ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Siri」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Siri」に関する情報が集まったページです。

Amazonが主導する出版業界の変革【前編】
「Kindle」「Audible」以上の衝撃か? Amazonが「POD」で起こす出版革命
Amazon.comは電子書籍サービス「Kindle」の市場投入や「Audible」の買収を経て、書籍の出版や購入、読書の方法を変えた。長期的な目で見ると、さらに大きな影響を及ぼし得るサービスがあるという。それは何なのか。(2021/3/5)

Oculus Questのウェイクワードが「Hey Facebook」に
FacebookのVRヘッドセット「Oculus」シリーズの英語版では音声命令が使えるようになっている。音声命令を開始するウェイクワードが発表された。「Hey Oculus」ではなく「Hey Facebook」だ。(2021/3/1)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
iPhoneやHomePodから家電をオン/オフできるSiri対応スマートプラグを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、AppleのHomeKitに対応したスマートプラグ「Meross WIFIスマートプラグi」を取り上げる。(2021/1/8)

モバイルdeワークスタイル変革:
いろいろあった2020年 モバイル/PCを駆使するライターの働き方はどう変わったか?
働き方改革に加えて新型コロナウイルスの影響でテレワークシフトが進んだ2020年。元々テレワークとの親和性の高いフリーライターである筆者にも、働き方に変化が生まれた。その一端を紹介したい。(2020/12/31)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Appleの「HomePod mini」をひときわシビアに採点する
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、Appleの小型スマートスピーカー「HomePod mini」を取り上げる。(2020/12/23)

AirPods Maxの高音質や質感には納得 だけど実は家庭内向けな理由
米国在住のYouTuber、大石結花さんによるAirPods Maxファーストインプレッション。(2020/12/17)

Apple、iPhoneとiPadのOSを更新し、バージョン14.3に Apple ProRAW、AirPods Maxに対応
Appleのアップデート祭り。iOSとiPadOSも更新された。(2020/12/15)

「iOS 14.3」配信 写真規格「Pro RAW」追加や「AirPods Max」対応他、多数の機能追加
Appleが「iOS 14.3」をリリースした。「iPhone 12 Pro/Pro Max」のカメラの目玉機能「Pro RAW」が利用できるようになる。オーバーイヤー型ヘッドフォン「AirPod Max」にも対応した。セキュリティ関連では11の脆弱性に対処した。(2020/12/15)

M1 MacでiPhoneとiPadのアプリを拡大可能に 「macOS Big Sur 11.1」で AirPods Max対応も
Appleが、AirPods Maxなどに対応した「macOS Big Sur 11.1」を配布開始した。(2020/12/15)

Appleがヘッドフォンの極限を目指すとどうなるのか? 「AirPods Max」への期待
Appleが12月8日に発表したオーバーイヤータイプのヘッドフォン「AirPods Max」。同社が目指した“Max”は何なのか。12月15日の発売を前に、林信行氏が考察した。(2020/12/10)

Apple、オーバーイヤーヘッドフォン「AirPods Max」発表 税別6万1800円で12月15日発売
Appleデバイスとの親和性はそのままに、AirPodsを高音質のヘッドフォンに。(2020/12/9)

Apple、AirPodsで初めてのオーバーイヤーヘッドフォン「AirPods Max」発表
AirPodsにオーバーイヤーヘッドフォンが追加された。名前はMax。(2020/12/9)

オーバーイヤー型の「AirPods Max」が12月15日発売 ノイキャン対応で6万1800円
Appleが12月15日にオーバーイヤー型のワイヤレスイヤフォン「AirPods Max」を発売する。カラーはスペースグレー、シルバーグレイ、スカイブルー、グリーン、ピンクの5色。価格は6万1800円(税別)。アクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード、空間オーディオに対応している。(2020/12/8)

AI音声認識の「おもしろ誤変換」を募るコンテスト、結果発表 大賞は?
文字起こし活用推進協議会が、音声認識AIによるユニークな誤認識・誤回答を募るコンテストを実施。大賞は米Google製スマートスピーカーによる誤回答だった。(2020/12/4)

まるでゲーミング御殿 きらびやかに魔改造した部屋のビフォーアフターがマジでなんということでしょう
しかも全家電と照明はSiriで操作可能。(2020/12/2)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(48):
2020年の製品のシリコンは“ほぼ自前”、Appleの開発力
2020年は大型商品の発売が相次いだ。特にApple製品は、“自前のシリコン”搭載が目立ち、Appleの開発力を表すものとなっている。(2020/12/3)

テレビ会議のお供に使いたい「オープンイヤーイヤフォン」 3モデルを試してみた
新型コロナ下の現状、ビデオ通話用に、“ながら聴き”対応の「オープンイヤーイヤフォン」が注目を集めています。そこで、筆者も購入した3メーカーのモデルを試しました。(2020/12/8)

M1チップ搭載MacBook Air、一足先に使ってみて分かった驚き
M1対応Final Cut Proの性能を、YouTuberの大石結花さんが評価しました。(2020/11/17)

Appleの小型スマートスピーカー「HomePod mini」を初代と比較する
Apple初の小型スマスピの「音質以外」の部分をチェックした。(2020/11/16)

Googleさん:
「ふんふふん」で曲名が分かるGoogleの鼻歌検索 驚きの的中度支えるマッチング手法
モバイルのGoogleアプリに「この曲なに?」ときいてふんふふんと鼻歌(歌詞付きも可)を歌うと曲名を表示してくれる「鼻歌検索」。検索が得意なGoogleさんの、さすがの的中度です。従来の類似サービスとの違いを中の人が説明してくれました。(2020/11/15)

iPhone 12シリーズとiOS 14の記事まとめ 基本情報から詳細レビューまで
ITmedia MobileではiPhone 12シリーズに関して、基本情報からレビューまでさまざまな記事を掲載してきたので、あらためてまとめた。同時期にリリースされた「iOS 14」関連の記事も紹介する(随時更新する)。iPhone 12シリーズ購入と活用の参考にしてほしい。(2020/10/31)

iOS 14では“背面タップ”でスクショを撮れる 他にも便利なショートカットあり
iOS 14では、iPhoneの背面をダブルタップまたはトリプルタップすることでショートカット操作が可能になった。スクリーンショットも割り当てられる。「アクセシビリティ」関連の機能も簡単に呼び出せる。(2020/10/29)

Apple、Google検索に代わる独自検索エンジンを開発中か──Financial Times報道
「iOS 14」のホーム画面での検索では、Googleエンジンを介さずに検索結果が表示されることなどから、Appleが独自検索エンジンを開発中だとFinancial Timesが報じた。(2020/10/29)

iOS 14でCarPlayはどう進化した? 実際に車で試してみた
「Apple CarPlay(カープレイ)」対応のカーナビシステムを搭載する車種なら、USBケーブルで車とiPhoneを接続するだけでiPhoneから音楽を再生できる。こうしたCarPlay関連の機能について、iOS 14におけるアップデートをおさらいした(2020/10/29)

コンパクトになっただけじゃない 「iOS 14のSiri」の進化を検証してみた
9月17日に正式版がリリースされたiOS 14では、Siriに関するアップデートも多くあった。そこで、改めて諸々の進化点がどのようなものなのか、チェックしていきたいと思う。(2020/10/27)

アプリのおいしい機能だけが簡単に使える:
iOS 14新機能「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法
Appleの最新OS「iOS 14」に搭載された新機能の一つ「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法について解説します。(2020/10/26)

Apple、HomePodをアップデートし、インターコム機能、ユーザー聞き分けが可能に
Appleは、インターコム機能などを追加したHomePodアップデート「HomePodソフトウェア 14.1」を配布開始した。(2020/10/21)

魅力のディテールを整理:
「映像美」を再定義するiPhone 12シリーズの新たな可能性
Appleが10月13日(現地時間)に行ったスペシャルイベントで、新型iPhoneとHomePod miniが発表された。そこから見えてくることについて、林信行氏がまとめた。(2020/10/15)

小型スマートスピーカー「HomePod mini」が税別1万800円で登場 発売は11月16日の予定
Appleは10月13日(現地時間)、スペシャルイベントにおいてスマートスピーカーの「HomePod mini」を発表した。注文は11月6日から行え、11月16日に発売される予定だ。価格は税別1万800円で、ホワイトとスペースグレイのカラーが用意される。(2020/10/14)

Appleのスマートスピーカー第2弾「HomePod mini」登場 小型球形で1万800円
HomePodがついにファミリー化。(2020/10/14)

第7/8世代iPad用ケース兼スタンドがセットになった有線キーボード リンクスから
リンクスインターナショナルは、10月上旬にLightningコネクター専用のJIS配列日本語かな印字キーボード「KB-LT-KANA-JIS+iPad CaseStand」を発売。10.2型の第7/8世代iPad用ケース兼スタンドがセットになっている。(2020/10/9)

作業を邪魔する猫を叱れない飼い主に共感! 困った“猫あるある”を描いた漫画に癒やされる
かわいいけど困るやつ。(2020/10/4)

夫「曲をかけて」Siri「ハイ ソウデスネ」 Siriに無視され続ける夫の漫画がかわいそうだけど笑える
そのやり取りはいつまで経っても平行線。(2020/10/3)

