ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「レコメンデーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レコメンデーション」に関する情報が集まったページです。

メルカリ、米マサチューセッツ州にAI研究所を開設 MIT教授が協力、機械学習・画像認識を強化
メルカリの米国子会社が、米マサチューセッツ州に機械学習や画像認識の研究所を開設。個々人に適した商品などをレコメンドするエンジンを開発する。マサチューセッツ工科大学の教授2人が研究のアドバイザーに就く。(2019/6/21)

効率的かつ顧客のストレスを少なく:
債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ。エー・シー・エス債権管理回収の取り組みについて紹介する。(2019/6/19)

インメモリ画像に対応:
Microsoft、.NET開発者向けMLフレームワークの最新版「ML.NET 1.1」を発表
Microsoftは、.NET開発者向けのオープンソースのクロスプラットフォーム機械学習(ML)フレームワークの最新版「ML.NET 1.1」を発表した。ML.NET自体の改善の他、内蔵するModel Builderを改良した。(2019/6/13)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
小売業でリアルの逆襲始まる、製造業はどうなのか
逆襲っていいですよね。ゴジラとか帝国とかシャアとかもやってますし。(2019/6/13)

「医療用VR」登場 美しい映像で痛み・不安を軽減 ベンチャーと順天堂大が開発
医療用VRサービス「うららかVR」のパイロット版が登場。VR関連ベンチャーのパルスと順天堂大学が共同開発した。慢性神経痛に悩む人などに「Oculus Go」を装着させ、リラクセーション効果の高いVRコンテンツを視聴してもらう。(2019/6/11)

AIが肌診断、ロボットアームが商品選び――化粧品「SK-II」の新型店は、販売員が“グイグイ来ない”
化粧品ブランド「SK-II」が、テクノロジーを活用した体験型ショップ「SK-II Future X Smart Store」を東京・渋谷区にオープンする。営業期間は6月7日〜8月12日。AIやロボットアームが肌の診断や接客を担当し、販売員は“あえて一歩下がる”ことで、買い物をしやすい雰囲気を醸成する点が特徴だ。(2019/6/6)

APIを使って簡単に実装できる
AWS、Microsoft、Googleの主要な「クラウドAIサービス」は? 4大用途で整理
AWSとMicrosoft、Googleのクラウドベンダー3社は、さまざまな用途で使える「クラウドAIサービス」を充実させている。4つの用途に絞って、主要サービスを整理する。(2019/6/6)

YouTubeでエロ動画を見ると“着替え中”の子どもなどの動画が推奨──New York Times報道
YouTubeでアダルト系動画を見ると、「次の動画」として例えば子どもが水着で泳いだり、着替えたりする普通のファミリー動画が推奨されることがあるとNew York Timesが報じた。YouTubeは推奨アルゴリズムの改善などで対処するとしている。(2019/6/4)

AIが作ったバナー広告の効果をAIが評価 「AIアートディレクター」電通グループが開発
AIが自動生成したバナー広告を、AIで評価する「AIアートディレクター」を電通などが開発。5秒に1枚のスピードで広告を大量生成できるAIツール「ADVANCED CREATIVE MAKER」に搭載し、同ツールの正式運用をスタートした。(2019/5/29)

これからのAIの話をしよう(恋愛編):
「結婚は“好き”だけじゃない」 母親の仲人経験を婚活アプリでAI化、22歳若手社長の挑戦
「行きたい店」で出会うマッチングアプリ「FANCY」。22歳若手社長は、仲人経験のある母親のノウハウをAI化したという。(2019/5/28)

漫画ファン、どう増やす?――急成長の漫画アプリ「ピッコマ」が考える“紙とアプリの共存”
急成長する漫画アプリ「ピッコマ」。漫画ファンを増やすために「デジタルとアナログの融合」を意識して業界を活性化させるという。(2019/5/24)

製造ITニュース:
Azureに異常検知などの新サービス、AIやブロックチェーンを活用
Microsoftは同社のクラウドコンピューティングプラットフォーム「Azure」の新サービスや技術について発表した。AIやMR、IoT、ブロックチェーンなど高度な機能を開発者向けに提供する。(2019/5/24)

国内AIシステム市場、年平均46.4%で成長、2023年には3578億円規模へ 事業戦略やAI人材不足に課題――IDC調べ
2018年の国内AIシステム市場は、デジタルトランスフォーメーション(DX)によるAIシステムの活用が進むことから、市場規模が倍増し、前年比91.4%増の532億円と推計。2019年以降も継続的に拡大を続け、2023年には3578億円に達するという。一方、AI人材不足など、市場成長の阻害要因も存在するという。(2019/5/23)

よくわかる人工知能の基礎知識:
文系でも分かる「機械学習」のススメ 教師あり/なし、強化学習を解説
よく耳にするようになった「機械学習」という言葉。機械学習にはどのような種類があって、どのようなことができるのか。(2019/5/23)

「最短30秒で投稿できる」飲食店口コミアプリ「LINE CONOMI」公開 メニュー単位で投稿OK、レシート撮影で店名入力も
飲食店の料理写真や口コミを投稿・共有できるアプリ「LINE CONOMI」が公開。お店単位ではなくメニュー単位でレビューできるほか、レシートを撮影するだけで店名やメニューを自動入力できる機能も搭載した。(2019/5/16)

スシロー、「Ok Google」で来店予約可能に “旬”の技術で接客を変革
大手回転すし店のスシローが、「Google アシスタント」を活用した来店予約の受付を開始。スマートフォンに「Ok Google、スシローで今から4名」などと話し掛け、行きたい店舗を口頭で伝えると予約が完了する。予約方法を充実させて他社との差別化を図り、国内回転すし市場トップの座を固める狙いがある。(2019/5/13)

よくわかる人工知能の基礎知識:
エンジニア以外も「AIの仕組み」を学ぶべき理由 機械学習とディープラーニングの違いは?
エンジニア以外もAIについて学ぶべきなのか? そんな疑問への答えと、いまさら聞けない機械学習とディープラーニングの違いを専門家が解説。(2019/5/9)

動画の世紀:
ノートルダム大聖堂火災と9.11と陰謀論
パリのノートルダム大聖堂で起きた火災は、YouTubeで大きな騒動となった。9.11と結びつけた陰謀論である。(2019/5/7)

Google、位置情報履歴とWeb・アプリ履歴を自動削除する機能を発表
一定期間が過ぎた履歴を自動的に削除することが可能に。(2019/5/5)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
iPhoneのバッテリーを節約する10の方法
スマートフォンのバッテリー持ちは、設定によって変わる。iPhoneのバッテリーを少しでも長く持たせるために活用したい10個の基本設定をご紹介。「バイルバッテリーはないけれど、あと30分だけ持たせたい」といったピンチに役立ててほしい。(2019/5/2)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「EC-CUBE」「カラーミーショップ」「ショップサーブ」他、日本では国産ECプラットフォームが強い
ネットショップ構築を支援するECプラットフォームとパーソナライゼーションの市場動向を営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」のデータから探ります。(2019/4/26)

LINE追う「+メッセージ」、企業との連携に活路 来店予約・金融手続きなど対応へ
携帯キャリア3社が、「+メッセージ」に企業の公式アカウントを設けると発表。ユーザーは同アプリ上で、飲食店の予約や口座振替の手続きなどが可能になる。「LINE」にはユーザー数で後れを取っていることから、企業との連携を充実させて巻き返しを図る。(2019/4/23)

一人一人に最適な商品レコメンドをリアルタイムで実現:
プレイド、「KARTE」にレコメンド機能を追加
CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」に新機能。(2019/4/23)

定額音楽サービス「HMVmusic」誕生 ローソンチケットの当選確率アップやPontaポイント2〜4倍などの特典付き
実店舗と連携できるのも特徴。(2019/4/15)

音楽専門店初、HMVのサブスク「HMVmusic」開始 バイヤーによるプレイリストも
音楽サブスク「HMVmusic」開始。HMVのバイヤーによるプレイリストなど、5000以上のプレイリストを提供。HMVのリアル店舗やCD、DVDなどリアル商品との連携も行っていく。(2019/4/15)

ITはみ出しコラム:
「Amazonプライム」がついに値上げ それでも元は十分取れる?
ついに値上げとなった「Amazonプライム」。米国ほどの値上げではありませんが、日本で初めての価格改定ということもあり、注目を集めています。(2019/4/14)

資産運用で挫折しそうなときに“激励” AIが読み取るユーザーの心理とは?
資産運用の王道は、長期・分散・積立だが、この「長期」が難しい。相場が下がれば不安になるし、上がれば利益を確定したくなるのが人の心理だからだ。長期投資できないという資産運用の最大の落とし穴を、AIがサポートする研究をウェルスナビが東大松尾研究室と進めている。(2019/4/11)

需要予測などを自動化する「AutoML Tables」も:
「AutoML」の強化から「AI Platform」まで、Google Cloudが機械学習/AIで多数の発表
Google Cloudは2019年4月10日(米国時間)、Google Cloud Next ‘19で、機械学習/AIに関する多数の発表を行った。これらは、「ビジネスユーザーのAI活用支援」と「貴重な社内データサイエンティスト/データエンジニアの生産性向上支援」の2つに分けられるという。(2019/4/12)

「ゲームではなく、リアルな金融取引を体験して」――Tポイント投資で「本物の株」が買える理由
SBIネオモバイル証券が、「Tポイント」を使ってスマートフォン上で国内株式を購入できるサービス「ネオモバ」をスタート。昨今のビジネス界では、ポイントが増減する“投資の疑似体験”を提供する事業者が増えているが、ネオモバはTポイントの運用には対応しない。会見で上層部がこの理由を語った。(2019/4/10)

95%のAPIを固定:
Microsoftが.NET向け機械学習フレームワーク「ML.NET 1.0 RC」を公開
Microsoftは、.NET開発者向けの機械学習フレームワークのリリース候補版「ML.NET 1.0 RC」をオープンソースソフトウェアとして公開した。主要なAPIの機能変更を終えており、クロスプラットフォームで利用できる。(2019/4/9)

LINE Payも原則全店対応へ:
スタバとLINEの包括提携スタート LINEアプリから「スターバックスカード」発行可能に
2018年12月に発表されたスターバックスとLINEの包括的業務提携。その具体的な取り組みが発表された。LINEアプリから「スターバックスカード」を発行できるようになった他、スターバックスが公式LINEアカウントを設置。2020年夏をめどに原則としてスターバックス全店舗で「LINE Pay」にも対応する。(2019/4/8)

Adobe Summit 2019レポート:
MarketoのAIはAdobe Senseiに、スティーブ・ルーカス氏が経営統合の進捗(しんちょく)を語る
2019年3月にAdobe Systems傘下となったMarketo。電撃的な買収発表から半年で何が進んでいたのかが明らかになってきた。(2019/4/4)

製造マネジメントニュース:
国内IoT市場、2023年には11兆円規模へ到達する見込み
IDC Japanは、国内IoT市場の用途別、産業分野別の予測を発表した。2018年の実績(見込値)は6兆3167億円で、2023年までの5年間は年間平均成長率13.3%で成長すると予測。産業分野別では製造業の支出額が目立っている。(2019/4/2)

データこそがビジネス価値の源泉:
PR:クラウド移行による“ビジネス変革”成功のカギは「データ」にあり――「データ」をクラウドに集約すべき理由とは?
デジタル技術を活用してビジネス変革を成し遂げようという動きが活発化している。そこでキーになるのが「クラウド」だ。だが、システムを移行するだけで、クラウドのメリットが得られるわけではない。重要なのは、特に既存システムに蓄積されている「データ」を資産としてどのように活用していくかだ。「クラウド移行では、データこそ最大の差別化要素」と強調する日本マイクロソフトに話を聞いた。(2019/3/29)

目に見える自動化と、目には見えない自動化の違い
人間、チャットbot、協働ロボットが共存する労働環境に必要な管理スキルとは
チャットbot、協働ロボット、人工知能(AI)が仕事に及ぼす影響、そしてデジタルな労働力が人間の職場に混在する環境には新たな管理スキルが求められる理由について、エキスパートに話を聞いた。(2019/3/29)

林信行が読み解く Appleが4つのサービスで見せた良質なサービス作りの姿勢
Appleという世界一資金を潤沢にもつ企業が、その資本力を投じることで、もう1度、それぞれのサービスに本来の良さを取り戻そうとする姿勢――これに筆者は“ノブリス・オブリージュ”を感じずにはいられない。(2019/3/27)

Web解析にも使える! 強化学習超入門(3):
じゃらんnetをリアルタイムUX改善、強化学習が実現する次のWebサイトの形とは
Webサイトで強化学習を実装すると何を実現できるのか。リクルートの実践例を基に、使い方や失敗しないためのコツを紹介する。(2019/3/27)

使えるダイナミック広告 特別編:
Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の動的リターゲティングで成果を出すための3つのポイント
Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の動的ディスプレイ広告とはどのようなものか。その魅力と運用のポイントを解説する。(2019/3/27)

iPhone依存からの脱却なるか? Appleの新サービス普及に必要なもの
Appleが新サービス「Apple TV+」「Apple Arcade」「Apple Card」などを発表。ハードウェアを発表しない、異例の発表会となった。ただしこれらを全世界で普及させるためには、乗り越えるべきハードルがある。(2019/3/26)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Appleは「iPhoneの価値」をさらに高められるか 新サービス発表の狙い
サンフランシスコで行われた米Appleの新サービス発表会を現地で取材。この発表が何を意味するのかについて考察する。(2019/3/26)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「Taboola」「Adblade」「Innovid」 ネイティブ広告&ビデオアドネットワーク市場の世界動向
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」のデータから今月はネイティブ広告とビデオアドネットワークの市場動向を探る。(2019/3/22)

リアル店舗のデジタル化:
EC連携インタラクティブサイネージ×アバター遠隔接客、NTTデータが実証実験開始
将来的な一坪デジタルストアの実現へ向けた実証実験を三井ショッピングパークららぽーと海老名で実施。(2019/3/15)

カスタムAIを開発してアプリに組み込み:
Microsoftが.NET用オープンソース機械学習フレームワークの最新版「ML.NET 0.11」を公開
オープンソースの.NET開発者向けクロスプラットフォーム機械学習フレームワークの最新版「ML.NET 0.11」をMicrosoftが公開した。(2019/3/12)

国内IoT市場、年間平均成長率13.3%で成長、2023年に11.8兆円に 製造業に次ぎ個人消費に伸びしろか――IDC調べ
IDC Japanによると、国内IoT市場は2023年までに年間平均成長率13.3%で成長し、2023年に市場規模は約11.8兆円に達する見込み。産業分野別では、特に製造業の支出額が突出していた。スマート家電やスマートホームなどの分野を中心に個人消費者の伸びも期待される。(2019/3/12)

「いたずらURL貼って補導」がIT業界の萎縮をまねく理由
JavaScriptのループ機能を使った“ブラクラ”のURLを書き込んだ3人が摘発されて物議を醸している。今回の事件で本当に注目すべき問題は何なのか。同じく問題視されている改正著作権法の共通点についてもまとめたい。(2019/3/8)

リテールテックJAPAN 2019 レポート:
無人店舗の現実解はどこに、「リテールテックJAPAN 2019」に見る現在地
人手不足が大きな問題になる中で注目を集める「無人店舗」。「リテールテックJAPAN 2019」では、近未来の店舗の姿という位置付けで、各社が無人店舗やレジレスをイメージした展示を行った。(2019/3/7)

CIOへの道:
「攻めのIT、守りのIT」はオワコン? オイシックスのCMT、西井氏に聞く「ビジネスとITの間を行き来できる組織の作り方」
マーケティングのプロがIT部門にも関わるという、ちょっと変わった組織体系のオイシックス・ラ・大地。このような組織体制になった背景や効果、同社のマーケティングに対する考え方を、クックパッドの情シス部長が聞く。(2019/3/7)

製造ITニュース:
2022年世界のIoT総支出額、1兆米ドルに達すると予測
IDC Japanが世界のIoT支出額予測を発表した。2019年のIoT総支出は前年比15.4%増の7450億米ドル(約82兆3076億円)に達する見込みだ。今後、スマートホームなど個人消費者向けのIoT支出額が伸び、2番目に大きな産業分野になると予測する。(2019/3/5)

AIが転職サポート、経歴と価値観で分析 スマホアプリ「VIEW」
経歴と価値観を登録すると、AIが自分に合った職業を提示する――若手人材の転職をサポートするスマートフォンアプリ「VIEW」が登場。(2019/2/27)

ビッグデータで消費者ニーズを特定
「Yahoo! JAPAN」のユーザー行動履歴を分析できるサービス登場 市場調査の手間を不要に
ヤフーが新しいデータ分析サービスを発表した。「Yahoo!ショッピング」や「Yahoo!ニュース」「Yahoo!検索」など、同社サービスのユーザーの利用データを基に、消費者の関心を可視化できる。(2019/2/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。