ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「グランプリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「グランプリ」に関する情報が集まったページです。

書類にまつわる悲哀を川柳に 「私のイチオー業務川柳」でグランプリを獲得したものは? 6月15日「PDFの日」にちなみ
6月15日はPDFが生まれたことにちなみ、2023年に「PDFの日」として制定されている。それを前に、アドビはSNSで募集していた「私のイチオー業務川柳」最優秀作品や入選作品の発表し、書類に関する現状の課題とPDFの今後について告知する「Adobe AcrobatとPDFの未来」イベントをメディア向けに開催した。(2024/6/14)

製造マネジメントニュース:
DX銘柄2024決定、LIXILや三菱重工などグランプリに
経済産業省と情報処理推進機構は、デジタル技術によってビジネスモデルや経営の変革にチャレンジしている企業として「デジタルトランスフォーメーション銘柄」などを選定した。(2024/6/11)

DXグランプリ2024は3社:
3年連続でDX銘柄に選ばれた「DXプラチナ企業」は2社 経済産業省が「DX銘柄2024」を選定
経済産業省は、東京証券取引所や情報処理推進機構と共同で「DX銘柄2024」を発表した。DXグランプリ企業2024にはLIXIL、三菱重工業、アシックスの3社が選ばれた。(2024/5/29)

山崎果倫主演の映画「夢の中」5月10日より公開 「感動シネマアワード」グランプリ受賞作
ポスタービジュアルや特報映像などが公開されました。(2024/3/15)

有名医師と不倫報道のミス日本、グランプリを辞退 一時は“女性に非がない”→「男女の関係がありました」
所属事務所とも契約解除。(2024/2/5)

「M-1グランプリ2023」で視聴者がまさに“目がくぎづけ”だった瞬間は? 注目度データから分析
令和ロマンが第19代王者になった「M-1グランプリ2023」の放送で、どのシーンがもっとも見られていたのか。テレビに顔を向けている「注視」している注目度データを利用した。(2023/12/26)

ナイツ塙、“笑えないM-1ドッキリ”謝罪も……仕掛けられた若手も驚く“お蔵入りの結果”に「不誠実」「動画は公開するべきでは」
塙さんは「M-1グランプリ2023」の決勝戦審査員。(2023/12/22)

「和牛」の解散劇、上沼恵美子のM-1審査が“予言”状態に 4年前の叱責が再注目され納得の声も「プロってすご…」「色んな事見抜いてた」
4年前の「M-1グランプリ2019」で同大会を卒業していた「和牛」。(2023/12/13)

M-1グランプリ、準決勝進出者が決定 男性ブランコやヨネダ2000など決勝進出コンビの敗退が続出する“波乱の展開”にネットざわつく
視聴者投票で1位を獲得することで、準決勝に復活できる制度「ワイルドカード」に注目です。(2023/11/23)

M-1グランプリ、“人気芸人1組”だけ3回戦のネタが配信されなかったトラブルを謝罪 本人「理由はどうあれ目立てたぞぉ」
M-1グランプリのYouTubeチャンネルでは、期間限定で予選の動画を閲覧可能。(2023/11/16)

テテマーチ調査:
「インスタ映え」もう古い? 「BeReal」「MBTI診断」が若者に受けた理由
企業向けSNSマーケティング支援を中心としたビジネス展開をする、テテマーチ(東京都目黒区)のZ世代マーケ研究室「lookey(ルーキー)」が「Z世代SNSトレンドグランプリ2023」を発表した。(2023/11/11)

「CEATEC AWARD 2023」受賞:
電力性能が「世界最高水準」のAIプロセッサ、PFNが実働デモを初展示
Preferred Networks(PFN)は「CEATEC 2023」にて、AI(人工知能)/基盤モデル向けの省電力プロセッサ「MN-Coreシリーズ」を展示した。同シリーズは「CEATEC AWARD 2023」のアドバンストテクノロジー部門で準グランプリを受賞している。(2023/11/6)

「CEATEC AWARD 2023」受賞:
食べずに分かる! 写真1枚でAIが野菜のおいしさを判定
マクタアメニティは「CEATEC 2023」にて、スマートフォンなどで撮影した画像から野菜などの「おいしさ」を解析する技術を展示した。同技術は「CEATEC AWARD 2023」のアドバンストテクノロジー部門で準グランプリを受賞している。(2023/10/30)

「CEATEC AWARD 2023」スタートアップ部門グランプリ:
風を「見える化」、ドローン運航支援や風力発電に活用
メトロウェザーは「CEATEC 2023」にて、風況予測を行えるドップラーライダーを展示した。同製品は小型かつ低価格であることが特長で、「CEATEC AWARD 2023」のスタートアップ部門でグランプリを受賞している。(2023/10/25)

「CEATEC AWARD 2023」受賞:
熱の動きを0.01秒で検知、低コストで量産可能な熱流センサー
TopoLogicは「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日、幕張メッセ)で熱流センサー「TL-SENSING」を展示した。TL-SENSINGは従来の熱流センサーと比較して応答速度は約100倍、製造コストは数百分の1以下だ。TL-SENSINGは、「CEATEC AWARD 2023」のスタートアップ部門で準グランプリを受賞している。(2023/10/23)

デザイン性と発電効率を両立:
窓ガラスと一体化したペロブスカイト太陽電池、CEATEC 2023で表彰
パナソニック ホールディングスは「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日)に出展し、ガラス建材一体型 ペロブスカイト太陽電池を展示した。発電効率は最大17.9%で「従来の結晶シリコン系の太陽電池と同等の発電効率だ」(同社)という。「CEATEC AWARD 2023」のデバイス部門で準グランプリを受賞した技術だ。(2023/10/24)

CEATEC 2023:
GaN層を超低欠損で成膜できる新工法がCEATEC AWARD受賞、マイクロLED普及に弾み
京セラは、「CEATEC 2023」において、高品質なGaN結晶層を形成する技術により、高い歩留まりと低コストでマイクロLEDやマイクロレーザー基板を作成できる新工法を紹介した。同技術は「CEATEC AWARD 2023」におけるアドバンストテクノロジー部門のグランプリを受賞している。(2023/10/18)

吉沢亮や野村周平を生んだオーディションが6年ぶりに開催 グランプリ受賞者には最大規模の賞金が
10月16日から12月17日までが応募期間となっています。(2023/10/16)

一番おいしい道の駅グルメを決める「道-1 グランプリ」4年ぶりに復活 京都府で11月に開催
おいしいもので地域活性化。(2023/10/13)

“ジュノンボーイ”グランプリ俳優、色気封印したぱっつん前髪の優等生に大変身 別人級の姿に驚きの声「全然違う」「想像できない」
言われなきゃ気付けないかも。(2023/10/11)

冨永愛の息子・章胤、「メンズノンノ」オーディションでグランプリ 190センチの長身&小顔に「間違いなく世界で通用するレベル」
母ゆずりの抜群のスタイルを持つ章胤さん。(2023/10/1)

満足度が高い「道の駅」 2位は宮城県「あ・ら・伊達な道の駅」、1位は?
リクルートが発行する旅行情報誌「じゃらん」は、道の駅に関するアンケート調査を実施し「全国道の駅グランプリ2023」を発表した。(2023/9/2)

人格コピーAIは21世紀の写真? “亡き妻のAI再現”で受賞の松尾Pと「AIの遺電子」山田胡瓜が考える「デジタル人格」のこれから
技術進歩の加速が著しいAI。実在する人物の特徴あるいは人格をAIで再現できるようになる将来も近そうだ。そうしたときにどんなことが起こりうるのか。アニメ「AIの遺電子」原作者の山田胡瓜さんと、亡き妻の面影をAIを駆使して再現する取り組みで「第1回 AIアートグランプリ」の最優秀賞を受賞した松尾公也さんが議論した。(2023/7/9)

