ニュース
» 2016年12月28日 12時26分 UPDATE

「ハイレゾ音源大賞」の2016年グランプリはエリック・クラプトン

ハイレゾ音源配信サイトの4社合同企画「ハイレゾ音源大賞」の2016年グランプリ作品がエリック・クラプトンの「I Still Do」(192kHz/24bit)に決定した。

[ITmedia]

 ハイレゾ音源配信サイトの4社合同企画「ハイレゾ音源大賞」の2016年グランプリ作品がエリック・クラプトンの「I Still Do」(192kHz/24bit)に決定した。

エリック・クラプトンの「I Still Do」(192kHz/24bit)

 ハイレゾ音源大賞は、「e-onkyo music」「mora」「OTOTOY」「VICTOR STUDIO HD-Music.」の4サイトが2016年9月にスタートしたハイレゾ音源を対象としたレコメンド企画。その月にリリースされたタイトルの中から4サイトが1作品ずつ推薦し、「セレクター」と呼ばれる著名人が月ごとのオススメタイトルをピックアップしてきた。グランプリはこれまでに推薦された48タイトルを対象としてオーディオマニアとして知られる小倉智昭氏が選んだという。

 一方、48タイトルの中からユーザー投票の多かった「ハイレゾ音源大賞2016ユーザー賞」にはNakamuraEmi「NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST」、Negicco「ティー・フォー・スリー」、丸本莉子「誰にもわからない〜何が幸せ?〜 」という邦楽3作品が選出された。

左からNakamuraEmi「NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST」、Negicco「ティー・フォー・スリー」、丸本莉子「誰にもわからない〜何が幸せ?〜 」

 また各サイトが2016年の作品の中から特に推薦する「ハイレゾ音源大賞2016ストア賞」には、渡辺香津美「ギター・イズ・ビューティフル KW45」、V.A.「涼宮ハルヒの完奏〜コンプリートサウンドトラック〜」、サニーデイ・サービス「DANCE TO YOU」、小泉今日子「Today’s Girl」と、リマスタリングされた旧譜やアニソンなど、各ストアの特色が強く反映された4タイトルが選ばれている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう