ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Home」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Home」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

オフィス勤務再開を支える3つの音声認識技術【後編】
スマートスピーカー、声紋認証、STTとは? コロナ禍出社に役立つ音声認識技術
「接触回避」と「清潔管理」は、コロナ禍のオフィス勤務で特に気を付ける必要がある。これらの課題の解決に役立つのが「音声認識技術」だ。主要な技術を紹介する。(2021/1/8)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
TVの「スマートスピーカー連携」って何ができる? 東芝の4K液晶レグザで試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回はTV内蔵の連携機能を試してみた。(2020/12/15)

Googleアシスタント搭載スマスピで「Apple Music」 日本を含む5カ国で
「Nest Audio」などの「Googleアシスタント」搭載スマートスピーカーおよびスマートディスプレイが「Apple Music」をサポートする。「YouTube Music」と「Spotify」は既にサポートしている。「Amazon Music」はサポートしていない。(2020/12/8)

Googleのスマートディスプレイに家族の掲示板機能「ファミリーメモ」
「Nest Hub」や「Nest Hub Max」などのGoogleのスマートディスプレイにメモを表示する新機能「ファミリーメモ」が追加される。口頭でメモを作成でき、簡単に削除できる。(2020/11/19)

Netflixバンドル版もあり:
自ら動画や音楽を再生できる「Chromecast with Google TV」が11月25日発売 4K/HDR対応で税込み7600円(単体版)
Chromecastの新モデルが日本に上陸する。4K/HDRの映像出力に対応した他、アプリを追加することで映像や音楽を“自ら”再生できる機能も備えた。直販ストアでは、Neflixの6カ月視聴権とのセットも販売される。(2020/11/18)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
球形にリニューアルした第4世代「Echo Dot」のメリットとデメリット
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回は、球形に生まれ変わったAmazonの「第4世代Echo Dot」シリーズを試した。(2020/11/17)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Echo」第4世代モデル、どう進化した? 試して分かったメリットとデメリット
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回はガラリと生まれ変わったAmazonの「第4世代Echo」を試した。(2020/10/29)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマホをワイヤレス充電できるGoogle アシスタント搭載スマートスピーカー「SOUNDFORM ELITE」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回はGoogle アシスタント対応のベルキン「SOUNDFORM ELITE」を試した。(2020/10/28)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
税込み2500円の低価格ネットワークカメラ「ATOM Cam」+Echo Showで監視システムを作って分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回は低価格ネットワークカメラ「ATOM Cam」をスマートディスプレイと連携させた。(2020/10/21)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
進化した Googleのスマートスピーカー「Google Nest Audio」、果たして買いか?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。今回は、「Google Home」の後継となる新モデル「Google Nest Audio」をチェックした。(2020/10/20)

Google、Nestシリーズ代表作のサーモスタットを刷新 「Soli」搭載で130ドルに
Googleが2014年に買収したNest Labsの代表的な製品であるサーモスタットを大幅に刷新した。先代より100ドル以上安くなり、Google Homeアプリに対応し、Pixelシリーズから消えたセンサー「Soli」を搭載する。(2020/10/13)

「Googleアシスタント」でAndroidアプリの操作が可能に 「ねえGoogle、Twitterでニュースをチェック」
Googleの音声アシスタント「Googleアシスタント」でAndroid端末のサードパーティ製アプリを操作できるようになった。対応するアプリはまだ30本程度だが、今後増える見込み。Twitterを開いたり、Spotifyでプレイリストを再生したりできる。(2020/10/9)

Googleさん:
Googleのくつろぎ製品パーティー「Launch Night In」はどんな様子だったのか
Googleが例年の「Made by Google」の代わりにバーチャルで配信したハードウェア発表イベント「Launch Night In」の30分をまとめてみました。ハードウェアだけでなく、「カメラ」アプリの新機能や11月の音楽イベントなども発表。(2020/10/3)

新Chromecastも発売予定:
音楽機能を強化したスマートスピーカー「Google Nest Audio」登場 10月15日発売
Googleが「Google Home」の事実上の後継となるスマートスピーカーを発売する。音質を改善し、2台並べてステレオ再生したり他のデバイスと同時に音楽を再生したりする機能を備えている。(2020/10/1)

Google、音質重視スマスピ「Nest Audio」を1万1550円で発売
Googleが、2016年発売の初代スマートスピーカー「Google Home」の後継に当たる「Google Nest Audio」を発表した。日本では10月15日に1万1550円(税込)で発売する。色は明るいグレイと濃いグレイの2色。音量と低音が先代より大幅に改善された。(2020/10/1)

Googleさん:
Googleから「夜の招待状」 うわさまとめ(Pixel 5以外)
Googleが9月30日(日本では10月1日超早朝)に開くオンラインイベント「Launch Night In」で発表されるハードウェアのこれまでのうわさをまとめました。(2020/9/21)