割引価格で販売中:
AmazonやGoogle Storeでスマート家電・スマートディスプレイがお得に
Amazonが恒例の「タイムセール祭り」を9月21日23時59分まで開催中だ。また、Google Storeでもスマートディスプレイやスマートスピーカーのセールを展開している。(2020/9/19)

series 6とSEはユーザー爆発の引き金か?:
製品のファミリー化でさらなる魅力が開花した「Apple Watch」の大いなる可能性
Appleのスマートウォッチ「Apple Watch」だが、今回から機能や見た目で3つのモデルが用意された。それぞれの違いは何か、実際に利用して違いを確かめた。(2020/9/17)

Good、Better、Bestで読み解く新ラインアップ:
健康の未来を先取りしたApple Watch、タブレットの水準を引き上げたiPad
Appleが恒例のスペシャルイベントを行ったが、メインのiPhoneは発表されず、新型iPadシリーズとApple Watchシリーズが登場したのみだった。しかし、その中には我々の未来に直結する重要なメッセージが盛り込まれていた。林信行氏が読み解く。(2020/9/17)

17日から配信 「iOS 14」の新機能をまとめてチェック!
日本時間の9月17日から、iPhone/iPod touch向け新OS「iOS 14」の配信が始まる。その主な新機能を改めてチェックしてみよう。(2020/9/16)

プレミアムコンテンツ:
「Alexa」「Siri」との会話は盗み聞きされていた?
人工知能(AI)エンジンを使った「音声アシスタント」で、“認識精度向上のため”に複数のベンダーが音声データを人手でチェックしていた事実が明らかになった。音声アシスタントに潜むリスクを紹介する。(2020/9/12)

人工知能ニュース:
暗黙知もセンサーや言語解析で総合的に把握する、技術承継用AIソリューション
米国の非営利独立研究機関であるSRIインターナショナルは2020年8月31日、ウェビナーを開催し、カメラやセンサーから取得した情報の他、文書や音声といった情報をAIや言語解析エンジンなどで分析して技術者のノウハウをナレッジベース化する、技術承継を目的としたソリューションに関して説明した。(2020/9/11)

“カンブリア爆発”が始まるのか:
エッジAI向けプロセッサ、開発競争は激化する?
エッジAI(人工知能)への移行は、高性能プロセッサが鍵を握っている。エッジ/組み込みデバイスに匹敵する価格と消費電力量、サイズを実現しながら、優れた性能を提供できるプロセッサである。(2020/9/10)

Apple純正「翻訳」アプリと「Google翻訳」を比較 現時点ではGoogleに一日の長
米Appleは、秋にリリース予定の「iOS 14」に「翻訳」アプリを追加します。しかしiOS 14のパブリックβ版でライバルの「Google翻訳」と比較したところ、主に操作の面で未成熟な部分が見えてきました。(2020/8/31)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Nature Remoに激似の低価格スマートリモコン「SwitchBot Hub Mini」を試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、家電も操作できるスマートリモコン「SwitchBot Hub Mini」を試した。(2020/8/27)

リアルから秒速:
今秋リリース Appleの「App Clip」は、消費行動オンライン化の“出島”になる
Appleの技術戦略には、ネットビジネスのトレンドを先取りするヒントが隠れています。そんなAppleが今秋「App Clip」をリリース予定にしています。リアル世界からオンライン領域へのユーザー流入を促す仕組みとして期待されますが、劇的な起爆剤になるでしょうか?(2020/8/27)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「27インチiMac」は2020年にどんな進化を遂げたのか 初の10コアCPUモデルで性能を確かめる
外観は変わらないものの、中身は全面的なアップグレードとなった新型の「27インチiMac」。初採用となる10コアの第10世代Core i9をはじめ、ハイスペックな構成のテスト機でその性能をチェックした。(2020/8/14)

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2020) を細部に至るまでチェックした
恒例、MACお宝鑑定団流のMac新製品チェック。コントローラーのバージョンまで目を通します。(2020/8/11)

お気に入りのヘルメットがスピーカーに変身!? 後付け骨伝導インカムシステム「HeadTooth」が何かすごそう!
耳をふさがず、比較的簡単に後付け。(2020/8/5)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
暑い夏こそ活用したい! スマホで温度湿度を表示、家電の自動起動もできる「SwitchBot 温湿度計」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、家電も操作できる温湿度計を試した。(2020/8/4)

3Dプリンタ買っちゃいました:
3万円しない光造形3Dプリンタ、セットアップして印刷してみた
テレワークを明るくしてくれるかもしれない3Dプリンタ連載の第2回はようやくセットアップ。(2020/7/30)

21世紀企業に啓示を与える100ページ超の報告書:
Appleが“地球の未来を変える2030年までのロードマップ”を公開、ゼロを掲げる理由
Appleが突如発表した、「2020年度進捗報告書」とは何なのか。その詳細を林信行氏がリポートする。(2020/7/22)

IT用語解説系マンガ:食べ超(191):
セル結合でデータサイエンティストを免停に?
AIに精通しているかと思ったらSiriに話し掛けるのが上手だっただけというケースもありました。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2020/7/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。