“AIグラビア”でよくない? 生成AI時代に現実はどこまで必要か
集英社のAIグラビアは1週間でお蔵入りになったが、AmazonやYoutubeには大量の「AI生成グラビア」コンテンツが登録され、存在感を示し始めている。こうした非実在のデジタル人物はビジネスや世の中をどう変えるのか。アニメ「AIの遺電子」の原作者である山田胡瓜さんと、亡き妻の面影をAIを駆使して再現する取り組みで「第1回 AIアートグランプリ」の最優秀賞を受賞した「松尾P」こと松尾公也さんが語り合った。(2023/7/8)

AIの遺電子の根底にある「2つのやばさ」と「3つのAI」 ChatGPT到来を予言した世界観を作者本人が解剖
7月開始のテレビアニメで注目を集める、人とヒューマノイドの共存を描いた近未来SF「AIの遺電子」。作者とAI専門家との連続対談がここに実現。初回は「第1回 AIアートグランプリ」の最優秀作を受賞した「松尾P」こと松尾公也さんと、「人格のデジタルコピー」の話などあれやこれやを語り合う。(2023/7/7)

“ミス東スポ”グランプリのモデル、顔殴られる暴行事件に巻き込まれ「精神的に辛い」 「しばらく人前に出るお仕事ができないです」
お大事に……。(2023/6/8)

「カメ止め!」監督のバズった新作、カンヌのTikTok短編グランプリを受賞 7万作以上の頂点に“ブラボー”
「カメラを止めるな!」もフランスでリメイクされた上田監督。(2023/5/24)

10歳のグランプリ受賞子役、最新ポートレートが“天使の卵” 透明感あふれる笑顔に「もうすっかり女優」「美人さん確定」
小学生とは思えない存在感。(2023/5/16)

ファンが投票:
「全国ご当地スーパー」人気ランキング、「食」と「みやげ」の1位は?
全国ご当地スーパー協会は、「ご当地スーパーグランプリ 2023」の結果を発表した。結果は……。(2023/5/12)

「空のトップとストリートのトップだ!」 米レジェンド俳優2人のご機嫌ショットにファン大喜び
F1マイアミ・グランプリの観客席、豪華すぎる。(2023/5/8)

清水亮の「世界を変えるAI」:
仕事で使うGPT-4実践テクニック 実際に「AIアートグランプリ」の事務局で使ってみた
第一回AIアートグランプリの興奮もさめやらぬなか、GPT-4があっさりと公開。せっかくなので、まずは第一回AIアートグランプリの報告書をGPT4にまとめてもらってみる。さらにChain of Thoughtでキャッチフレーズを考えさせるなど、事務局の仕事に活用してみた。(2023/3/20)

亡き妻の歌声をAIで再現 「AIアートグランプリ」受賞
AIを使って作られたアート作品を表彰する「第1回 AIアートグランプリ」の最優秀作に、他界した妻の歌声と写真をAIで生成したMVが選ばれた。(2023/3/14)

「R-1グランプリ」ファイナリスト集結で“ヤラセ疑惑”を吹き飛ばす 仲良しすぎるお祭り騒ぎに「最高のメンバー」「みんな売れて欲しい」
最高か。(2023/3/9)

「R-1グランプリ」にやらせ疑惑 発表前に得点公開 原因は仮データの誤表示、詳細はいまだ不明
関西テレビ放送は、「R-1グランプリ2023」の八百長疑惑に関する声明を発表した。得点表示に不具合があり、視聴者からやらせを疑う声が上がっていた。(2023/3/7)

R-1グランプリ、物議をかもす“ヤラセ疑惑”を否定 「リハーサル時のデータが不手際により誤表示」と説明
「全出場者の得点は審査員の厳正な審査によるものです」(2023/3/6)

8種をエリア別に発売:
ファミマ、「からあげグランプリ」金賞受賞店コラボのからあげ丼 植物由来の「謎唐」を一部使用
(2023/1/16)

