ニュース
» 2017年01月31日 21時04分 UPDATE

タニタ、“息を吹きかけるだけ”のアルコールチェッカーを発売――飲酒エチケットの向上に

タニタから息を吹きかけるだけで手軽に呼気中のアルコール濃度を計測できる家庭用アルコールチェッカー「EA-100」が登場。メモリー機能を搭載しているため、前回の値との比較も容易だ。

[ITmedia]

 タニタは1月31日、息を吹きかけるだけで手軽に呼気中のアルコール濃度を計測できる家庭用アルコールチェッカー「EA-100」を発売した。価格はオープンで、直販価格は6480円(税込)。

家庭用アルコールチェッカー「EA-100」。センサーキャップを引き上げて息を吹きかける(右)
amazon

 同社の新ブランド「エチケットチェッカー」シリーズの1つ。飲酒時や翌朝などに測定すれば、個人差のある酔いの状態や適切な飲酒量を客観的に把握できるため、健康的な飲酒や飲酒エチケットの向上に役立つという。

 使い方は簡単。センサーキャップを引き上げると自動的に電源が入るため、吹きかけ口に向かって4〜5秒間、息を吹きかけるだけ。測定範囲は0.00〜0.50mg/Lで、0.05mg/L単位の測定が可能だ。メモリー機能を搭載しているため、前回の値との比較も容易になっている。

使用イメージ

 本体サイズは32(幅)×17(厚さ)×105(長さ)mmで、重量は約31g(本体のみ)。胸ポケットなどに入れてさりげなく携帯できる。カラーはホワイトとネイビーの2色を用意した。

関連キーワード

タニタ | 家庭


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう