ニュース
» 2016年08月30日 13時05分 UPDATE

“雪の下”を再現して野菜の甘みをアップ、シャープの新「メガフリーザー」

シャープは、大型冷蔵庫「メガフリーザー」の新製品を9月から順次発売する。雪国で野菜を雪の下に置いて長期間鮮度を保つ方法に近い状態を再現する「雪下シャキット野菜室」などを新たに搭載した。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 シャープは8月30日、大型冷蔵庫「メガフリーザー」の新製品「SJ-GT55C」など4製品を発表した。家庭で食材を無駄にしてしまう「フードロス」の削減を目指した冷蔵庫。新たに「タイマー冷凍」と「雪下シャキット野菜室」というユニークな機能を追加している。

「メガフリーザー」新製品

 SJ-GT55Cは、庫内容量551Lのうち、192Lが冷凍室という長期保存を重視した冷蔵庫だ。このうち上段の冷凍室に設けられたのが、新しい「タイマー冷凍」機能。−40°Cの冷気で30分間限定の急冷・急凍を行う。「例えばグラスやドリンクを素早く冷やすことができるため、急な来客などに対応できる」(同社)。なお、常温のものを0°近くまで急速に冷やすことが目的のため、30分後には通常の冷凍温度帯になるという。

「タイマー冷凍」の概要

 もう1つの大きな進化が野菜室だ。「雪下シャキット野菜室」は、雪国で野菜を雪の下に置いて長期間鮮度を保つ方法に近い状態を再現する。そのメリットは、保存性のアップと「野菜は雪の下という低温密閉状態に保たれることで、寒さから身を守ろうとでんぷんを糖に分解することで甘みが増す」(同社)

青いトレー(うるおいガード)のある場所が「雪下シャキット野菜室」。上はチルドルーム、向かって左側は氷室とタイマー冷凍室、下を大容量冷凍庫に囲まれている。さらに外壁にも冷気を流して「5面輻射冷却」を実現した

 雪下を再現するため、冷凍室やチルドルーム、氷室に囲まれた場所に野菜室を設け、冷気を直接送り込むのではなく、周囲からの輻射冷却で野菜室全体を冷やす構造とした。これは「冷気を直接送り込むと湿度が下がってしまうが、輻射冷却にすることで90%以上の湿度を保持できる」(同社)ためだ。一方で温度帯は通常の野菜室よりも少しだけ低い2〜5°Cに設定した。本当の雪の下は0°C近いが、そこまで下げると今度は果物などに悪影響を及ぼすためだ。

「雪下シャキット野菜室」の概要

 同社の検証によると、雪下シャキット野菜室によって葉物野菜や根菜の保存性が約20%アップ。また7日間保存した人参は甘みが約20%増し、きゅうりでは食感(固さ)が約27%向上した。「週末に1週間分の食材をまとめ買いするケースにも対応できる」としている。

従来の野菜室と「雪下シャキット野菜室」で1週間保存した葉物野菜
雪の下といえば大根。今までより2割ほど保存性がアップ
きゅうりでは従来の野菜室に比べて食感(固さ)が約27%向上

 このほか、調味料を斜めに入れることで奥のビンも出し入れしやすい「段々スパイスポケット」や、縦/横のバーを動かして庫内を柔軟に分けられる「4切り名人」(しきりめいじん)など使い勝手を向上させる工夫も追加したメガフリーザー。4タイプの製品を9月から順次発売する予定だ。

奥の調味料も視認しやすい「段々スパイスポケット」
「4切り名人」(しきりめいじん)。縦横のバーを動かして食材を仕分け。固定したいときは中央の白い部分を回す
型番 SJ-GT55C SJ-GT51C SJ-GT48C SJ-GT52C
ドア数 6ドア 4ドア(両開きドア)
定格内容積 551L 505L 480L 415L
タイマー冷凍
雪下シャキット野菜室
実売想定価格(税別) 35万円前後 32万円前後 31万円前後 26万円前後
発売時期 9月23日 10月20日

関連キーワード

野菜 | シャープ | 白物家電 | 冷蔵庫 | 再現 | 冷却


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう