ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Home」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Home」に関する情報が集まったページです。

「うんちの回数は何回でしたかニャン?」 Googleアシスタントが子猫の育成サポート
子猫の育て方を音声で案内してくれるGoogleアシスタント対応アプリ「育ニャンナビ」が登場した。(2019/5/13)

Googleのスマートディスプレイ「Google Nest Hub」が日本でも発売
Googleのスマートディスプレイが日本でも販売される。ただし、新型の「Google Nest Hub Max」ではなく、現行の「Google Home Hub」改め「Google Nest Hub」となる。(2019/5/8)

アイリスオーヤマ、声で操作できるエアコン発売
アイリスオーヤマが、スマートスピーカーから音声で操作できるエアコン「airwill」を5月9日に発売する。(2019/5/8)

Google I/O 2019:
Google I/O 2019まとめ 「AI for Everyone」、Pixel 3aも発表
Googleの年次開発者会議「Google I/O 2019」で発表されたことを時系列にまとめた。今年のテーマは「「Building a more helpful Google for everyone」。AI採用のアクセシビリティ機能や「Googleアシスタント」の新機能、手ごろな価格の「Pixel 3a」などが発表された。(2019/5/8)

Google I/O 2019:
「Nest Hub Max」発表 「Nest Hub」(旧Home Hub)は日本でも発売
Googleがスマートディスプレイのブランドを「Nest」に変え、「Google Home Hub」を「Nest Hub」に改名し、上位モデル「Nest Hub Max」を発表した。「Nest Hub」は日本でも発売する。(2019/5/8)

Googleさん:
Google I/Oを予想する 低価格Pixel、Stadia、カメラ付きスマスピ
10連休が明けると「Google I/O」です。「Pixel 3a」発表は確定として、他には何が発表されるのか、うわさをまとめてみました。(2019/5/4)

Spotify、有料サブスク数が1億人超と好調で増収だが赤字に戻る
音楽ストリーミングサービスのSpotifyの有料会員数が初めて1億人を突破した。競合するApple Musicの会員数は昨年末時点で5000万人だった。(2019/4/30)

Googleの親会社Alphabet、EU制裁金で29%減益 広告売り上げは鈍化
Alphabetの1〜3月期の決算は、売上高は広告の伸びが鈍化し、予測を下回る363億3900万ドル、純利益はEUからの制裁金約17億ドルが響き、29%減だった。(2019/4/30)

ITりてらしぃのすゝめ:
Alexaがやってることは“盗聴”なのか? スマスピを使うリスクとメリット
AIアシスタントの「Alexa」で取得した音声記録の一部をAmazonの従業員が聞いていたという報道が話題に。スマートスピーカーは“盗聴器”なのか?(2019/4/23)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Echo Input」で手持ちのスピーカーをAmazon Echoに変身させた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は“スピーカーなしのAmazon Echo”こと「Echo Input」を実際に使ってみたので紹介しよう。(2019/4/23)

ITはみ出しコラム:
AmazonとGoogleの動画サービス締め出し合戦が終結 そして新たな競争が始まる?
ユーザー不在の動画サービス締め出し合戦を続けてきたAmazonとGoogleが、ついに終戦宣言ともいえるプレスリリースを出しました。新たなライバル台頭の予兆もあり、ケンカどころじゃなくなったのかもしれません。(2019/4/21)

AmazonとGoogleが和解、Fire TVにYouTubeアプリ、ChromecastにPrime Videoアプリを提供
Prime VideoアプリをAndroid TVデバイス向けにも提供へ。(2019/4/19)

「Alexa」搭載スマスピで「Amazon Music」が無料で利用可能に(米国で、広告付き)
Amazon.comが、「Echo」シリーズなど「Alexa」搭載スマスピで「Amazon Music」の広告付き無料サービスを米国で開始した。人気プレイリストやステーションをストリーミングできる。(2019/4/19)

「Google Home」で「YouTube Music」が無料で利用可能に(広告付き)
「Googleアシスタント」搭載スマスピで、広告付き無料版の「YouTube Music」の音楽を流せるようになった。(2019/4/19)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
使って分かった「Clova Desk」のいいところ気になるところ
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はLINEの「Clova Desk」を使って分かった便利機能を取り上げる。(2019/4/17)

スマスピの世界での設置台数、2019年中に2億790万台に──Canalys予測
スマートスピーカーの世界での設置台数は、2019年には前年比82%増の2億790万台になるとCanalysが予測した。国別では米国がリードしているが、中国が急成長中。日本は5位だ。(2019/4/16)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
LINEのスマートディスプレイ「Clova Desk」を試して分かったこと マイク感度も大きく改善
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はLINE初のスマートディスプレイ「Clova Desk」を紹介する。(2019/4/16)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
AmazonのFireタブレットをスマートディスプレイとして使う「Showモード」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はついに日本語環境でも使えるようになった、Amazonのタブレット「Fire HD 10」のShowモードを試してみた。(2019/4/15)

「スマスピ」おしゃべり広場:
「音声入力が恥ずかしい」と感じなくなった理由
「Hey、Siri」を日常使いする日が来るなんて。(2019/4/13)

てとてとて、Google Homeでプッシュ通信を実現できる拡張キット「GHKit Zero」
てとてとては、プッシュ通信によってGoogle Homeでメッセージ再生を行えるキット「GHKit Zero」を発売した。(2019/4/11)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Androidタブ+ドック=スマートディスプレイは“二重人格”ながらも思った以上に便利だった
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。前回に続き、Alexa搭載のスマートディスプレイとして利用できる、レノボの「Lenovo Smart Tab P10 with Amazon Alexa」をお届けする。(2019/4/10)

音声検索の時代 後編:
音声検索のアルゴリズムに対する準備、企業が今すぐ始めるべきこととは?
消費者の情報取得行動を企業の都合でコントロールするのは困難だ。音声検索になじんだ動線作りをどう考えればいいのだろうか。Yext幹部による特別寄稿後編。(2019/4/16)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
合体してAlexaスマートディスプレイに変身するレノボのAndroidタブレットを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はタブレットとドックを合体させることでAlexa搭載のスマートディスプレイとして利用できる、レノボの「Lenovo Smart Tab P10 with Amazon Alexa」を試してみた。(2019/4/9)

音声検索の時代 前編:
音声検索の普及がビジネスに与える影響とは何だろうか
台頭する音声検索に企業のマーケティングはどのように対応していくべきか。デジタルナレッジ管理(DKM)プラットフォームを提供するYext幹部による特別寄稿前編。(2019/4/15)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
据え置きだけではもったいない! 「Home」をモバイルして離島へGO!
「Home」と名乗るガジェットは、大抵モバイル向きではありません……が、あえてモバイルしてみるとどうなるのでしょうか。旅行で訪れた宮古島(沖縄県)で試してみました。(2019/4/3)

Walmart、Googleアシスタントでの音声ショッピングを可能に
Amazonと競合する米小売り最大手のWalmartが、「Googleアシスタント」による音声ショッピング機能の提供を開始した。Amazonのプライム会員向けAlexa音声ショッピングに対抗する。(2019/4/3)

“テクノロジーの最先端”を体感してみよう:
PR:IBMテクノロジーの“認定インフルエンサー”、「IBM Champions」からのメッセージ
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。2008年に創設され、2018年までにグローバルで計650名、うち日本人は計51名が選出されている。では彼らが見ている“テクノロジー最先端の風景”とはどのようなものなのか?――編集部では、2018年にIBM Championsに選ばれた三人に記事執筆を依頼。「言葉」ではなく、具体的な「知見・ノウハウ」を通じてメッセージを発信してもらった。ぜひ実際に頭と手を使って、彼らの視点を体感してみてはいかがだろう。(2019/4/24)

AI・機械学習の基本概念:
人工知能(AI)とは?
「人工知能」「AI」という人気キーワードの内容を分かりやすく短く紹介。概要から、定義、大分類、代表的な事例、主な歴史までをまとめる。(2019/4/1)

見える化で分かったもの:
スマホで家電の電気代を見える化して分かったこと
ラトックシステムのBluetoothワットチェッカーを使って、手当たり次第に家電の電力使用量をチェックしたところ、最も電気食いだった製品が分かった。それは……?(2019/3/23)

見える化で分かったもの:
あの家電の電気代や消費電力量は? それ、スマホで見られます
あなたは自身の電力使用量を把握している? 電力の見える化と電気代の把握に最適なのがラトックシステムのBluetoothワットチェッカー「REX-BTWATTCH1」だ。便利な使い方を2回に分けて見ていこう。(2019/3/22)

ソフトバンクのサービスや料金プラン、Googleアシスタントで質問可能に
ソフトバンクは、Googleアシスタントへ話し掛けると同社のサービスや料金プランなどを教えてもらえるサービスを開始。「OK Google, ソフトバンクにつないで」と呼び掛けると、料金プランやキャンペーン、データ通信量、契約状況などを確認できるようになる。対象はGoogle Pixel 3などのAndroidスマホや、Google Home/GoogleアシスタントのアプリをインストールしたiPhone。(2019/3/18)

バーチャルお天気キャスターが花粉情報配信 ウェザーニューズがGoogleアシスタントで
ウェザーニューズがGoogleアシスタント対応アプリ「ウェザーロイドAiri」で花粉情報と桜の開花予想の提供を開始。Googleアシスタントを使って「千葉市の花粉情報を教えて」などと尋ねると、バーチャルキャラクターの声で回答する。(2019/3/18)

LINEの「Clova Desk」は3月19日発売で税込2万7540円 家庭のハブとなる画面付きスマートスピーカー
3月12日、LINEが画面付きスマートスピーカー「LINE Desk」を3月19日にLINE公式サイトを通じて発売すると発表、価格は税込2万7540円でホワイトとブラックの2色が用意される。(2019/3/12)

