ニュース
» 2016年09月23日 15時54分 UPDATE

ハイコンポ復権? オンキヨー、名機「INTEC」を復活へ

オンキヨーが同社サイトで「INTEC」復活を予告。アンプのボリュームノブのようなイメージが添えられている。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 オンキヨーは9月23日、同社サイトのAudio&Visual製品ページにティーザー(予告)バナーを掲載した。記された文字は「INTEC」。アンプのボリュームノブのようなイメージが添えられている。

ティーザーバナー。ボリュームノブのように見えるが、果たして?

 オンキヨーのINTECといえば、小型であっても本格的な音が楽しめる“ハイコンポ”というジャンルを確立したシリーズ。1994年に誕生した「INTEC275」は、フルサイズコンポーネントの約半分となる幅275mmサイズながら音質の評価は高く、またDATやMDプレーヤー、サラウンドプロセッサーなど幅広いコンポーネントをそろえていたことも特徴だった。

2009年の「INTEC205」シリーズ

 1995年には横幅をさらに狭め、185mmとした「INTEC185」が大ヒット。さらに同社のベストセラーとなった一体型コンポ「FRシリーズ」もINTECのデザインコンセプトを踏襲するなど、同社の製品開発にも大きな影響を与えた。

 INTEC自体は、2009年の「INTEC205」シリーズを最後に生産を終了しており、新製品が登場すれば実に7年振りとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう