ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タニタ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タニタ」に関する情報が集まったページです。

“剣盾”のポケモンと主要キャラをすべて歩数計に 計132モデル、タニタが受注生産
タニタは「ポケットモンスター ソード・シールド」に登場するポケモンやキャラクターをデザインした歩数計を受注生産する。全132モデル。価格は3850円(税込)。(2021/4/2)

「タニタの体重計に乗った動物たち」のカプセルトイが3月登場 パンダだって体重気になるもん!
商品名は「タニタ×パンダの穴 今日は何キロ?」。(2021/3/23)

全国初:
職場近くの飲食店を“社食化” ジャパネットHD、出社・対面重視のコロナ共存策
ジャパネットホールディングスは、出社を基本としたコロナ共存策を打ち出している。「食」を軸とした社員の健康管理に注力。特に拠点周辺の飲食店を“社食化”するアプリの導入は、全国で初めての試みだという。(2021/3/15)

電子ブックレット(組み込み開発):
PFNのGreen500世界記録達成の理由/バウムクーヘン用AIオーブン
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2020年10〜12月に公開した人工知能関係のニュースをまとめた「人工知能ニュースまとめ(2020年10〜12月)」をお送りする。(2021/3/8)

マシーナリーともコラム:
タニタのバーチャロンの大会に出たら「もしかしたらマジで、今からでもバーチャロンってeスポーツとして定番化も夢ではないのでは?」と思った話
今からでもいいからバーチャロン流行ってくれ……。(2021/1/29)

リストラなのか:
ネットで賛否、電通「社員の個人事業主化」 実際に応募・退社した“中の人”の本音
ネットで賛否が渦巻いた、電通の個人事業主制度。この制度に応募し、電通を退社した江本さん(仮名)は「世の中の人々に誤解されている」と話す。江本さんの本音は……?(2021/1/26)

LCRメーターの基礎知識(1):
交流インピーダンス測定の目的や原理
日常生活ではあまり気付かないが、交流インピーダンス測定はさまざまなところで行われている。今回の解説記事では、主に数メガヘルツまでの低周波の交流インピーダンスを測るLCRメーターについて解説する。(2020/12/14)

「オール板橋」で取り組むバーチャロン タニタのeスポーツ大会が板橋区“後援”になった理由
タニタが2021年1月に開催する「電脳戦機バーチャロン」のオンラインeスポーツ大会は、板橋区内の企業や学校を巻き込み、板橋区が後援に名を連ねる「オール板橋」の試みに発展した。(2020/12/11)

新人の奇抜な商品がヒット:
異才を掘り当てた“Twitter採用”は、なぜ成功したのか タニタ人事部に聞く
タニタがTwitter採用を実施した。採用した新人はさっそく、ヒット商品を生み出したという。「とても良い人」を採用できた、成功の要因は何だったのか。(2020/12/10)

「電脳戦機バーチャロン」のオンライン大会「TANITA CUP 2021」開催決定 タニタのチャロン愛はまだ続く
古強者よ集え。(2020/12/9)

タニタ、「電脳戦機バーチャロン」eスポーツ大会を主催 セガとタニタの対決も
タニタが「電脳戦機バーチャロン」のオンラインeスポーツ大会を2021年1月に開催。タニタのツインスティックも使用できるが必須ではない。(2020/12/9)

「簡単」「楽しい」「続けたくなる」:
そこまでやるか!? 本気すぎる“タニタ式”健康経営 社員証と活動量計を一体化
ヘルスメーターで有名なタニタは、自社の健康経営にも熱心。例えば、社員証と一体化した活動量計を全社員に持たせていて、身に付けないで出勤した社員は社屋に入れない。そこまで徹底するのはなぜか。(2020/12/4)

電子ブックレット(組み込み開発):
タニタの飲酒検査システム/マスク着用時でも顔認証率99.9%
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2020年7〜9月に公開した人工知能関係のニュースをまとめた「人工知能ニュースまとめ(2020年7〜9月)」をお送りする。(2020/11/26)

タニタTwitterの“中の人” 社員→個人事業主になっていた 会社の制度活用「強制も年齢制限もありません」
タニタは、自由な働き方を希望する社員に対して、同社をいったん“退社”させ、個人事業主として働いてもらう人事制度を導入している。電通が似た制度を発表したことを受け、この制度でフリーランスになったタニタの“中の人”の発言に注目が集まっている。(2020/11/13)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる プロモーションは「会話」が勝負? シャープやタニタのSNSが人気なワケ
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/11/11)

タニタ、手をかざしてスタート・ストップできる非接触タイマーを発売 手がぬれていても使えて便利&衛生的
衛生的で、感染症予防の意味でも有用。(2020/11/4)

