ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「レコメンデーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レコメンデーション」に関する情報が集まったページです。

「AI/Automation for System Engineers」ライブ配信セミナー基調講演レポート:
AIを“敵”ではなく“相棒”にするための基礎知識
AIはエンジニアから仕事を奪うのか?――生成AIへの期待値の高まりとともに、改めてAIとの向き合い方が問われている。仕事でAIを使うことが当たり前になる時代に、エンジニアはどう振る舞うべきか。@ITが開催したセミナーからそのヒントを探る。(2024/2/27)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーション」&「A/Bテスト」ツール売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、パーソナライゼーション製品と「A/Bテスト」ツールの国内売れ筋各TOP5を紹介します。(2024/2/13)

Amazonのタブレット「Fire HD 10 キッズプロ」を小学校低学年の子どもに使ってもらった結果
アマゾンジャパンが6歳以上の子どもが使うことを想定したタブレット「Fire HD 10 キッズプロ」を発売しました。筆者の子どもに実際に使ってみると、良い点と改善すべき点がいろいろ見えてきたので、まとめてみます。(2024/2/9)

「Apple Music Classical」提供開始 Appleが考えるクラシック音楽配信の在り方
1月24日、日本でApple Music Classicalのサービスが開始された。既存のApple Musicサブスクリプションに登録しているユーザーであれば、追加料金なしで、500万曲以上のカタログから楽曲を楽しめる。Appleはなぜ、クラシックジャンル専門のアプリの提供を開始したのだろうか。(2024/1/25)

自動車/航空宇宙業界も注目:
PR:3Dプリンター活用をもっと身近に! 「3D-FABs」が選ばれる理由とは
オリックス・レンテックが2023年5月に提供を開始した3Dプリントの造形シミュレーションサービス「3D-FABs」。手持ちの3D CADデータを使って造形の可否判定から費用の概算までワンストップかつ無料でできるWebサービスだ。利用者の反応やユースケース、金属3Dプリンター活用のトレンドを担当者に聞いた。(2024/2/5)

グッドパッチとUXの話をしようか:
ユーザー調査の「使いたいと思います」を信じてはいけない、3つの理由
新商品の発売前などに「ユーザー調査」を実施する企業もあるかと思います。その中で「使いたいと思いますか?」という設問への回答は信頼すべきではないようです。なぜかというと……(2024/1/17)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーション」&「A/Bテスト」ツール売れ筋TOP5(2024年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品と「A/Bテスト」ツールの国内売れ筋各TOP5を紹介します。(2024/1/16)

CIO Dive:
AWSの新機能はどのくらいコスト効率が良いのか 次世代CPU、新ストレージクラス発表
直近のAWSの年次イベントでの発表は、クラウドコスト最適化に関連した話題が豊富だった。果たしてどの程度効果があるのだろうか。(2024/1/15)

カーボンニュートラルテクノロジーフェア特別企画:
PR:「環境データを出せ」と言われても何を出せばいいの? ESG経営基盤が必要なワケ
2023年11月27〜28日に開催されたオンラインセミナー「カーボンニュートラルテクノロジーフェア 2023冬」(MONOist編集部主催)に、富士通 グローバルビジネスソリューションBG ソーシャルソリューション事業本部 シニアディレクターの長島久美子氏が登壇。「製造業が“勝ち続ける”ために必要なESG経営とは」をテーマに、サステナビリティーを実現する企業経営の在り方について、富士通自身や顧客企業の事例などを中心に紹介した。(2024/1/9)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
「職人に優しくない」ECサイトが傾くワケーー米大手で社員11%レイオフ騒動
ハンドメイドやクラフト商品の作り手と、消費者が直接売買できる大手マーケットプレース「Etsy(エッツィー)」が11%の従業員をレイオフすることを発表し、話題になっている。業績不調の原因と、これから生き残る術とは。(2023/12/25)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
月額5万円から 「CONNECTY CDP」に4つの新プラン
企業の顧客データを一元管理・分析し、マーケティング施策の展開・精緻化を支える「CONNECTY CDP」が4つの新プランを設定してサービスを拡大する。(2023/12/22)

サイジング、パフォーマンスベンチマーク、負荷テストを支援:
Google Cloud、パフォーマンスとリソースの最適化に役立つ3つのOSSツールを公開
Google Cloudは、Google Cloud上のKubernetesクラスタの最適化に役立つ、サイジング、パフォーマンスベンチマーク、負荷テストといったタスクを支援するオープンソースツールを公開した。(2023/12/20)

製造ITニュース:
製造業の顧客接点をデジタル化し集約、AIで営業やサポートを効率化
オプティムは、製造業向けに顧客接点をデジタル化して集約するサービス「OPTiM Hardware My Portal」を発表した。製品サポートや営業支援に関する情報をポータル上で公開することで、顧客満足度の向上や営業効率化を図る。(2023/12/19)

クラウドで加速する生成AI活用【前編】
生成AIを「AWSのクラウド」で始める“基本の基” 知らないと損?
AWSやAzure、GCPのようなハイパースケーラーのクラウドサービスでこそ、生成AIの真価を引き出せる可能性がある。それはなぜなのか。AWSで生成AIを活用する方法を担当者に聞いた。(2023/12/14)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーション」&「A/Bテスト」ツール売れ筋TOP5(2023年12月)
今週は、パーソナライゼーション製品と「A/Bテスト」ツールの国内売れ筋各TOP5を紹介します。(2023/12/12)

Social Media Today:
MicrosoftはOpenAIの最強パートナー 生成AIへの強みをどう生かす?――2024年のSNS大予測(LinkedIn編)
プロフィール要約や投稿補助など、生成AIを活用した機能を続々と導入してきたLinkedIn。2024年はAIの使用をアプリ内の体験向上にシフトさせることが予想される。(2023/12/9)

最近傍検索ライブラリ「Annoy」の後継:
Spotifyが近傍検索ライブラリ「Voyager」をオープンソースで公開 その実力とは
Spotifyは公式ブログで、同社が開発した新しい近傍検索ライブラリーVoyagerについて紹介した。Voyagerは実稼働環境でのSpotify推奨の最近傍検索ライブラリとしてAnnoyの後継となることを目的としているもので、GitHubで公開されている。(2023/12/9)

「飛び込み営業」がついに死語に!? AIの台頭でくつがえる営業の常識
もしかしたら、AIの活用によって日本から飛び込み営業がなくなる日が来るかもしれない――。AIの台頭で営業の常識が変わりつつある今、時代遅れな方法はどんどん淘汰されている。今後の日本の営業活動はどう変化するのだろう……?(2023/12/7)

材料技術:
流動性や靭性が高いバイオプラと成形品質のばらつきを補正する新システム
日立ハイテクのマテリアルソリューション部は、「IPF Japan 2023(国際プラスチックフェア)【第10回】」で、キャッサバ(タピオカ)デンプン添加のバイオプラスチックや高品質リサイクルプラスチックおよび品質制御成形ソリューション、粉末積層造形(3Dプリンタ)用ポリブチレンテレフタレート(PBT)-リサイクルCF粉末を披露した。(2023/12/6)

Social Media Today:
ARで小売業との連携を強化、ショッピングにより強いSNSに――2024年のSNS大予測(Pinterest編)
2024年のPinterestのテーマはIRL(In Real Life:現実世界)との接続となるだろう。(2023/12/2)

楽天社員に呼び掛け:
三木谷浩史「AIは全てのエコシステムの中心になる」 グーグル、メタにない強みは?
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は、グループを挙げてAI活用に注力することを宣言した。「AIは全てのエコシステムの中心になる」と話し、AI活用によってマーケティング、オペレーション(運営)、クライアントの事業効率をそれぞれ20%上げるよう社員に呼び掛けているという。(2023/11/30)

音楽業界のIT部門:
「想像を超えたレベル」 レコチョク責任者がChatGPTに驚愕した理由
レコチョクが、生成AIの積極的な活用を進めている。音楽業界は生成AIでどのように変わる可能性があるのか。執行役員に聞いた。(2023/11/28)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
よく耳にするけれど実はあまり理解していなかった「SoR、SoE」の違いを学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第14回は「SoR、SoE」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/11/22)

「従業員監視」の法規制を巡る議論【前編】
「従業員監視」は何が“危ない”のか? コネクテッドデバイスの利用実態にメス
英国政府はコネクテッドデバイスの利用実態に関する調査資料を公開。メリットに注目されがちなコネクテッドデバイスを、従業員監視に使う際の懸念点は。(2023/11/21)

Social Media Today:
生成AIでビジュアル編集強化、そしてThreadsは出オチで終わらない――2024年のSNS大予測(Instagram編)
AIでレコメンドされる動画、AR、それからX(旧Twitter)キラーの最有力候補であるThreads。Metaの屋台骨を支えるInstagramは2024年、どう進化するのか。(2023/11/18)

日本でのローカライズ進むGoogleの生成AI 中外製薬やZOZOの導入事例も
Google Cloud Next Tokyo '23が開催され、Google Cloudの生成AI関連ソリューションのアップデートが複数発表された。中外製薬とZOZOでの導入事例についても解説する。(2023/11/17)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
アマゾンのアパレル特化店舗が全店閉鎖 3つの「しくじり」はこれだ
アマゾンのアパレル特化型店舗「Amazon Style」は、開店から2年もたたずに全店舗を閉鎖した。なぜうまくいかなかったのか――。(2023/11/17)

今日のリサーチ:
生成AIの使い道、買い物客と小売業者に聞いてみた結果は?――Salesforce調査
Salesforceが世界18カ国で実施した消費者調査「コネクテッドショッパー最新動向」(第5版)の結果です。(2023/11/12)

Social Media Today:
Facebookの“ソーシャル離れ” フォローよりAI重視が加速――2024年のSNS大予測(Facebook編)
世界最大のSNSであるFacebookさえ、フォローする人よりAIがレコメンドするコンテンツの方がエンゲージメントが高いと考えるようになっている。2024年はどうなる?(2023/11/11)

「コンテナに対応した仮想アシスタントは実は少ない」:
Dockerが生成AI競争に参戦 有識者が「可能性を感じるが拡張は必要」と指摘する要素とは?
TechTargetは、Dockerの生成AIに関する記事を公開した。Dockerは、LLMと「Docker AI」を使用するアプリケーション開発に役立つ“事前構築済みのツールセット”を携えて、生成AIという時流に乗り込もうとしているという。(2023/11/9)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「はま寿司」に続き「スシロー」も“デジタル回転寿司” DX専門家に聞く業界の行方
回転寿司各社が“脱・回転”を進める。中でもスシローの「デジロー」は大きな話題を呼んだ。しかしながら、スシローは本格的な導入は控えているようだ。一体なぜなのか。(2023/10/31)

マシーナリーともコラム:
行こうゲーセン! 絵と演出が良すぎる麻雀ゲーム「麻雀ファイトガール」を勝手にレコメンドする
「麻雀ファイトガール」がよくいくゲーセンから撤去された! 助けてくれ!!!(2023/10/27)

Meta決算、広告復調で増収大幅増益 「2024年はAIとメタバースを最優先」とザッカーバーグCEO
Metaの7〜9月期決算は、売上高は23%増、純利益は164%増と好調だった。主力の広告の復調と大規模なコスト削減が奏功した。(2023/10/26)

CIO Dive:
非構造化データは毒にも薬にもなる 使いこなすメリットとは?
IDCのレポートによると、断片化されたデータを保有する企業では、潜在的なデータ侵害コストが約2倍になることが判明した。(2023/10/25)

Social Media Today:
Threads投稿がFacebookやインスタで表示される? ユーザーには垢バレの不安が……
サービス開始後短期間で1億ユーザーを獲得した後、成長が急減速したMetaの「Threads」。ポストX(旧Twitter)の筆頭候補として再度存在感をアピールするため、次の一手を打ってくるようだ。(2023/10/22)

Social Media Today:
X(旧Twitter)がついに有料化実験を開始 8割のユーザーはROM専だから投稿に課金しても影響は限定的?
Xがニュージーランドとフィリピンで新しい実験プログラムを開始。未認証の新規アカウントは、投稿したり他のアカウントと交流したりするために、年間1ドルを支払う必要がある。(2023/10/19)

「LINEヤフー BIZ Conference」レポート:
「LINEヤフー」発足で企業のマーケティングはどう変わる?
新生LINEヤフーが広告事業において掲げる「Connect One」構想とはどのようなものか。2023年10月2日に開催された戦略発表会の内容を基に、重要なポイントをまとめた。(2023/10/4)

東京リージョンで正式提供開始の生成AIサービス「Amazon Bedrock」、企業での利用に向けた仕掛けとは
Amazon Web Servicesの生成AIマネージドサービス「Amazon Bedrock」が、本国でのリリースから数日遅れの10月3日、東京リージョンで正式に提供開始となった。このサービスには、企業での生成AI活用を促進するための幾つかの仕掛けがある。(2023/10/3)

「Amazon CodeWhisperer」の新しいカスタマイズ機能など4つの発表:
AWS、生成AIのマネージドサービス「Amazon Bedrock」を提供開始
Amazon Web Services(AWS)は、「Amazon Bedrock」の一般提供開始など、生成AIに関する4つのイノベーションを発表した。(2023/10/3)

Go AbekawaのGo Global!〜Tyler McMullen(前):
次元削減、局所性鋭敏型ハッシュ――コンピュータサイエンスは美しい
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はFastlyのCTO、Tyler McMullen(タイラー・マクマレン)さんにお話を伺う。高校生のころはアーティストになりたかったタイラーさん。そんな同氏を引き留め、エンジニアの道に導いたのはある先生の一言だった。(2023/10/3)

UiPath 最高製品責任者インタビュー:
「ChatGPTがあればUiPathはいらない」という“暴言”に、最高製品責任者の回答は?【前編】
生成AIは業務自動化の可能性を押し広げるものだが、ビジネス活用を考えた際にリスクをはらんでいる。業務自動化の領域からみた生成AIのベストな活用方法やユースケースについて、UiPathの最高製品責任者を務めるグラハム・シェルドン氏が語った。(2023/9/29)

DX 365 Life(10):
多国籍チームでビジネスを成長 D&Iに取り組むMicrosoftのトレンドを紹介 (Microsoftのビジネスアプリケーション-AI編その1)
長期的なビジネス成長を考える上で、外国人人材の起用やAIの活用は重要な要素になります。この点、日本企業はどのように取り組みを推進していくべきなのでしょうか。Microsoftの製品が提供する価値と合わせて解説します。(2023/9/29)

元・外資営業役員が語る:
外資の営業は10年前からAI活用 なぜ日本企業の多くはいまだに「蚊帳の外」なのか
外資企業では、10年以上前から営業活動において簡単な業務であればAIを活用してきた。なぜ日本企業ではいまだにAI活用が進まないのだろうか? 元SAPジャパンの営業役員に日本の課題とポテンシャルを聞いた。(2023/9/28)

Jabraが新型ビデオバー「PanaCast 50 Video Bar System」を発表 仕事はかどるオンライン会議は“PCレス”が鍵になる?
NGオーディオジャパンが、「Jabra PanaCast 50 Video Bar System」を発表した。ビデオバーにタッチスクリーンコントローラーを組み合わせた新モデル投入の意図や、ハイブリッド会議での課題、それらを取り巻く環境について聞いた。(2023/9/15)

言語の壁を壊す:
生成AIがもたらした“5つのゲームチェンジ” 日本の「脱・ガラパゴス化」が目前に迫るワケ
”生成AIが「ガラパゴス日本市場」を崩壊させるワケ”というテーマについて、さまざまな業界の中で最も影響を受けるであろうIT業界を前提に、インパクトを解説していく。(2023/9/13)

サイバー攻撃の侵害が日常になった今、欠かせない“検知と対応”:
PR:次にどんな攻撃が来るか分からないのになぜAIを使わないのか 有識者が勧めるセキュリティ自動化
サイバー攻撃は業種や業態、企業規模に関係なく、ある日突然やってくる。担当者は懸命にセキュリティ対策をしている。ただ、「国家が主導するような大規模なサイバー攻撃の被害に遭うかもしれない」と本気で考える人は多くないだろう。だが、そうした事態はすでに人ごとではなくなっている。(2023/8/24)

【後編】明石ガクトに聞くTikTok売れの法則 認知施策は不要、「興味からズドン」で購買へ至るカラクリ
インターネット、特にSNSはもはや社会インフラだが、その舞台で求められるマーケティング視点として昨今キーワードになっているのが「コミュニティー」「熱量」だ。マーケターはこの潮流を前に、つながりをどう生かし、熱をつくり出せばいいのか? 動画界のカリスマ、明石ガクト氏と余頃沙貴氏に問う動画マーケティングの最前線(後編)。(2023/8/22)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2023年8月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2023/8/8)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラ「Model 3」のオーディオ性能を音響エンジニアがガチ評価 ハイレゾ音源は効果なし?
「祝Apple Music on Tesla」ということで、Apple Musicアプリの使用感に加え、Model 3に標準搭載されているオーディオについて、音楽制作者としての考察を交えながらマニアックに語ります。同時に、Model 3車内に録音機材を持ち込んでの周波数の計測実験も行ったのでその結果も報告します。(2023/8/6)

生成AIでRPA再興狙うAutomation Anywhere【前編】
オワコン化どころか「生成AI」でむしろ進化するAutomation AnywhereのRPAツール
RPAベンダーAutomation Anywhereは、主要ツール群「Automation Success Platform」に生成AIを組み込み始めた。RPAツールに生成AIが加わることで、どのようなことができるようになるのか。(2023/8/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。