「Android 11」製品版登場 Pixelを含む複数メーカーのデバイスに配信開始
Android OSの最新バージョンが“製品版”となった。GoogleのPixelスマートフォン(Pixel 2以降)の他、OnePlus、Xiaomi、OPPO、realmeの一部スマートフォンを対象に9月8日(米国太平洋夏時間)から順次配信される。他のメーカーでも、一部機種で数カ月以内にバージョンアップが実施される予定だ。(2020/9/9)

Android 11公開 Pixel、OnePlus、Xiaomi、OPPOの端末にロールアウト
GoogleがモバイルOS「Android 11」の正式版をリリースした。同社オリジナルのPixelシリーズだけでなく、OnePlus、Xiaomi、OPPO、Realmeの端末にも同日からロールアウトしていく。(2020/9/9)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Nature Remoに激似の低価格スマートリモコン「SwitchBot Hub Mini」を試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、家電も操作できるスマートリモコン「SwitchBot Hub Mini」を試した。(2020/8/27)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
NetflixとParaviをスマートディスプレイで楽しむ方法
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、スマートディスプレイで動画配信サービスを楽しんでみた。(2020/8/24)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
暑い夏こそ活用したい! スマホで温度湿度を表示、家電の自動起動もできる「SwitchBot 温湿度計」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、家電も操作できる温湿度計を試した。(2020/8/4)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon純正スマートプラグ、使って分かったメリットとデメリット
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、Amazonから発売されたスマートプラグを試してみた。(2020/7/28)

【5年前に家電ほぼ捨てちゃった人インタビュー】夫婦での途上国滞在で学んだ「“ない生活”をしてみるメリット」
現在は日本で、「ない生活」ではなく「自分にとっていらないものを持たない生活」を送っているようです。(2020/8/7)

Googleさん:
コロナ禍のGoogle Pixel新製品を予想する
Google I/Oがなくなってから、毎月のように「今月発表されるかも」と言われ続けた「Pixel 4a」。次の予想である8月3日を前に、うわさをまとめてみました。(2020/7/25)

テレワーク時代のスマート家電:
スマートスピーカー「Clova WAVE」でテレワークをスムーズにこなす方法
6月に緊急事態宣言が解除され、“新たな日常”が始まった。その一方で、我が家には未解決の問題が継続したままだ。そこでスマート家電、今回はスマートスピーカーで課題解決に取り組んだいきさつをお届けしよう。(2020/7/14)

Googleさん:
Android 11 β1を使ってみました
一般ユーザーからのフィードバックが目的の「Android 11 β」の最初のバージョンが公開されたので、さっそくPixel 3にインストールして触ってみました。(2020/6/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
4台の家電製品をリモートでオン/オフできるMerossの「スマート電源タップ」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、スマスピを使って家電をオン/オフできる「スマートプラグ」をチェックした。(2020/6/11)

「Android 11 β1」登場 コミュニケーション、コントロール、プライバシーに焦点
Googleが、「Android 11 β1」を公開した。まずはPixel 2以上のPixelシリーズにインストールできる。電源ボタン長押しで表示される「すぐに取り出したいものが入ったポケット」のような画面やコミュニケーションアプリの通知機能などを確認できる。(2020/6/11)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Nest Hubシリーズでのオンライン帰省は現実的か、試してみた
ビデオ通話を使ったバーチャルイベントが盛んに行われているが、Googleの画面付きスマートスピーカーでオンライン帰省はできるのか、その方法を実際に試してみた。(2020/6/4)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(28):
「在宅」ファーストの企業ネットワーク設計、3つのポイントとは?
新型コロナウイルスの感染予防対策として、在宅勤務が一気に広がった。今や企業のネットワークユーザーは社内ではなく自宅からアクセスしている場合が少なくない。「アフターコロナ」となっても、働き方改革の定着と相まって在宅ファーストは続くだろう。このような状況を前提とした企業ネットワーク設計のポイントについて述べる。(2020/5/27)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
見せてもらおうか 楽天モバイル「容量無制限」の実力とやらを
急きょ引っ越しが決まった筆者。固定インターネット回線の工事が間に合わないことから、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」回線を代わりに使うことにしました。果たして、代役は務まったのでしょうか……?(2020/5/20)

Googleアシスタント、「Voice Match」精度向上と“空耳”防止機能追加
Googleアシスタントの「OK Google」の聞き分け精度が上がる。「Voice Match」での声を再登録するとユーザーの聞き分け精度が上がり、英語ではウェイクワードの聞き間違い率を下げる調整が可能になる。(2020/4/24)