イノベーションのレシピ:
飲酒検査を半年でクラウド化せよ、モノづくり企業タニタが挑戦したこと
2019年、タニタが最新商品として検査システム「ALBLOクラウドサービス」を開発した。iPadに接続したアルコール検知器とクラウドを連携させることで、検査者のなりすましを防ぐ顔認証機能や、検査結果のデータベースへの送信機能を実現する。「モノづくり企業」であるタニタは、いかにしてクラウド開発を行ったのか。タニタ担当者らに話を聞いた。(2020/10/5)

医療機器ニュース:
活動量計のアルゴリズムを外部提供、第1号として位置情報ゲームに搭載
タニタは、活動量計の中核技術「タニタアルゴリズム」の外部提供を本格的に開始した。第1号案件として、スクウェア・エニックスが提供するスマートフォン向け位置情報ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエストウォーク」に搭載した。(2020/9/29)

人工知能ニュース:
タニタがAWSで開発した、顔認証機能を搭載した立会人不要の飲酒検査システム
AWSは2020年9月8日〜30日、オンラインのユーザーイベント「AWS Summit Online」を開催中だ。その中で、タニタがAWSの画像認識サービス「Amazon Rekognition」を活用して開発した、クラウド機能搭載のアルコール検査システム「ALBLOクラウドサービス」を紹介した。その講演内容を紹介する。(2020/9/25)

タニタ、消費カロリー推定システムの外部提供を本格化 第1弾はドラクエウォーク
タニタが、運動による消費カロリーを推定するシステム「タニタアルゴリズム」の外部提供を本格的に始めると発表した。第1弾として、「ドラゴンクエストウォーク」に提供した。(2020/9/14)

タニタ、非接触体温計を発売 額にかざして約1秒で検温 液体の温度も測れる
タニタが非接触体温計を発売。額にかざすと約1秒で体温を計測できる。温度計機能も備え、液体などの温度も測定できる。価格は税込5500円。(2020/9/11)

「ドラクエウォーク」にタニタ監修のライフログ機能 食べてもいい食事やお菓子が分かる
スマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」にライフログ機能。消費カロリー計算はタニタが監修。消費したカロリーより低いカロリーの食べ物も紹介する。(2020/9/5)

【受付終了】この夏買ってよかったものを大プレゼント!
この夏買ってよかったやつを5名様にプレゼント!(2020/8/18)

クラウドゲーミング? いいえ、フォグゲーミングです:
フォグゲーミングでゲーム体験はどう変わる? 提供スタイルは? 西川善司がまとめて質問に答える
セガのフォグゲーミングを世界に初めて紹介した西川善司さんによる解説。後編の今回はQ&Aを含め、詳細にその将来像を描く。(2020/7/22)

医療機器ニュース:
立会人不要のクラウド型アルコール検査サービスを提供開始
タニタは、国土交通省が定めた航空運送事業者へのアルコール検査の義務基準に対応した、立合人不要のアルコール検査サービス「ALBLO(アルブロ)クラウドサービス」の提供を開始した。(2020/6/29)

運動時に外す人の割合は?:
「猛暑日でもマスクを着用する?」「熱中症の心配は?」 タニタが調査
猛暑日にマスクを着用する人はどの程度いるのか? また、熱中症予防と感染予防をどう両立させるのか? タニタが消費者の意識調査をした。(2020/6/29)

猛暑日でも約6割がマスク着用の意向 タニタが「熱中症に関する意識・実態調査」
新しい生活様式の熱中症対策とは。(2020/6/29)

2020年サンリオキャラクター大賞、シナモロールが3度目の1位に ポチャッコは24年ぶりトップ3入り
今年も熱い戦いだった……!(2020/6/9)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
そしてVTuberマシーナリーとも子は星野源を目指す 選挙疲れで毎週死にかけていた、あるアイマスPがVTuberになって救われた話
マシーナリーともコラム、今回は番外編として、マシーナリーとも子がインタビューされる回をお届けします。(2020/5/12)

「投票は大好きなキャラへのラブレター」 サンリオファンの一大イベント「キャラクター大賞」の魅力と、2020年の見どころをファンが語ります
年に1度の大イベント!(2020/4/30)

タニタの「ツインスティック」一般販売 谷田社長「これが最後のチャンスです」
タニタがPS4用ゲームコントローラー「ツインスティック」を一般販売すると発表した。2018年に2度目のクラウドファンディングで製品化に成功し、話題になった「電脳戦機バーチャロン」用コントローラー。(2020/4/24)

タニタの「バーチャロン」ツインスティックが一般販売決定 開発担当「今回が本当にラストチャンス」
価格は5万5000円(税別)。今回の販売が購入のラストチャンスです。(2020/4/23)

なんと全80種類 タニタさん、サンリオキャラクター大賞の候補キャラ全てを歩数計にしてしまう
1個の購入につき、キャラクター大賞に18票が投票されます。(2020/4/10)

「認めたくないものだな」 シャア専用体組成計(など)、出る
タニタは「ガンダム&ハローキティプロジェクト」とコラボした体組成計を発表した。アムロ、シャア、キティの声で計測結果を伝える3機種を受注生産する。(2020/4/3)