LINE、ディスプレイ搭載スマートスピーカー「Clova Desk」3月19日発売 2万7540円 赤外線で家電操作も
LINEがディスプレイを搭載したスマートスピーカー「Clova Desk」を3月19日に発売する。(2019/3/12)

Google、「スマートディスプレイ」で「続けて会話」を有効に
Googleが、すべての「Smart Display」製品の米国英語版Googleアシスタントで「続けて会話」できるようにした。(2019/3/11)

自宅のカーテンを手軽にスマート化できるWi-Fi電動カーテン「eCurtain」
リンクジャパンは、既存のカーテンレールに後付けできるWi-Fi電動カーテン「eCurtain」の一般販売を開始した。(2019/3/7)

「しょうりゅうけん」で「昇龍拳!」 音声で格ゲーコマンドを入力できるシステムが楽しそう
将来性を感じる。(2019/3/5)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
着実に進化するスマートリモコン 第2世代「Nature Remo」を試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は2018年暮れにリニューアルしたスマートリモコン「Nature Remo」の第2世代モデルを紹介する。(2019/3/1)

IoT時代のセキュリティ絶対防衛ライン:
他人の声で自宅を解錠できる? Apple「HomePod」で試してみた スマートスピーカーがIoTの弱点になるか
各業界のIoT関連サービスが抱える問題点、そして有効な対応策とは? セキュリティの専門機関が情勢を伝えます。(2019/2/26)

キングジムの「リンクタイム」がGoogleアシスタント対応に
キングジムのスマート目覚まし時計「リンクタイム」がGoogleアシスタントをサポートした。Alexa対応は今後の予定だ。(2019/2/25)

Googleさん:
Googleがゲーム機? ゲームクラウド? 謎の招待状
Googleがゲームストリーミングサービスだけでなく、ゲームのハードウェアを3月にも発表するといううわさ。どんなハードウェアになるんでしょう。(2019/2/24)

世界スマスピ&スマートディスプレイ出荷調査、GoogleがAmazonとの差を縮める
Strategy Analyticsによると、2018年10〜12月に世界で出荷されたスマートスピーカーおよびスマートディスプレイは3850万台で、2017年通年より多かった。Google Home Miniが好調のGoogleが首位のAmazonとの差を前期より4ポイント縮めた。(2019/2/20)

ビデオ会議は「ハドルルーム」で
「未来の会議室」はAIでどう進化するか
生産性を高め、コラボレーションを強化するため、AIが会議室に入り込んでいる。従業員のコラボレーションニーズに対処するためAIサービスが取り得る方向性は4つある。(2019/2/19)

家中のリモコンをスマホにまとめる卵形デバイス「エッグ」 Makuakeに登場
キングジムが、さまざまな家電をスマートフォンで操作できるようにする卵形デバイス「エッグ」の受注をクラウドファンディングサイト「Makuake」で始めた。(2019/2/18)

普及のネックは体験と機能:
普及率6%のスマートスピーカー 有料でも欲しい機能は?
電通デジタルの調査によるとスマートスピーカーの普及率は6%。Google HomeやAmazon Echoがよく利用されている。利用用途の中心は音楽だが、今後は、気分や感情を読み取ったサービスに期待が寄せられている。(2019/2/18)

さらば平成、さらば水冷、いくぜNUC:
Intel NUCの最新モデルに触って分かった2つのこと
Intelの超小型PC「NUC」を手に入れたとあるユーザーが、ほぼ5年ぶりにPCを自作。すっかりさび付いていた“自作魂”に火をつけたものとは何だったのでしょうか。(2019/2/18)

Googleさん:
「iPhone SE」後継が出ないなら「Google Pixel 3 Lite」はどう?
Googleが、Appleの「iPhone XR」より安いPixelファミリーのエントリーモデルを出すといううわさが真実味を帯びてきました。Appleがもう「iPhone SE」の後継機を出さないのであれば、SE難民の受け入れ先になるかも?(2019/2/17)

ITはみ出しコラム:
AmazonのメッシュWi-Fiルーター「eero」買収が意味すること
AmazonがメッシュWi-Fiルーターのメーカーであるeeroを買収しました。この買収でAmazon Echoとスマート製品の連携がよりスムーズになることが期待できる一方、データの扱いについては気になるところもあります。(2019/2/17)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Alexa環境音スキルのススメ 音と映像で休日もリラックス
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は画面付きEchoでの利用を前提に作られた、映像つきの環境音スキルを試してみた。(2019/2/17)

Googleさん:
言い間違いも直してくれるGoogleの「音声文字変換」、かなり使える
Googleが早期アクセス版として公開した音声をリアルタイムで字幕にして表示する「音声文字変換」アプリを使ってみました。多少滑舌が悪くても意味が通るよう解釈してくれ、書籍タイトルなどもばっちり正しく表示してくれます。(2019/2/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。