BGMにビデオ通話、スマートスピーカーがあるとテレワークがはかどる理由
自宅だとなかなか作業に集中できない。そんなときはスマートスピーカーが役に立つ? 音楽視聴やビデオ通話などの活用例を紹介。(2020/4/23)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
バッテリー内蔵スマートスピーカー「Sonos Move」、試しに使って外に持ち出して分かったこと
Sonosのスマートスピーカー「Move」は、バッテリーを内蔵することでアウトドアでも使えるのが大きな特徴だ。試しに使って分かったこととは?(2020/3/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
AmazonのEchoやGoogle Homeにない、Sonosのスマートスピーカー「Move」ならではの特徴とは?
Sonosのバッテリー内蔵型スマートスピーカー「Move」。その特徴やセットアップの手順を見ていく。(2020/3/24)

ZEH:
北陸初の「高層 ZEH-M」認定取得の環境配慮型分譲マンション、大和ハウス
大和ハウス工業は、「高層ZEH-M」認定を取得した環境配慮型分譲マンション「プレミスト西金沢ステーションフロント」の販売を2020年2月から開始した。マンション設備には、高効率エアコンなどを採用し、一般的なマンションと比較して、エネルギー消費量を30%削減する。(2020/3/9)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
音声操作も可能で天井から音が降る! ソニーの超多機能マルチファンクションライトを試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、LEDシーリングライトにスピーカーが合体した、ソニーのマルチファンクションライト「MFL-1000A」を紹介する。(2020/2/4)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーで簡単操作! アイリスオーヤマのLEDシーリングライトを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、スマート機能を搭載したアイリスオーヤマのLEDシーリングライトを紹介する。(2020/1/30)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
一度は使ってみるべし、Alexaをさらに使いこなすための最新Tips×5選
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、Alexaをさらに使いこなすための最新Tipsをまとめた。(2020/1/28)

強調スニペットやリッチリザルトなど:
GoogleにおけるSEO、2019年の動向まとめと2020年の予測
2020年はオリンピックイヤーということもあり、マーケティング的にも何かと変化の多い1年となりそうです。ここではSEOに関して今起きていることをまとめ、それを踏まえて2020年を予測します。(2020/1/10)

CES 2020:
「Googleアシスタント」の今年の新機能は家族用掲示板や家電の起動予約など
Googleが、CES恒例の「今年提供予定のGoogleアシスタントの新機能」を紹介した。家族で確認できる掲示板機能やコーヒーメーカーなどの家電の起動予約、Webページの長文朗読などだ。(2020/1/8)

2019年の生活を変えたモノ:「HomePod」が室内の音楽体験を変えた/ケータイも買い替えた
個人的に2019年を振り返ってみると、スマートフォンではない物に引かれた1年だった。1つはAppleの「HomePod」。価格の高さから購入を迷っていたが、いざ買ってみたら、大満足だった。もう1つが「arrows ケータイ F-03L」。簡単に着信に応答できるところが気に入っている。(2019/12/29)

Googleさん:
Google Nest Miniたちにデュエットさせてみた
Googleの小さいスマートスピーカー「Nest Mini」を既に1つ持っているのに、YouTubeから会員にとプレゼント。せっかくなので2個でステレオスピーカーにしてみました。(2019/12/26)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
画面が大きいだけじゃない! 進化しまくりの「Google Nest Hub Max」を使ってみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、国内販売が開始された「Google Nest Hub Max」を紹介する。(2019/12/19)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
買い替える価値はある? 「Google Nest Mini」を使い込んで分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は「Google Home Mini」の第2世代モデルにあたる新製品「Google Nest Mini」を紹介する。(2019/12/18)

2019 TRON Symposium:
IoT-EngineがSigfoxと連携、アグリゲートコンピューティングの世界は広がるか
「2019 TRON Symposium」の展示会場では、構想発表から4年が経過し、一定の熟成を見せつつあるIoT-Engineの関連製品が披露された。Sigfoxを用いた通信に対応するなど、IoT-Engineにつながる世界は着実に広がりつつある。(2019/12/17)

Googleアシスタントのリアルタイム通訳機能がiOSとAndroidでも利用可能に
「Googleアシスタント」を搭載したAndroidおよびiOS端末で、音声のリアルタイム通訳機能が使えるようになった。日本語を含む44カ国語を音声とテキストで通訳する。1月からスマートディスプレイで使えていた機能だ。(2019/12/13)

サイバーマンデーセールでお得に:
Amazonのスマートスピーカー第3世代「Echo」を1カ月使い込んで分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、第3世代Echoを1カ月使い込んで分かった、いくつかのことについて紹介する。(2019/12/9)

新建材:
文化シヤッターのマドマスター・スマートタイプがGoogle Homeに対応
文化シヤッターの電動窓シャッター「マドマスター・スマートタイプ」が、11月中旬よりGoogle HomeなどのGoogleアシスタント搭載デバイスに対応した。(2019/12/9)

Google、自社ブランドのメッシュ対応Wi-Fiルーター「Nest Wifi」 29日に日本で発売 1万9800円から
Googleが自社ブランドのWi-Fiルーター新製品「Google Nest Wifi」を11月29日に日本で発売する。(2019/11/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。