Seaside Music&Dining」を開催。今回は東京都主催の事業「Tokyo Robot Collection」と連携し、警備ロボットや電動モビリティーといったさまざまな最新機械が展示された。(2019/8/30)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(38):
5G対応スマホにみる大手半導体メーカーの“領土拡大"
今回は、既存のスマートフォンに取り付けることで第5世代移動通信(5G)対応を実現するアンテナユニット「5G moto mod」に搭載されるチップを詳しく見ていく。分析を進めると、Qualcomm製チップが多く搭載され、大手半導体メーカーの“領土拡大”が一層進んでいることが判明した――。(2019/8/30)

ホビーショーで「地方創生」:
「模型の世界首都」静岡市――タミヤ社長が「新時代のプラモデル」を語る
最近はプラモデルを作ったことのある子どもたちも減り、小売店もめっきり減ったというが、ところがどっこい、静岡は熱い。タミヤの田宮俊作社長に「模型の世界首都」静岡市で開かれたホビーショーについて聞いた。(2019/8/23)

何これかわいい ソニー、ヤマハ発と共同で「エンタメ自動運転カート」を開発
コンセプトは「人が乗れるスマホ」。(2019/8/21)

窓の代わりにディスプレイ ソニーのクルマ、実用化へ ヤマハ発と共同開発
ソニーは、イメージセンサーとディスプレイを搭載した窓のないクルマ「New Concept Cart SC-1」をヤマハ発動機と共同開発し、年内にサービスを開始する。試作機と同様、カメラでとらえた360度の映像をディスプレイに映して周囲を把握でき、乗員は夜間でもヘッドライトなしで視認できる他、遠隔操作にも対応している。(2019/8/21)

ASUS、ゲーミングスマホ「ROG Phone(ZS600KL)」を2万円値下げ 7万9500円(税別)に
ASUS JAPANは、8月16日にゲーミングスマホ「ROG Phone(ZS600KL)」の価格を改定。従来価格の9万9500円から2万円値下げし、7万9500円(税別)で提供する。(2019/8/16)

医療機器ニュース:
AIを用いた超音波検査における影の自動検出法を開発
理化学研究所は、深層学習によるラベルなしデータでの学習によって、超音波検査にAI技術を適用する際に課題となっている影を効率的に自動検出する新手法を開発した。(2019/8/16)

i-Construction推進コンソーシアム「技術開発・導入WG」(中):
国内初実証!導水路の管内を蝕むカワヒバリガイを近紫外光で除去?
国土交通関東地方整備局が管轄する事業所の管理施設では、害虫による被害や含水土への対応といった問題に悩まされている。民間企業ではこういった状況を踏まえ、解決策として、近紫外光やコジェネを活用した乾燥システムなどの開発を進めている。(2019/7/31)

超音波検査の「音響陰影」をAIで自動検知、検査精度の低下を防ぐ 理化学研究所ら
理化学研究所らの研究グループは、超音波検査において発生する「音響陰影」を、AIによって自動検知する技術を開発した。診断時にリアルタイムで超音波検査画像を処理し、誤った異常検知を防ぐ。(2019/7/30)

CAEニュース:
ANSYSとAVSimulationが協業、シミュレーション技術で自動運転車の開発を支援
ANSYSとAVSimulationは、戦略的パートナーシップを締結した。両社のシミュレーション技術を統合することにより、次世代自動運転車をより早く安全に、低コストで設計できるようになる。(2019/7/25)

医療技術ニュース:
呼気ガス分析を用いた簡便で非侵襲的な肺高血圧症の判別法を発見
東北大学は、座った姿勢から寝た姿勢への姿勢変化と呼気ガス分析を組み合わせ、肺動脈性肺高血圧症と慢性血栓塞栓性肺高血圧症の判別が非侵襲的に可能なことを示した。(2019/7/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。