ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「レコメンデーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レコメンデーション」に関する情報が集まったページです。

「肌を分析する鏡」「印刷して貼るメイク」 パナとコーセーが試験提供 IT活用の化粧品店で
パナソニックが、肌の分析機能を備える鏡、肌に直接貼るだけでシミを隠せるシートを試験的に提供する。東京・銀座にオープンする「メゾンコーセー」に導入し、顧客のニーズを探る。(2019/12/6)

意思決定者としてのAI【前編】
小売大手の事例に学ぶ、ビジネスの意思決定を「AI」に委ねるメリット
小売大手のWalmartが、ビジネスプロセスの意思決定にAI(人工知能)技術を利用しようとしている。同社の取り組みを見てみよう。(2019/12/3)

情報銀行ビジネスの展開目指す、TISがレストラン推奨の実証実験
TISは、PDS(Personal Data Store)を活用したレストランに関するレコメンド高度化の実証実験を実施する。「生活者が個人情報を提供して、それに見合った利益を受けられるモデル」を評価し、情報銀行ビジネスの展開を目指す。(2019/11/25)

続々進む「無人」と「省人」 気になるお店の狙いを探る:
人手不足に悩む飲食業界は「効率化」で“味気なく”なるのか?
人手不足に悩む飲食業界。帝国データバンクの発表によると、非正社員の不足度数は全業種で最多だ。こうした状況をテクノロジーの導入で解決しようとする店は少なくない。しかし、テクノロジーの導入によって効率化が進むと、食事は「味気なく」ならないのか?「無人・省人」特集の第2回として、飲食店にフォーカスを当てる。(2019/11/25)

『刃牙』シリーズをBLとして読むオタクの感想本、表紙も危険(ヤバ)かった 帯コメントはまさかの上野千鶴子先生ッッ!!
上野先生、いいんですか……?(2019/11/22)

DXに向けて刷新が必要なのは「システムだけ」ではない:
PR:マルチクラウド環境における運用管理の課題と解決方法
デジタルトランスフォーメーション(DX)の潮流が高まる中、多くの企業がマルチクラウド環境の活用に乗り出している。だが、DX実践で求められるビジネス展開のスピードアップや柔軟性の向上は、インフラを刷新しただけで実現できるものではない。クラウド特有の運用手法を取り入れ、既存のオンプレミス環境と適切に融合させなければ、ビジネスの成果につなげることは難しい。現行のシステム運用を行いながら、DXに貢献するためには、運用管理をどのように刷新したらよいのだろうか。野村総合研究所に話を聞いた。(2019/11/28)

マネーフォワード、「ボクシル」運営元を約20億円で買収 SaaSマーケティングに参入
マネーフォワードがスマートキャンプを19億9800万円で買収。スマートキャンプはSaaS情報の比較・検索サイト「BOXIL」を運営している。国内SaaS市場の急成長を踏まえ、SaaSマーケティング事業に参入して収益基盤を強化する狙い。(2019/11/11)

モノづくり最前線レポート:
かつて世界一を支えたNECのベクトル演算技術、いま「次世代イノベーション」を担う
同社が東京都内で開催したユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2019」(2019年11月7〜8日)では、最新の「SX-Aurora TSUBASA」アーキテクチャを搭載したベクトルプロセッサなどを展示。また、2019年11月1日からはメモリ帯域を強化した新製品の受注も開始している。(2019/11/11)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
工事中の駅の「フォント」を集めてみた
駅の「仮設」デザインをコレクションしている筆者が、その意図を読み解く。(2019/10/31)

「AbemaTVは一つの節目に来た」 藤田社長が手応え 「会見生中継×恋愛ショー」は勝利の方程式か
サイバーエージェントが2019年9月期の通期決算説明会を開催。藤田晋社長がAbemaTVの進捗(しんちょく)状況を説明した。週間アクティブユーザー数は1000万人超えを複数回達成し、有料会員「Abemaプレミアム」の会員数は51.8万人に増えた。恋愛ショーなどの独自コンテンツと、重要な記者会見の生中継が人気につながった。(2019/10/30)

Instagram Day Tokyo 2019レポート:
Instagramは若年層にリーチできる「マスメディア」 18〜29歳の総利用は月1億時間以上に
「Instagramストーリーズ」が浸透する一方で「いいね!」数の非表示を試験導入するなど、「インスタ映え」よりも日常のコミュニケーションツールにシフトしつつあるInstagram。マーケターが注目すべきポイントをまとめた。(2019/10/30)

Globe and Mailのクラウド活用事例
大手新聞社は電子版で生き残るために「AWS」をどう生かしたのか
新聞社Globe and Mailは、電子版の配信インフラとして「AWS」を導入した。その狙いは、読者との関わりを深め、電子版の収益を高めることにある。(2019/10/30)

体当たりッ!スマート家電事始め:
Clovaが使える「LINEカーナビ」 トヨタのスマホ連携ディスプレイ標準装備が普及の追い風に? 中の人に聞いた
LINEが独自のAIアシスタント「Clova」(クローバ)を搭載したカーナビゲーションアプリ「LINEカーナビ」をリリース。SDL対応に加え、無料で提供されたことでも注目を集めた。(2019/10/23)

CEATEC 2019:
村田製作所のセンサーデータ基盤「NAONA」はHR領域で手応え、今後は接客にも
村田製作所は、「CEATEC 2019」において、センシングデータプラットフォーム「NAONA」の最新の開発成果を披露した。(2019/10/23)

MVNOに聞く:
改正法の影響は? ビッグローブ有泉健社長に聞く「BIGLOBEモバイル」の今後
ビッグローブがMVNOサービスを「BIGLOBEモバイル」に一新し、“SIM替え”を打ち出してから2年がたった。一方で同社は100万契約未満のMVNOながら、10月1日に施行した改正・電気通信事業法の影響を受け、端末割引や長期契約の違約金などの制限が適用される。この状況に対し、同社はどのような手を打っていくのか。(2019/10/15)

CEATEC 2019:
“IoTファーストクラスシート”登場 乗客の眠りを検知しCAに報告 機内食で起こされず快適な旅
パラマウントベッドとジャムコが、IoTの技術を活用して、乗客の睡眠状況を計測できる航空機用シートを共同開発していると明らかにした。機内食を提供する場合などに、CAが乗客を誤って起こしてしまうことを防ぐ。パラマウントベッドが6月に発売した“IoTベッド”の技術を応用している。(2019/10/14)

「Salesforce Einstein」開発の中心人物が語る:
Salesforceが進める「世の中を良くするためのAI」研究、現時点での成果は?
Salesforceが進めるAI(人工知能)研究はどのようなものか。同社チーフサイエンティストのリチャード・ソーチャー氏が語った。(2019/10/7)

効果的なマーケティングに必須
機械学習でパーソナライゼーションを強化する5つのコツ
パーソナライゼーションエンジンは機械学習を利用してコンテンツを個々の顧客向けに最適化する。企業がパーソナライゼーションを強化するコツを紹介する。(2019/10/7)

「義理・人情・プレゼント」営業から脱却:
PR:保険販売の“非効率”をテクノロジーで解消 「保険市場」から生まれたプラットフォームが代理店業務を変える
保険商品の比較情報サイト「保険市場」を運営するアドバンスクリエイトは、保険販売の概念を次々と塗り替えてきた。SalesforceのCRMを活用し、保険代理店に特化した顧客管理システム「御用聞き」と、共通プラットフォームを構築。業界全体のサービス向上を目指している。代理店業務のノウハウを持つ同社が起こそうとしている“変革”とは?(2019/10/16)

これからのAIの話をしよう(データリテラシー編):
AIに従うことの危険性 「正しい意思決定」という幻想から抜け出すには?
ジェフ・ベゾス氏らと共に、米Amazon.comの基礎を作り上げたとされるデータサイエンティストのアンドレアス・ワイガンド氏。企業や個人がどのようにデータを向き合っていけばいいのか、話を聞いた。(2019/10/4)

歩みは遅いが着実に
やっと浸透し始めた「小売×AI」、次に待つ課題は?
小売業でのAIテクノロジーの導入は比較的遅かったが、着実に進みつつある。小売業者がAIテクノロジーのメリットに向き合い、競争相手のEコマースの現実を理解するようになったことが背景にある。(2019/10/4)

ブロックチェーン活用したデータ分析の実証実験開始 行動履歴から次の行動を予測
デジタルチケットの使用履歴からユーザーが次にとる行動を予測し、適切なタイミングでスマートフォンにおすすめを通知する。NTTデータが独自開発したブロックチェーン技術を活用し、個人属性情報を取得せずにデータ分析を行うという。(2019/10/3)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
高齢者や障がい者への支援をイノベーションに変える、少し未来の社会の姿
超高齢化社会に伴うさまざまなリスクを回避するには、高齢者が生き生きと活動できるような技術のサポートが欠かせない。AIやIoTをはじめ、高精度ナビゲーション、画像認識など最先端技術を生かした研究の現在地を紹介する。(2019/10/3)

勘定系システムにGoogle Cloud――ふくおかFGのネット銀行が挑戦を決めた理由
ふくおかフィナンシャルグループが、2020年度中をめどに開業予定のインターネット専業銀行「みんなの銀行」の勘定系システム基盤に、Google Cloud Platform(GCP)を採用する。(2019/10/2)

駅ナカで始まる「サブスク自販機」、狙いと勝算を仕掛け人に聞く 「反対意見が出て当然。それでこそ知ってもらえる」
8月末に発表され、「使ってみたい」「メリットが分からない」などとネットで賛否両論を呼んだ「サブスク自販機」。このサービスを仕掛けた、JR東日本ウォータービジネスの担当者に、狙いと勝算について聞いた。認知度アップや消費増税への対応など、さまざまな狙いが隠されているという。(2019/9/30)

Amazon流イノベーションの起こし方 元幹部のデータサイエンティストが語る
ジェフ・ベゾス氏らと共に、Amazon.comの基礎を作り上げたとされるデータサイエンティストのアンドレアス・ワイガンド氏。アドバイザーとしてZOZOに参画したワイガンド氏が、データサイエンスを行う上で必要な心構えや考え方を語った。(2019/9/25)

バークリー音楽大学がボストン音楽院の統合で直面
音楽大学は「大学統合」で生じたシステム連携問題をどう乗り越えたのか
バークリー音楽大学は、ボストン音楽院との統合を受けて、2校のシステムを連携し、共通のデータ分析基盤を構築する必要があった。そのためのデータ統合ツールとして、SnapLogic製品を選んだ理由は何か。(2019/9/19)

これからのAIの話をしよう(ファッション編):
なぜZOZOは本気でAIに取り組むのか 「アパレルの価値はAIで上がる」の真意を聞く
2019年に「AI化元年」の宣言をしたZOZO。ZOZOグループはなぜ今AIに本気で取り組もうとしているのか。キーマンに聞いた。(2019/9/13)

金融状況や購買行動を基にAIがアドバイスする「パーソナライズドバンキングサービス」――みずほ銀行らが共同実証
みずほ銀行、Blue Lab、富士通は、AIを活用した「パーソナライズドバンキングサービス」の社内検証を開始。金融状況や購買行動を基に、個人に最適化されたフィナンシャルアドバイスを提供する。異業種企業との連携も視野に、新たな商機が期待されるサービスのビジネスモデル創出を目指す。(2019/9/12)

40%も業務削減:
お客がスマホでメニューを注文 「SelfU」提供開始 店舗の省人化やインバウンド対応にも
お客がスマホでメニューを注文できるサービス「SelfU」の提供が開始。会員登録は不要で、店内のバーコードをスマホで読み取る。居酒屋や焼き肉店などと親和性が高いという。テスト導入した店舗では40%ほどの省人化に成功している。(2019/9/10)

ユニクロ、スマホカメラで自動採寸 正面と側面の写真でサイズ推定
ユニクロは、スマートフォンのカメラを使って採寸ができる「MySize CAMERA」と、身長や体重などのデータを基に最適な服のサイズを提案する「MySize ASSIST」を公開した。(2019/9/10)

首回りや肩幅、腕の長さも:
ユニクロ、スマホで撮影して全身を簡単測定 「MySize CAMERA」の提供開始
ユニクロが9月9日、写真から採寸できるサービスをアプリ上で開始。データ入力と写真撮影で、全身10カ所の測定が可能。同時に、データ入力することでおすすめのサイズを表示するサービスも開始。成長分野の新たなエンジンとなるか(2019/9/10)

カラオケで次に歌う曲、AIがオススメ ドコモと第一興商が共同開発 「DAM」新機種に搭載
NTTドコモと第一興商が、カラオケの利用者が次に歌いたい楽曲と歌手をAIで予測し、「デンモク」上でレコメンドする機能を共同開発したと発表した。客が楽曲を選ぶ時間を短縮する狙い。10月1日発売予定の「DAM」新機種に搭載する。(2019/9/5)

イベントから学ぶ最新技術情報:
グーグルのAI技術、2019年夏の最新情報 ― Google Cloud Next ’19 in Tokyo 基調講演2レポート
2019年現在、グーグルはAI分野でどんな技術やサービスを提供しているのか? Google Cloud Next ’19 in Tokyoの基調講演から、AIに関する部分を書き起こした。(2019/9/5)

デジタル×リアル:
電通テック、既存のMAツールと連携しDMを自動で印刷・発送する「Direct→One」を提供開始
オンラインとオフラインを融合させ、企業のCRM活動を支援するパーソナライズドDMソリューション。(2019/9/4)

JR池袋駅の駅ナカ飲食店、セルフ注文・キャッシュレス決済ができるタッチパネル導入 レジ無人化目指す
JR池袋駅内のハンバーガー店が、タッチパネル型の注文・決済端末「Oder Kiosk」を導入した。顧客は液晶画面を操作して約60種類のメニューから好きなものを選び、Suicaかクレジットカードで決済できる。店舗側は、一般的な券売機より多くのメニューを表示できる他、時間帯ごとにメニューを出し分けられる。スタッフのレジ打ち業務を効率化し、将来的なレジ無人化を目指す。(2019/9/4)

好みの楽曲が容易に見つかる:
クリプトンと産総研、音楽発掘サービスを開発
クリプトン・フューチャー・メディアと産業技術総合研究所(産総研)は、膨大な楽曲の中から興味ある楽曲を容易に探し出すことができる音楽発掘サービス「Kiite(キイテ)」を開発した。(2019/9/3)

NTTデータ、国内小売業の「レジなし店舗」参入支援をスタート 「Amazon Go」に負けない技術を実装
NTTデータが「レジなし店舗」の出店を支援するサービスを開始。コンビニやドラッグストアを対象に、消費者が好きな商品を持って退店すると、自動で決済する仕組みを実装する。国外で「Amazon Go」をはじめとするレジなし店舗が徐々に広がっていることを踏まえ、国内での実用化を促進する狙い。(2019/9/2)

PR:AI活用の「あるある」を楽しく議論 FUJITSU AI Communityでモヤモヤを解消
AI(人工知能)黎明期から研究を重ね、人を中心に考えたICTとしてHuman Centric AI 「Zinrai(ジンライ)」を展開する富士通がこの夏、「FUJITSU AI Community」を立ち上げた。コンセプトは、「コミュニティーを通じたノウハウの習得と情報の共有」だ。今回は、その第1クールのレポートをお届けする。(2019/9/2)

JR東日本エリアの駅にて:
話題のサブスク自販機 1日1本で2480円は割高? 強気なプランのワケを担当者に聞く
JR東日本ウォータービジネスが、10月1日から駅ナカ自販機でサブスクリプションサービスを開始する。アプリを通じて、対象のイノベーション自販機から1日1本対象のドリンクをもらえる。プランは月額980円と2480円の2種類。(2019/8/30)

等身大のAIキャラクターがご案内 「インフォロイド」正式サービス開始
等身大の立体的なキャラクターが会話を通じて施設を案内する。イージェーワークスの「インフォロイド」は「単なる情報端末ではなく、アトラクションにもなるプラットフォーム」という。(2019/8/5)

週末エンプラこぼれ話:
AIは絵師を救えるのか? イラストの買いたたきを防ぐシステムが爆誕
ジーアングルは、写真で多く使われているAIの画像認識を応用し、イラストの価格を算出するシステム「アートディレクターAI」を開発した。同システムはどのように開発されたのだろうか。(2019/8/9)

Spotifyとイープラスが提携 音楽配信アプリからチケット購入可能に
Spotifyとイープラスがパートナーシップを締結。音楽配信アプリ「Spotify」から直接コンサートのチケットを買うことや、チケット販売サイト「イープラス」上でアーティストに関連する音楽を試聴することが可能になった。(2019/7/30)

「あなたにおススメなのはこちら」:
パーソナライゼーションを望む人は少数派 プライバシー保護についてEMCが調査
EMCジャパンのRSA事業本部は、倫理的なデータ利用やプライバシー保護に関する調査の結果を発表した。消費者はID盗用や詐欺行為に利用される恐れのあるデータ全てを保護したいと考えており、プライバシーを犠牲にしてまでパーソナライゼーション(個人向けカスタマイズ)を望んでいないことが分かった。(2019/7/25)

「くら寿司」がテクノロジー活用に本腰 店頭受付の省人化、アプリで事前注文・決済など開始
くら寿司が、公式アプリを活用して、顧客の利便性と店員の業務効率を高める施策「スマホ de くら」を始めると発表。その一環として、アプリで予約した顧客が来店した際に、店員を介さずディスプレイで受付する仕組みを導入した。座席からアプリで商品を注文できるサービスや、アプリで事前に注文・決済を終えた顧客に、店頭で商品を手渡すサービスも始めた。(2019/7/16)

イノベーションのレシピ:
「デザイン」の役割広げるパナソニック、Googleとスマート知育玩具を共同開発
パナソニックは、2019年4月にイノベーション推進部門内に立ち上げた新組織「デザイン本部」の事業方針について説明。同本部傘下となったFUTURE LIFE FACTORYの新たな取り組みとなるスマート知育玩具「PA!GO(パゴ)」も紹介した。(2019/7/16)

AWA社長に直撃:
サブスクは音楽を生かすのか、殺すのか――電気グルーヴ配信停止も波紋
日本でなかなか浸透しきれない音楽の定額配信。「電気グルーヴ」の曲が配信停止になるなどちょっとした騒動も。運営会社の1つ、AWA社長に理由を直撃した。(2019/7/11)

出版業界もAIに熱視線 「どう使う?」技術者らが提案
出版関係者とエンジニアが集う勉強会が開催され、「AI導入は出版業界を救うか?」というテーマで登壇者らが議論した。(2019/7/9)

「酒場のサブスク」 毎日タダ飲み!?想定外の利用頻度
飲み屋さんに特化したサブスクアプリも続々登場している。(2019/7/8)

アナリティクスの基礎から統計、高度な回帰分析まで9コースを用意:
Qlikが日本企業のデータリテラシー向上に本気の取り組み 教育コースを無料で提供
Qlikがデータリテラシー向上のための教育コースを無料で提供開始。日本企業の価値向上に向けた取り組みについて幹部が語った。(2019/7/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。