贈りたいJR東日本のおみやげ 総合2位は「黒平まんじゅう」、1位は?
JR東日本は「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ2022」を開催した。準グランプリは黒平まんじゅう本舗の「黒平まんじゅう」だった。総合グランプリは?(2022/12/24)

今年最も素晴らしかった伝え方 2位「青春って、すごく密なので」、1位は?
「伝え方グランプリ2022」1位には翻訳家・戸田奈津子さんの「想像力さえあれば、太古でも未来でも、宇宙にだって行ける」が選ばれた。(2022/12/15)

「第一回 AIアートグランプリ」開催 「シン・ウルトラマン」監督の樋口氏らが審査員に
AIを利用して作られた画像、漫画、動画、音楽、ゲームなどを募集し、審査する「第一回 AIアートグランプリ」が開催される。(2022/12/12)

山田邦子、「M-1グランプリ2022」審査員に初就任 ネットでは「納得の人選!」「激アツすぎ」の声
これは楽しみ……!(2022/12/11)

サブスクビジネス大賞 オンラインピル診療をおさえて1位になったのは?
第4回「日本サブスクリプションビジネス大賞2022」。グランプリは、電波の届かない山の中でもスマホによって現在地が分かる登山地図GPSアプリ「YAMAP(ヤマップ)」だった。(2022/12/16)

網浜直子、イケメン次男が“ミスター慶応SFC”に! 苦難乗り越え見事グランプリへ「自分の居場所が分からなくなった時も」
ママの美を受け継いだイケメン次男・秦崚馬さん。(2022/11/16)

不便さは「枚挙にいとまがありません」 伊勢鉄道、鈴鹿サーキット最寄り駅の公式紹介ページが正直すぎる 良い点は「列車から聞こえるエンジン音」
F1 日本グランプリにあわせて注目を集めています。(2022/10/8)

ホンダ、F1の知られざる超需要エリア「SMR」を公開 King & Princeもびっくり「マジすごい」「ヤバすぎる!」
10月7日〜9日はF1日本グランプリ開催!(2022/10/5)

8月30日まで開催:
第2回どんぶりグランプリ、2位は8640円のステーキ丼 大丸松坂屋百貨店上野店が発表
松坂屋上野店は、現在開催中の「第2回どんぶりグランプリ」の人気投票の結果を発表した。全20種類の中で1番人気は11種類の海鮮具材を贅沢にのせた「北辰鮨」の大漁海鮮丼だった。(2022/8/17)

「じゃらん」が全国1000施設から選出:
満足度が高い「道の駅」 2位は宮城・上品の郷、1位は?
リクルートが発行する旅行情報誌「じゃらん」は「道の駅」に関するアンケート調査を実施し「全国道の駅グランプリ2022」を発表した。約1000の道の駅(北海道、沖縄を除く)の中から1位になったのは群馬県「道の駅 川場田園プラザ」だった。(2022/7/21)

エイチ・アイ・エスが実施:
旅の魅力詰まった「観光カード」グランプリ 3位北海道北見市、2位山口市、1位は?
大手旅行会社のエイチ・アイ・エスは、観光地の魅力を紹介する「観光カード」を使った「観光カードグランプリ」を開催した。その結果、1位は「長野県長野市 戸隠神社」、2位は「山口県山口市」、3位は「北海道北見市」となった。(2022/7/19)

細川直美、芸能界デビュー直後の15歳“国民的美少女ショット” 服装や髪形に「時代を感じますよね」の声も
14歳で「第2回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリを受賞した細川さん。(2022/7/14)

「ギャップ萌え」「スペック凄すぎ」 青森放送の小田安珠アナが話題に、「ミス日本」グランプリでランエボ乗り
「ヒルナンデス!」出演で注目を集めることに。(2022/6/16)

沙羅&たむたむ、“ものまね結婚式”が幸せいっぱい 純白ドレス&タキシードで「綾瀬はるかと河村隆一の挙式」に
「ものまねグランプリ」で疑似結婚式を挙げた2人。(2022/5/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。