「認めたくないものだな、不摂生ゆえの過ちというものを」 しゃべるガンダム&ハローキティの体組成計がタニタから
アムロ版、シャア版、ハローキティ版の3種類がラインアップ。(2020/4/2)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
安倍首相の根拠なき“英断”で浮かび上がる「階級社会・日本」の縮図
新型コロナウイルス対策で始まった臨時休校に伴う保護者への補償について、企業の従業員と、フリーランスや自営業者の“格差”が議論になっている。今回の騒動で「階級社会」が表面化。アンダークラスの人たちがさらに苦境に立たされることになるかもしれない。(2020/3/13)

医療機器ニュース:
健康計測機器分野でタニタとエー・アンド・デイが業務提携
タニタとエー・アンド・デイは、健康計測機器分野で業務提携した。「タニタアルゴリズム」を搭載したエー・アンド・デイの家庭用体組成計「UC-421BLE」を2020年夏に発売するほか、相互にOEM供給する。(2020/3/2)

ドラクエウォーク、上級職の追加で転職ラッシュ
「ドラゴンクエストウォーク」で「バトルマスター」「賢者」「レンジャー」という3つの上級職が実装され、さっそく転職ラッシュが起きています。(2020/1/30)

ET/IoT Technology 2019アワード:
スタートアップのIdeinがグランプリを獲得
組込みシステム技術協会(JASA)が「ET/IoT Technology 2019アワード」の受賞社を発表した。最高賞のグランプリはスタートアップ企業であるIdeinが獲得した。(2019/11/1)

タニタがオリジナル「タニタ体操」を法人向けにサービス開始 オフィスワーカーの健康づくりエクササイズ
ラジオ体操のように、軽快な音楽に合わせて行う短時間エクササイズです。(2019/9/19)

PS4「電脳戦機バーチャロン マスターピース」11月27日配信決定! 「OMG」「オラタン」「フォース」の3作収録で4500円
やったああああああああ!(2019/9/13)

マシーナリーともコラム:
どうしてロボットゲーは流行らないのか? タニタのツインスティックがイイ感じだったので勝手に「ロボゲーについて語る会」をやりました
なぜ身体は闘争を求めるのに一向にロボットゲーは流行らないのか……。(2019/9/10)

“いま”が分かるビジネス塾:
タニタの「社員を個人事業主化」改革が日本で普及した際の“致命的な弊害”とは
タニタが「社員の個人事業主化」を打ち出している。筆者は仕事への意識を変える効果があると評価。一方、日本で普及した際は大きな弊害があると説く……なぜか?(2019/8/27)

マシーナリーともコラム:
祝・ツインスティックついに完成! マシーナリーとも子、タニタ本社で「バーチャロン」のプロデューサーに会うの巻
ついに完成した「バーチャロン」用ツインスティックを触りに、マシーナリーとも子とタニタ本社へ突撃してきました。(2019/9/9)

医療機器ニュース:
Bluetooth通信機能を備えた小型黒球式熱中症指数計
タニタは、Bluetooth通信機能を備えた黒球式熱中症指数計「TC-310」を発売した。熱中症予防の指標となるWBGT、気温、相対湿度、黒球温度を測定、記録でき、データをiPhoneなどにリアルタイムで送信できる。(2019/7/10)

組み込み開発ニュース:
超微小量センシング技術で「見える化」、Society 5.0の構築に貢献
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、未来社会「Society 5.0」の構築に貢献する超微小量センシング技術に関して、4つの研究テーマを採択した。これまで活用できなかった超微小な測定量を「見える化」し、新しいサービスの創出を目指す。(2019/5/31)

「NifMo」公式Twitter、“中の人”退職で突如停止 フレンドリーな投稿から一転、フォロワーから説明求める声
「NifMo」の公式Twitterアカウントが、5月7日付で運用を停止。理由は運営担当者の退職だという。突然の幕引きに、フォロワーからは戸惑いの声が挙がっている。(2019/5/7)

キングジムの中の人(妹)がTwitter卒業 「このアカウントで、皆さんと同じ時間を共有できたことを誇りに思います」
最後までおつかれさまでした!(2019/3/8)

体当たりッ!スマート家電事始め:
「ロボホン」はシャープAIoT戦略の“キーマン”に
シャープが通信機能を搭載するモバイル型ロボット「RoBoHoN」の新製品を発売した。少し安くできた理由とそこに込められたシャープの戦略、そして新機能の詳細まで紹介していこう。(2019/2/28)

2代目「ロボホン」2月27日発売 “歩行レス”登場の狙いは?
シャープが約2年ぶりに「RoBoHon(ロボホン)」をモデルチェンジ。歩行・起き上がりに対応しない代わりに価格を抑えたライトモデルも登場。新サービスも順次投入する。(2019/2/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。