ニュース
» 2016年09月08日 05時17分 UPDATE

イヤフォンジャックのない「iPhone 7」発表、アップルが示した3つめの選択肢とは?

IP67準拠の防水/防塵仕様に新しいカメラ、Felica対応など盛りだくさんの「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」が発表された。噂通りイヤフォンジャックはなくなり、代わりに登場したのはインテリジェントなワイヤレスヘッドセットだった。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 米Appleは9月7日(現地時間)、新しい「iPhone 7/7 Plus」を発表した。発表イベントでIP67準拠の防水/防塵仕様や新しいカメラ、FeliCa対応など盛りだくさんの内容を笑顔で紹介していたフィル・シラー氏だったが、唯一神妙な面持ちになったのがイヤフォンジャックの廃止を告げた時だった。

Lightningでデジタルオーディオ信号を出力する

 「イヤフォンジャックについては非常に長い間、議論してきた。なぜ、われわれは“前進”するのか。大切なのは、さまざまなテクノロジーを搭載するスマートフォンはバッテリーが大きくなり、スペースの確保に力を注いできたということだ」(同氏)

 バッテリー駆動時間と引き替えにイヤフォンジャックやそれに伴うデジタル/アナログ変換回路をなくす。代わりに音声を出力するのはLightningコネクターの役割となる。シラー氏は、これまで通り3.5mmステレオミニプラグを使えるようにする短いアダプターやLightning接続の「EarPods」といった代案を示したが、本命は違うところにあった。

1つめの対応策はLightning直結タイプの「EarPods」
2つめは今まで通りのイヤフォンが使用できるアダプター

 シラー氏が紹介したのは、新しい「AirPods」だった。Apple製の「W1」チップや光学センサー、赤外線センサーなどを搭載したインテリジェントなワイヤレスヘッドセット。耳に装着したことを赤外線センサーが感知し、iPhoneの画面で「接続」ボタンをタップするだけで接続が可能。耳から外せば音楽再生を一時停止する。また左右どちらかのAirPodをダブルタップすることで「Siri」を起動したり、1つで片耳ヘッドセットとして使用するといったこともできる。

3つめの選択肢は利便性を上げたワイヤレスイヤフォン「AirPods」
バッテリー内蔵のケースで充電
「AirPods」の概要

 AirPodsは内蔵バッテリーで5時間の連続駆動が可能。またバッテリーを搭載した専用ケースに入れて充電することにより、約24時間使用できるという。AirPodsは159ドルで9月末に発売予定(日本では税別1万6800円で10月下旬)。このほか、関連会社であるBeatsからも「Solo 3 Wireless」など3機種のワイヤレスイヤフォンが投入される予定だという。

 「われわれは次のステージに進む。それがワイヤレスだ」(シラー氏)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう