ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「レコメンデーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レコメンデーション」に関する情報が集まったページです。

CES 2021:
TOTOが健康に役立つ「ウェルネストイレ」の開発を表明、数年内の実用化目指す
TOTOは、オンラインで開催中の「CES 2021」において、“健康”という新たな生活価値創造をめざす「ウェルネストイレ」の開発に取り組むと発表した。人が日常的に利用するトイレを用いて健康状態と関連するデータを収集するとともに、健康に関するレコメンドをスマートフォンを介して行う機能などを備えるトイレの開発が目標になる。(2021/1/14)

ニットを伸ばさずハンガーにかける方法が目からウロコ 簡単に、お気に入りのニットをきれいに保てます
スッキリ収納できるのもうれしい。(2021/1/8)

混雑可視化で「3密」対策:
“広すぎる”売り場、アプリで案内時間を40%削減──カインズ流、IT変革の全貌を“デジタルアレルギー”だった旗振り役に聞く
2020年4月、緊急事態宣言の発令によりホームセンターのカインズにはマスクやトイレットペーパーを求める買い物客が殺到した。特に混雑が目立った浦和美園店にて、店内の混雑状況を店頭のデジタルサイネージとスマホアプリでリアルタイムに表示するIoT実証実験を開始。その他にも専用アプリから決済して店頭やロッカーで商品を受け取る仕組みを展開するなど、カインズではさまざまなデジタルソリューションを通して、感染対策と顧客体験の向上を図っている。デジタル化施策の方針や、“お客さま・従業員ファースト”でITを活用しているという店舗づくりについて話を聞いた。(2021/1/13)

数字で見る2021年注目企業:
「炎上」と「改革」で4000億円企業に コロナバブル後に真価が問われるZOZO
サービス開始からわずか17年で商品取扱高が約22倍以上に伸びたZOZOTOWN。急成長できた背景とコロナ禍でも成長し続ける強みを著者の磯部孝氏はこう分析する。(2021/1/4)

YSL「#YSLロックシャイン」キャンペーンなど:
「TikTok For Business」の2020年 コロナ禍のブランド体験はどう変わったか
「TikTok For Business」として展開するTikTokの広告ビジネスの現状とこれからについて担当者に聞いた。(2020/12/28)

救世主:
”条件外の人”でも運命を感じた! 政府支援の「AI婚活」、その実力は?
「彼氏や彼女がいない人が増えている。若者の間で草食化が進んでいる」――。このような声が広がるなか、AIやビッグデータを活用して、政府は婚活支援事業に取り組むという。すでにAIマッチングを導入している自治体では、どのような”結果”が出ているのだろうか。取材したところ……。(2020/12/26)

スマホブラウザの「Smooz」がサービス終了 閲覧情報や検索履歴を意図せず送信
アスツールは12月23日、スマートフォン向けブラウザアプリ「Smooz(スムーズ)」のサービス終了を告知した。Smoozでは、閲覧したページや操作などの行動履歴、検索した単語などのデータを収集している。これらのデータ送信が、プライベートモードの利用時や、データの提供をオフにしているときも止まっていなかったことが判明した。(2020/12/23)

Webブラウザ「Smooz」提供終了 ユーザー情報の取得疑惑で「継続が困難に」
アスツールが、「継続が困難になった」としてWebブラウザアプリ「Smooz」の提供を終了すると発表した。同アプリは、行動履歴や閲覧内容などのデータを同社のサーバに送信しているとの指摘を受けていた。(2020/12/23)

情報を外部に送信している? 疑惑のWebブラウザ「Smooz」が配信停止に
Webブラウザアプリ「Smooz」が検索情報などを外部に送信していると話題になっている。開発したアスツールは20日にプログラムを修正したが、新たな問題が見つかったとして同日に配信を停止した。(2020/12/21)

KADOKAWAが新漫画誌『青騎士』2021年創刊 『乙嫁語り』『北北西に曇と往け』は移籍に
どんな雑誌になるのか楽しみ。(2020/12/17)

ローコード開発の実際:
PowerPlatformでアプリ開発内製化 鹿島建設のデジタル活用術で協力会社の課題は解消するか
MicrosoftのPowerPlatformを使ったローコード開発による業務改革の事例が国内でも出てきた。鹿島建設は多数の協力会社の業務改善に内製アプリを活用する。(2020/12/15)

AIが“運命の人”を選ぶ時代! 政府が地方自治体の婚活事業を支援 少子高齢化歯止めの秘策に
政府は2021年度から、AIやビッグデータを活用した地方自治体の婚活支援事業を支援する方針だ。すでに埼玉県や愛知県などで導入されているシステムには、過去の事例を学習したAIが相手候補をレコメンドする機能がある。(2020/12/14)

顧客に応じて最適な画像認識技術を提供するための基盤:
PR:成熟した「画像認識」技術、企業の課題を解決できるか
機械学習技術の発達と5Gなどの大容量高速通信の普及により、業務プロセスへ画像認識技術を適用しやすくなってきた。具体的な問題解決に使いたいというニーズが高まる中、さまざまな画像認識パッケージからどれを選べばよいのかが分かりにくい。(2020/12/9)

「吊るしで十分ですよ」 M1搭載MacBook Airを手にしたデザイナーは言った
Macを使ったDTPの黎明期から活躍しているエディトリアルデザイナーに、M1搭載Macの印象を語ってもらった。(2020/12/4)

「Tableau CRM」誕生:
TableauにSalesforce Einstein Analyticsが完全統合してこれから変わること
セールスフォース・ドットコムとTableau Softwareは両社の製品統合の詳細について、いよいよ明らかにした。(2020/12/1)

ニューノーマル時代の働き方を支援 日立がサブスクリプション型サービスを提供
日立製作所は2020年11月25日、ニューノーマル時代の働き方を支援するサービスを体系化して販売を開始すると発表した。人事や総務、開発、営業などの部門や職種に応じたサブスクリプション型メニューを提供する。(2020/11/26)

ルグラン泉浩人氏に聞く:
「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーのルグランが提供している。同社は次なる展開としてIoTセンサーによる二酸化炭素濃度測定サービスを開始。なぜ? 共同CEOの泉浩人氏に聞いた。(2020/11/25)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
LINEで“濃い”関係づくり、売り上げ1.3倍に コメ兵が見据える中古品ビジネスの将来像
中古ブランド品売買のコメ兵は、オンラインとリアルの接客を組み合わせたサービスを強化している。コロナ禍では「LINE接客」を活用し、店員1人当たりの平均売り上げが1.3倍に伸びた。デジタル活用の目的は“非接触”だけではない。顧客との“濃い”関係づくりだ。(2020/11/25)

石野純也のMobile Eye:
AppleがApp Storeの手数料を“半額”に下げる狙い アプリ開発者に与える影響は?
Appleは、11月19日に「App Store Small Business Program」を発表した。2021年1月から、手数料を引いた分の収益が100万ドル(約1億400万円)に満たない小規模事業者の手数料を15%にする。複数のデベロッパーに話を聞きながら、今後の展開を占った。(2020/11/21)

デジタルコミュニケーションに「おもてなし」の心を:
解約したいのに引き止められるのは「良い顧客体験」なのか
「コト売り」「サービス」で稼ぐ企業であれば、顧客との良好な関係を長く維持し、解約されないようにしたいのが本音だ。しかし、それはあくまで企業からの見方にすぎない。出発点はあくまで顧客。「解約防止」される側の視点に立ってみると……。(2020/11/19)

AIによるソフトウェア開発【後編】
AIによるプログラミングの限界と想定される危険性
GPT-3がプログラムコードを生成するのは可能かもしれないが、それは完璧なものだろうか。そうした懐疑論者もソフトウェア開発にAIを応用する可能性は認めている。だが、別の危険性も内包しているという。(2020/11/16)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
星野リゾート星野佳路代表に聞く マイクロツーリズム成功の秘訣とポストコロナへの施策
コロナ禍でのマイクロツーリズムをはじめとした取り組み、ポストコロナへ向けた展望について、星野リゾートの星野佳路代表に聞いた。(2020/11/11)

AIによるソフトウェア開発【後編】:
AIによるプログラミングの限界と想定される危険性
GPT-3がプログラムコードを生成するのは可能かもしれないが、それは完璧なものだろうか。そうした懐疑論者もソフトウェア開発にAIを応用する可能性は認めている。だが、別の危険性も内包しているという。(2020/11/11)

視点:
モノが売れない時代に鍵となる“コンテクスト消費”とは
コンテクスト消費を喚起していくうえで、企業が今考えなければならないことは大きく2つある。(2020/11/9)

アクセンチュア、腎臓移植へのAI活用で東京女子医大と共同研究 拒絶反応の事前予測などに期待
アクセンチュアは腎臓移植へのAI活用について、東京女子医大と共同研究を行うと発表。移植した患者の拒絶反応や副作用の予測にAIを活用できるか検証するという。(2020/11/5)

エボルトとAppierが協業:
オンライン展示会経由のリード獲得をAIで支援 B2Bマーケティング&セールスの新潮流
行動ログデータとAIを活用し、来場者にはオンラインでもシームレスに展示を見て回れる顧客体験を、出展企業にはより多くの来場者と出会う機会を創出する。(2020/11/4)

行員にデータ分析を基礎から インテックが伊予銀行に向けた研修を提供
インテックは、データを活用した業務高度化に向けて伊予銀行と連携する。伊予銀行の職員に「データ分析・ビジネス企画力の養成研修」を実施する。今回の研修を皮切りに、データ活用による地域金融ビジネスの高度化に向けた取り組みを進める。(2020/10/26)

人工知能ニュース:
KPIを予測し対応シナリオを自動提示、アクセンチュアの業務適用型AIサービス
アクセンチュアは2020年10月21日、AIエンジン基盤「AI HUB プラットフォーム」をベースに開発した、業務別に最適化されたAIが使える「AI Powered サービス」に6つの新規サービスを追加したことを発表した。AIがKPIの着地地点を自動予測し、取るべきシナリオを自動提示して経営意思決定を補助する「マネジメントコックピット」などが新たに利用可能となった。(2020/10/23)

レジ待ち渋滞も解消:
“買いすぎ防止”スマホレジを導入したら、客単価が20%上昇 イオン「レジゴー」の秘密に迫る
イオンのレジに革命が起きている。買い物客が貸し出し用のスマートフォンを使い、かごに入れる前に商品をスキャン、専用レジで会計する「レジゴー」だ。スキャンにかかる時間は約1秒。レジでは決済のみを行うため、レジ待ちの渋滞も起きづらい。常に商品の一覧と合計金額が確認でき、利用者にとっては買い過ぎの防止にもなるレジゴーの導入で、客単価が向上したという。その理由を聞いた。(2020/10/22)

【特集】人材採用、育成のDX:
「新常態」で企業格差が広がる――日本の採用、育成のDXはなぜ遅れてしまうのか 成長のヒントを探る
テレワークを中心に新しい働き方の模索が続く一方、人材の採用や育成をどう「新常態」に合わせるのか。企業や組織の人材コンサルタントは「日本企業のDXの遅れは、採用や育成の面でますます欧米との格差を広げている」と警鐘を鳴らす。それはなぜなのか。また、採用や育成を見直したい企業は、どこから手を付ければいいのか。(2020/10/21)

パンデミックで大打撃の小売業者をAIが救う
コロナ不況から「AI」で脱却するには? AT&TやeBayの事例に学ぶ
新型コロナウイルス感染症拡大で経済的影響を受けた小売業者を、AI技術とアナリティクス技術はどのように支援したのか。「Ai4 2020」における専門家のパネルディスカッションを紹介する。(2020/10/19)

中小ビジネスが逆境に打ち克つために:
InstagramでEコマースを無料で始めるメリット
コロナ禍で注目されるネットショップ開設。中でも中小ビジネスは、Facebookが同社のアプリ(FacebookやInstagramなど)で提供する「ショップ機能」に注目するといいかもしれない。【訂正あり】(2020/10/12)

間接部門から開発部門へ:
これからの人事担当者は、経営・テクノロジーも理解する「デジタルHRプロデューサー」になるべき
HRテクノロジーに詳しい、慶應義塾大学の岩本隆氏(大学院経営管理研究科 特任教授)は「これからの人事は管理業務を行う部署ではなく、経営者目線で戦略人事を行わなくてはならない」と提言する。どういうことかというと……?(2020/10/12)

食の流行をたどる:
ロゼワインが「子どもっぽい」とされる理不尽 日本でのビジネスチャンスは?
日本において、ロゼワインは子どもっぽい飲み物とされる。フランスでは白ワインより消費量が多いのにこの扱いは理不尽である。ビジネスチャンスはないのか。(2020/10/10)

iOS 14で「ウィジェット」はどう変わったのか? 使い勝手をチェック
iOS 14では、ホーム画面にウィジェットを配置できるようになった。ウィジェットのサイズは複数選択でき、表示内容を変更できるものもある。ホーム画面に置いても、アプリの表示がくずれないようにする工夫も見られる。(2020/10/9)

本物のDXに向けて:
ブレインパッドのプライベートDMP「Rtoaster」がリブランド CDPなど3製品を提供
データの収集・統合、分析、アクションをつなぐ「データビジネスプラットフォーム」へ刷新。(2020/10/8)

名刺をスマホで撮って申し込み Sansan、セミナー運営を効率化する新ツール
Sansanがビジネスセミナーの運営支援に参入。第1弾として、セミナー運営を効率化するツール「Sansan Seminar Manager」をリリース。企業は登録フォームなどを手早く作成でき、参加者はスマホで撮影した名刺のデータを申し込みに使える。(2020/10/8)

世界規模で進むAI活用 総支出額の「ほぼ3分の1」を占めるユースケースとは
IDC Japanによると、AIに対する世界全体の支出額は今後4年間で2倍に増加し、2024年に1100億ドルに達する見通しだ。日本のAI支出額は、2024年までの年成長率が32.1%と、強力な支出拡大が見込まれる。(2020/10/2)

ユーザーの「オタク性」に最適な広告を 講談社、凸版、CCIがマーケティング新会社
講談社と凸版印刷、サイバー・コミュニケーションズが新会社。「オタク性」というあいまいなセグメントに届ける広告配信最適化ソリューションなどを提供する(2020/9/30)

Yahoo!ニュース コメントでも活用:
コメント投稿の「良し悪し」をAIが点数評価 ヤフーがAPIを無償提供
ヤフーは、すでにコメント投稿機能のあるサービスを公開と運営している日本国内の法人向けに、「深層学習を用いた自然言語処理モデル(AI)」を利用してコメントを評価する技術のAPIを無償提供する。(2020/9/23)

「Apple Watch」のフィットネスサブスクサービス「Fitness+」、月額9.99ドル
AppleがApple Watch Series 3以降で使えるサブスクリプション制フィットネスサービス「Fitness+」を発表した。月額約10ドルで、毎週新しいワークアウトプログラムを提供する。まずは日本を含まない6カ国で年内に提供を開始する。(2020/9/16)

「データ&AIの民主化」の実現へ:
AIユニコーン企業のDatabricksが日本市場に本格参入 マーケターが注目すべきポイントは?
オープンソースソフトウェアとクラウドを軸に統合データ分析プラットフォームを提供するDatabricksが日本法人を設立。マーケターが注目すべきポイントをまとめた。(2020/9/14)

ネットでよく見る「これを買った人はこんな商品を買っています」をアナログで実現! 本屋さんのアイデアに目からウロコ
これがリアル書店の底力だ……!(2020/9/13)

淡路島移転で注目のパソナ、現地「DX拠点」について担当者に聞いた
パソナの淡路島移転をめぐる報道はさまざまな憶測を呼んだ。SNSでは面白おかしく「まるで島流しだ」などと揶揄(やゆ)する声もあった。同社の本当の目的とは。(2020/9/11)

構造解析、はじめの一歩(7):
CAEはメッシュが命!
「構造解析」を“設計をより良いものとするための道具”として捉え、実践活用に向けた第一歩を踏み出そう。第7回は「有限要素法」の主役である“要素”にフォーカスし、有限要素の種類、次数、要素サイズが解析結果にどのような影響を与えるのか、テスト結果を交えてステップ・バイ・ステップで解説する。(2020/9/10)

メルカリ米国事業が好調に 「ローカライズ」「コロナ特需」が成長のカギ
メルカリが多額の資金を投じ、赤字の要因になっていた米国事業が好調。配送手続きの簡略化やAIを活用した新機能の追加など、米国独自の施策がその要因だという。新型コロナウイルス感染拡大によるEC需要の増加も成長を後押ししたとしている。(2020/9/8)

生死を分ける:
日本進出はいつ? 緊急時に命を救う「AI診断」 次世代ユニコーン「コルティ」の挑戦
デンマークに拠点を置くスタートアップ「Corti(コルティ)」が、注目されている。緊急度が高い「救急医療部門」向けにAIサービスを提供していて、将来ユニコーンになる可能性が高い企業に贈られる「Future Unicorn Award 2020」を受賞した。どんなサービスを提供しているのかというと……。(2020/9/4)

米中摩擦で「TikTok」に利用禁止の動き、日本での事業は継続されるのか?
日本でも大人気の動画投稿サービス「TikTok」が、世界各国でサービス停止の危機にある。その背景には米中摩擦をはじめとした、中国と各国との対立激化が大きく影響している。日本のTikTokのサービスにどこまで影響が及ぶのだろうか。(2020/8/31)

ライオン、スマート歯ブラシに本格参入 歯磨きのうまさを採点する子供用モデル開発
ライオンが子供用スマート歯ブラシ「はみがきのおけいこ」を発表した。同社初の本格的なスマート歯ブラシで、市場に新規参入する。背景にはIoT市場の拡大があり、今後は成人向け製品の開発も目指す方針。(2020/8/25)

AI・機械学習の独学リソース:
機械学習/ディープラーニングが無料で学べる、米国有名大学の「オンライン講座/講義動画」
アメリカのスタンフォード大学/MIT/ハーバード大学/コロンビア大学/ニューヨーク大学といった有名大学の一部では機械学習や深層学習のオンライン講座/講義動画を無料で配信している。その概要と特長をまとめる。(2020/8/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。